RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
そろそろ消費税の話題 No 3736
0
    今日はもくもくと入道雲が発達してます。
    それも上空一体に出来ていて夏空を強く演出してます。
    それに伴って当然気温も高くなってます。
    残り何日が真夏日かそろそろ下火になりそうにも思いますが、中々どうしてどうして残暑厳しいとの話です。

    10月がもうすぐやって来ますが消費税増税に関する話題が日韓問題で出て来ませんが日韓以上に問題です。
    山本太郎氏が訴えてる消費税減税の方が正しいという意見が今朝も出ています。
    これこそ国民にとって死活問題と捉える時です。
    優遇措置も有りそうですがどうなるのかもハッキリと分かりません。

    食料品は今まで通りなのか、持ち帰り云々で違いが出るとか説明をして貰いたい所です。
    何せ増税されれば、その分を買い物で減らさねばならないのです。
    同じ収入しかない年金生活者にとって、支出を同じにせねばならないのです、増税分年金額が増えれば別ですがね。

    と言う事は当然毎日買う食料品の量を減らすことになります。
    豆腐1パックを毎日一個だったのを半分にするとかになるでしょう。
    何事も半分の気分で買うことになりそうです。

    そうなるとどう言う結果が生まれるか?と言う重大な問題が起きるのです。
    即ち商品の数量が極端に減少します。
    製造業者にとってはこれ又死活問題です。
    スーパーへのサプライヤーは量がまとまる事で利益を確保してますから量が減れば当然経営が苦しくなります。

    大手食料品会社はまだしも、小企業の豆腐屋さんとかこんにゃく屋さんとか兎も角我々にとって必要な物が場合によっては値上げせざるを得ないかも。
    とすれば、消費税は上がるは商品は上がるわで往復ビンタを食らいます。

    消費者とって暗黒の世を迎える事になります。
    デフレが今以上に進む事を想像出来ます。
    デフレだから商品価格が下がるかと言えばそうじゃなくて上がって、商品を買わなくてなるデフレです。

    国民の多く若者が自民党に投票して消費税増税を黙認してますが、将来自分たちが年金生活者になった時に驚きを感じるでしょう。
    それにもっともっとデフレが進めば年金だってどんどん下がります。

    2000万円を貯め込むことが絶対条件になるでしょう。
    しかしそれは幻になる可能性が有ります。
    それはデフレです、賃金が横ばい程度しか上がらないで、消費税が上がるといままで預金を崩さねばならないのです。
    即ち預金どころでは無くなるのです。
    簡単に消費税増税3%がどれほどの物か計算してみれば分かります。
    年間500万円は使っているとすれば、3%で15万円です、この分を多く支出することになる訳です。
    15万円??20年間で300万円も税金で出て行きます。

    実は全体の消費税額は10%ですから、消費税は50万円です、20年で1000万円も失われます。
    もし消費税が無かったら、普通に生活して預金をしていれば2000万円は実に簡単に蓄え出来ます。

    消費税が何処に使われているかじっくりと勉強した方が良いのです。
    社会福祉と言う名目は誤魔化しです、これは山本太郎氏が主張している事です。
    大手企業の減税負担しているのです。
    サラリーマンも減税されているかに見えますが消費税が上がったら増税と変わらないのです。

    兎も角上がってしまったら下がるまでどれ程時間と労力がかかるか?
    政権を変えない限り下がりません。
    今が国民の大声を発する時です。
    日韓問題で盛り上げさせておいて、消費税増税を話題にさせない政権の魂胆が見え見えです。
    これじゃ日本もそう長く先進国で居られるかどうか?
    疑問を持つ国民にならねばならないのですが、平々凡々と歩きスマホに夢中になっている若者では未来は自分たちの崩壊へ向かうでしょう。

    警鐘が波打って寄せて来てます。
    | 由々しきこと | 09:56 | - | - | - | - |
    混沌の原因 力関係 No 3735
    0
      もう気温の話をしても誰も驚かないし興味もなくなってしまった、と言えます。
      何度であろう関係がない、仕方がない、諦めたといった按配です。
      それもそうです、暑くたって外出せねばならない用事が有れば外に出るわけですからね。
      諦めが肝心です。

      それにしてもエスカレーターはどこまで登れば終着するのでしょうか?
      エスカレートと言う言葉は無限大であると言う事でしょうか。
      しかしスタート時点は何処だったのかも今では分からなくなっているのかも。
      誰が何処で何を何故いつ等々の整理をしてみることが必要かと思うのです。

      いきり立って信頼が出来ないと言った所で、何を等々を具体的に列挙して検討してみるのが良いかと思う。
      色んな番組で言われていますが、どれを見て聞いても原因の根幹が出て来ません。

      国力の差が無くなって言いたい放題になっているとか言っても、それは現象面であって原因と言えるかどうか?
      依存度が低下して日本への反感が起きたとも言えますが、それも真の理由かどうか。

      ともかくトランプも言っている様に双方でテーブルを囲む事です。
      双方と言っても雑魚ではどうにもなりません、お互いの権力者同士の会合です。
      ある人が言ってましたが竹島もお互いに領土を主張してますからそこでジックリ話し合って未来のためにどうすべきかを決めればスッキリするでしょう。

      竹島は日本にそれでは韓国はどうするとかね。
      話し合いも持たずに喧嘩したって得るものも失いかねません。
      矢張り中国は漁夫の利を狙っていると報道されている様です。

      現時点で中国はアメリカとの貿易摩擦で酷い目にあってますからこれ幸いとばかりにジッと見ているそうです。
      猫が獲物を狙っているが如く。
      他人の利のためにお互いが消耗戦を行う程馬鹿げた事は無いでしょう。

      首相自らが自分の足で相手の所に行く勇気が求められているのです。
      「犬の遠吠え」ほど見っともない姿は有りません。
      朝鮮半島は重要な隣国です。
      かつて日本とした領土にした国です。

      南も北も今では外交で問題を解決せねばならないのです。
      トランプの様に両国に気軽に足を入れて、カミサミダ(ありがとう)と言うことばを交わせれば終わりですよ!
      問題解決お互いに今まで以上に友人として付き合えるでしょう。

      お土産も持って行くのがアジア的気持ちの現れです。
      賄賂とも言えますがアジア人は賄賂が一番効きます。
      賄賂は悪としていますが決してそうでも無く、関係を強くさせる意味合いも有ります。

      色んなやり方が有りますから、正面切って怖い顔を付き合わせたって、言葉がギクシャクするだけで解決しません。
      握手する事で相手の血の流れ温度を感じ取れます。
      そこから相手の近さを感じ親しさを感じ誤解を解消出来ます。

      川中島の合戦では塩を贈りましたが今回は何が良いでしょうかね。
      そろそろ何らかの方向を見出さないと世界中の笑い者になります。
      トランプだっていい加減に仲直りせよと言ってます、面倒臭いのです、夫婦喧嘩の仲裁は。
      | 解決策 | 10:13 | - | - | - | - |
      答えが無いのじゃなくて作るのだ No 3734
      0
        エアコンの効き目が無いじゃ無いと思える程外気の影響が部屋に及んでいます。
        11時ですが36.5度です。
        37度を超えることになるでしょうからこの夏の一番になりそうです。
        でもねえ、食料品を買いに出かけねばならない。辛いです。

        今朝の記事に大前研一氏の話が出てましたけど、リカレント教育と言う事を知らずにいました。
        政府がその言葉を使っているようですが今朝初めてです。
        その政府方針のリカレントがどうやら間違って使っているとか、それはいいですがね。

        リカレント教育の本来の意味は人生で何回も勉強し直す必要がある。との事です。
        生涯勉強と言う事が言われますが、具体的に何をとなると実際には見当たりません。
        それが何故かと考えると簡単に答えが得られました。
        それは大学を出るまでは教育を受ける事で勉強していると思ってました。
        その後社会に出た瞬間勉強らしい事を計画的にやった覚えが有りません。

        適当に色んな雑誌やら経済誌やらを買い求めて見ましたが読む事で知識が増えた訳でも無く身についてません。
        そうして定年まで勉強に無縁の状態が続きました。
        となれば、定年後に何を勉強するかと自分に問いても回答を得ることが出来ない。

        結果「何を」と言う面で躊躇してしまうのです。
        リカレントとは学校を出た後も繰り返し勉強の場を何回も持つと言う事ですから、それを知っていればやったと思うがねえ!
        自分で気づかねばならなかったんですよ。

        人は中々気づく行為に至りません。
        日々を無駄に過ごしている事だけです。
        これからでも遅くはないと心して答えを出して行きたい気持ちになってます。
        しかし習性と言うか今までの加速度と言うか、そこで舵取りを変えるのは相当の抗いが生じます。

        どう考えどう回答するか、これは自分で到達せねばならない事だと大前研一氏が言います。
        先生teacher の存在など必要ない事だとも。
        先生〜先に生まれた人に新しい事を習う事は無理だとも。
        確かに!understand!
        | 正しい事 | 10:49 | - | - | - | - |
        自給率37%ちょっと変だNo 3733
        0
          今の気温35度に達してます、am10で。
          昨日も37度になりましたから今日も同じでしょう。
          外出時に氷を入れた袋を持つと良いです。
          先日外人さんがそうしているのを見て、昨日真似てみたら身体に冷たさを与えられて気持ち良かったですよ。
          外だけじゃなく室内でも氷袋は有効な冷却です。

          ともかく温まった体を冷却せねば熱中症になるのですから。
          頭に氷を乗せて歩くと気持ちいいですよ。
          それと口に氷を入れて歩くとこれ又いいです台湾方式です。
          氷の活用法を考えて今日もこれから買い物です。

          買い物と言えば国産品をチョイスします。
          ところが昨日の記事に自給率37%と出ていました。
          ちょっと考えなれない数字です。
          ほぼ毎日食料品の買い物をしますがほぼ100%国産品です、あえて言えば、塩鮭はロシア産の紅鮭を買いますがね。

          60%以上も輸入品に頼っているとは思えません。
          どんな統計をしての結果の説明が欲しいところです。
          これが米国から農産物の輸入を増やせと言われても食えない程の量になってしまうでしょう。

          一般家庭で普通に食料品を買う場合は自給率90%以上でしょうから、他でと言う事になります。
          即ち外食産業で輸入品を使っていると言う事ですかね。
          とすれば外食が如何にも多いかと言えます。

          牛丼などの肉はほぼ外国産でしょうし、中華屋の材料も輸入品でしょう。
          それと冷凍食品に輸入品が多いのかも知れない。
          ですから、食生活のスタイルが変わったのです。
          食事は簡単に冷凍食品を用意してチンで温めるだけ、その材料は輸入品と言うパターン。

          こうなると輸入品に依存する事が多くなりますか?
          しかしコンビニなどで年間に捨てられる食料品は膨大な数字です、これが輸入品が多いとすれば。
          輸入して加工して残ったら捨てる、これじゃ自給率37%もうなずけますが、考えねばならない所です。

          実質の自給率を算出してみてはどうかと考えるのです。
          捨てる程ものを作らない、これは自給率を高める根本かも。
          何せこうして世上が騒がしくなって来ている昨今、食べ物は自国で賄う事を考えて置かねばならない筈です。

          捨てるために輸入する、そんな馬鹿げた事を容認している程日本には余裕が無いと思いますよ。
          借金1000兆円も有るんですから、借金地獄の国なんですから、余裕などあるはずが無いのです。
          しかし一度裕福さを味わった若者たちは自分たちは裕福なんだ言う考えに溺れているのです。

          昔のサラ金からドンドンお金を借り出して借金が膨らんだ経験を持つ我々時代人は借金が恐ろしいのです。
          でも現在は金利ゼロですから借金しても利息が増えないから楽なんです。
          ですから借金をする気分に慣れます。

          そうした慣れが結果的に大きな落とし穴になっていると思いますよ!
          ともあれ食料品は大事に買って大事に料理して、大事に食べる事が必要です。
          輸入に頼らないの気持ちをどっかに持って置きたいです。
          | 新鮮 | 10:06 | - | - | - | - |
          勉強不足から来る例外的な政治No 3732
          0
            相変わらず暑い!これが合言葉になってしまいました。
            いつまで暑いのでしょうかね!が次の言葉です。
            暑いと言っても涼しくにはなりませんが口の出てしまうのが又不思議な事かも。
            今朝も既に32度になってます予報は36度です、午後の外出の辛さサラリーマンの厳しさを察します。

            さてさて韓国問題がいよいよ頂上戦になって来た感じです。
            泥沼から這い上がらないと存在感が無くなってしまいます。
            それにしても自民党は何をしているのか、安倍氏だけの問題じゃ無くなってます。 自民党は若返り過ぎた。

            と言う事が事の原因だとすれば長老達のご意見番は何をしてますか?
            と言われます。
            昔は先輩議員の指導を仰ぎながら後輩が育ったのですが現代は先輩無視、独自の論法が正しいとばかりです。
            間違いを正す機会が無いのです。

            現に長老の麻生氏は蚊帳の外で一言も言えない状態なのが庶民にとって不思議な現象です。
            歴史認識にしても現代人の考えと我々の時代人と大きな溝ギャップが出来てしまってます。
            と言うか、現代人は歴史を勉強しない、あるいは教育でしていないとも言えるそうです。

            過去に朝鮮半島を支配して日本の属国にした事を学校で教えて無いと聞き呆れます。
            我々の時代は戦後まもなくの学校教育でしたから道徳面を強調した教えが多かったです。
            朝鮮半島を36年間支配した統治した事を教科書に載っていたか覚えてませんが、多分それに近い事はあったと思います。
            いずれにしろ日本は韓国を属国にした事は間違いないのです。
            そうした歴史がある訳ですから、韓国人の心境は推して知るべしです。

            日本も敗戦国になりましたがアメリカの支配下に置かれたのはGHQが乗り込んできた時だけで僅かな期間です。
            それが36年間も続いたらどれほどアメリカを憎んだろうと思います。
            違った民族の支配下に置かれたらそれはそれは息が出来ないほどの辛さがあるはずです。

            そうした事を思いやる事、労わり(いたわり)が人間である以上持って無ければ普通の動物以下です。
            今の若者は戦争をしても良いというか感覚があるかに見えます。

            しかし歴史を顧みれば戦後程愚かしいものはないのです。

            昨日の広島原爆の日にも韓国を信頼出来ないと言った言葉を吐く安倍氏の心情を理解出来ません。
            まるで戦後をしましょうか??と挑戦挑発した言葉です。

            韓国は戦争して先の大戦の報復及び支配をしたいと考えているかも知れないのです。 軍事訓練は米国と共同で行なっているし、徴兵制度で軍事訓練を若者は持っています。
            日本は軍隊を持たないし訓練もしていないことから見たら、誰が見ても日本は負けます。
            軍事力が世界で8番目とか聞いた事が有りますが、それは軍隊では無く装備の事を言っているのではと思います。
            何せアメリカから戦闘機を買いなさい何々を買いなさいと言われれば即喜んで購入します。
            最新の戦闘機F35ですか世界で配備されているのはアメリカと数カ国だけで日本は真っ先に導入してます。まだ完成品ではなさそうなものを。

            そうした装備を使うのが軍人です。
            しかし日本には装備を動かす人は少ないでしょう、何故ならば軍事訓練を受けて無いからです(建前、軍人はいない)
            もし軍事訓練を受けていると言う事になったら即憲法を変えて軍隊を持つと書き換えねばならないのです。

            自衛隊の訓練は軍事用では無く装備の動かし方の練習なんです、と説明せざるを得ません。
            そんな国が戦争しても良いじゃんと思っているとしたら、呆気(あっけ)なく一押しでお潰れてしまいます。

            戦争とは人を殺す為のものです、こちらも死を覚悟して戦うのです。
            大昔からこうした戦争の犠牲者は何億人何百億人いたでしょうか。
            それ程馬鹿げた事を人は行うのです。

            自民党にはそうした安易過ぎるほど考えが横行しているのではと懸念するのです。
            昨日も報道番組に出てきた松川氏(女性)と言う方の発言は如何にも偉ぶったものの考えで、上目線から見ています。
            ホワイト国の扱いについて韓国に教えてあげたと言います。
            教える事は非常に良いことですが、その教えを感謝させるようなら最初から教えない方が無難です。
            だってそうでしょう、日本だってホワイト国扱いを独自に開発した訳じゃ無く、先進国の何処かで出来た事を教わって採用しているんですから。
            まるでナンセンスなんです、威張る必要の無いところで威厳を張るんです。
            これが安倍流若者操縦なんですかね、バカバカしい。

            一方野党も全くの静観で一言も言って無い事にもバカらしさを感じます。
            報道番組にも呼んで貰えないのか、最近見たことも有りません、またインターネット上にも意見を見ません。
            多くはメディアの評論的な物ばかりで、今起きているのは政治そのものです。
            政治家が政治をしないのなら選挙にでなければ良いと思う。
            枝野氏が野党第一党ならテレビに出てきて安倍氏の言っていることが如何に馬鹿げたことかを追求して我々野党軍団に政権を渡すべきと訴えねばならない所です。

            国内でも与野党の党首が意見交換して意見の違いを明確にし、解散出直して選挙を言い出す勇気が必要です。
            解散すれば候補者選びに間に合わないとか、資金面に問題有りとか、枝葉末節的な思考しか持って無いのならば党を解散すれば良いのです。

            野党全員が無所属で立候補しそれぞれの言い分を庶民に訴えて当選した暁に全員が集合すれば簡単です、国家を考える人はたくさん居ます。

            20年前にお互いの未来造りを約束事を小渕と金大生(キムレジュン)が作ったのであすから、今そこに戻って互いの言い分はあるにしても話をする機会を持たねばなりません。 報道番組で色々と知る機会がありますが自民党やそれに類する人々は非常識に見える発言を平気でしているのが気になります。
            それに人の意見を聞こうと努力しない、一方的に相手が悪いからやっつけるのだの一点張りです。
            浅はかと言わざるを得ません。
            これ程軽薄な政権は日本では初めてでは無いかと思います。
            経済的に影響が出る出ないなど論議する場面、課題では無いのです、論点がずれてます。
            信頼が得られないのはこちらに欠点があるからです、たまたま重耳を読んでてとても良い文章が有りました。

            「人が家庭でまとまり、一族でまとまり、国でまとまり、中華でまとまり、というふうに、小さな存在が集合して大きな組織をつくり、人それぞれが協調して組織を動かしてゆくには原則があり、その原則の基(もとい)にあるものが礼なのである。礼は別なことばで言えば、他者を尊ぶということである。自分が生きていることは、他者があってはじめてなりたつ。」その後もその説明が続きますが、まさに今安倍氏の不足している点は礼です。
            こちらが大人(礼を持っていれば)なら誰だって信頼してくるし、特に儒教国の韓国には礼を重んじる筈です。
            韓国人の友人が居たけど酒を飲むにしても年上には一歩遠慮して尊敬する気持ちを持っています。
            酒を飲む時に横を向いて飲む、これは一種の献上の態度で、あなたは上の人ですねとへり下っているのです。
            逆に日本人が偉そうな態度でいれば、即刻感情を出して尊敬もしないのです、昨日の松川氏の態度です。
            日本人は優れた教育を受けていると思い上がっているが韓国の方が勤勉になっている逆転しているのが近年でしょう。
            だから河野のようなバカな発言をする事自体日本人の恥です。
            「無礼な」の次の言葉は何か?「切り捨て御免」となるのです、即ち許しませんよ、死んでもらいます。
            それも知らないで言葉を使う程河野はバカだったのです、どんな教育を受けたか金メッキが剥がれました。 世耕も逆撫で(さかなで)するような表言を平気でしています、猫が逆撫でされると非常に嫌がります。
            これが日本の将来の政治を担う人かと思うと情けない
            人は情けと言うことを先ずは勉強せよと言いたい
            情けをかければ必ず良い事が帰ってくるのです。

            逆は知っての通り泥沼に落ちるのです。 我々の年代はこの先20年30年生きるわけじゃ無いが、下の園児達は最低でも70年以上生きるであろう
            その子供たちが未来に暗い影が出来たら可愛そうでしょう、そこを考えれば今やるべき事を自ずと分かるはずです。
            人の情にすがるとも言う
            情に溺れるとも言う
            情にほだされるとも言う
            情がいかに大事なのか、アジア人ならば忘れてはならない
            次回は慰安婦とか徴用工とかもうすこし勉強して書きます、過去の事実を知る、これが心配りと言うものでしょう。
            | 意識の変化 | 10:00 | - | - | - | - |
            目的 着地点があやふや No 3731
            0
              33.8度まで上がってます、まずは予想通りです。
              スマホの体感温度では40度ですから本日も要注意日です。
              今月に入ってから熱中症で命を落とした人が都内で10人を超えたと報じられています。
              異常さに敏感にならねばと思います。

              所で台湾でもこの程度の気温で非常に暑いそうですが、熱中症は一夏で500人にも満たないそうです。
              こちらは1日で1500人以上も病院に搬送されているとか対応の悪さがあるのでしょう。
              どうやら台湾では氷のお菓子かな、街中で簡単に手に入るそうでそれを口に入れて歩くそうです。

              日本はコンビニにも有りませんし、屋台みたいな店も無いから入手困難です。
              暑さ対策は本人任せですから知恵がつかないのかも。
              インターネット上でも主要な記事の中には全く有りません。
              渋野の記事ばっかり。
              昨日気付いたのですがスーパーで氷を大量に作って有り、無料で持ち出せますからそれを頂いて帽子の中に入れたら涼しくなるかなあって思ってます
              今日早速実験してみます、間も無く買い物に行きますので。

              それにしても渋野はすごい事をやらかしました。
              一回だけは無く何回も何回も優勝して欲しい、スポーツは爽快さを感じさせます、ドロドロの政治を見せつけられているので。
              その政治です。

              全く今やっている事が何を目的にしているのか、見通せる人は居るのでしょうか?
              支離滅裂とはこの事です。
              目的がはっきりと優勝とかであれば、それに向かって欲しいと願うものです。
              しかし見えないお化けにどうして欲しいか託すものが有りません。
              昨日山本太郎氏がテレビ報道番組に出てきました。

              実に清々しい感じを受けました。
              まだまだ政治歴は少ないし素人さを出してますがその新鮮さが今日本の必要な事でしょう。
              政治目的も庶民にとって必要なものとはっきりと分かります。
              そこでも安倍氏の今回の一連の行動は何を目的であるのか見えないと言ってました。

              そうなんですよ!と感じた人は多かったと思いますよ。
              しかし不可思議なのは政権の行動に賛成する世論が60%だと言うのですから日本人はどうかしていると側から見られでしょう。
              又他の世論調査では安倍氏を支持するというのが50%近く有ると言うのです。

              目的もなし、姿も幽霊にどうして支持出来るのですか?と賛成者に聞いてみたいです。
              日本が沈没するかも知れない時期に盲目的に現政権を支持するのは自滅への道です。
              野党も少しその点に気づき始めたようです、枝野氏の言動が変わって来たと。

              そうなんです、野党も目的がはっきりして無かったんです、万年野党でもいいかなあって思っていた所が有ったかに見えてました。
              いつ政権を奪取するかの目的が明確に出て無かったんです。
              しかし山本太郎氏の行動で多少目覚めた点が有ったのではと思います。
              山本太郎氏は政権交替を喫緊の目標にしてます。

              ここんところですよ、見える目標である事、エベレスト山にも匹敵する程の政権を見据えているのです。
              直ぐに得られる山じゃなく、途轍もない困難さを乗り越える努力を惜しまない前向きな気持ちが今の日本に必要なものです。

              全国津々浦々まで行って自分の目的を吐露する意欲に自然に応援したい気分になります。
              昔、菅さんが四国の霊場巡りをしてましたがそれも何が目的だったのか?
              政権を取った後に目的が実行されずに終わった事は最初から目的など無かったとも言えます。

              指導者が目的をしっかり持たねば国民は迷うばかりです。
              韓国が怖いのは目的として日本を敵視する一点に絞られているのです。
              これは恐ろしい目的目標ですよ。
              戦時中の日本の国民が一致団結してアジアを征服すると言う目的があったればこそ死を決したものです。

              韓国を甘く見ているとこわ〜いことになるかもよ〜〜
              | 熟慮 | 09:36 | - | - | - | - |
              世論と現実の差 No 3730
              0
                今朝は若干気温が低いです、とは言っても32.7度ですがね。(10時)
                多分今日も35度まで上昇する事になるでしょう。
                その後も36、36、35、33、33と予報は続きます。
                30度を切る日はいつのことか恨めしい感じです。

                世論というものは一体何を基準に表現されるのでしょう?
                様々な世論調査と言ってメディアで数字を出してます。
                しかし方法論はともかく現実との違いが出る事が多いです。

                特に顕著なのは選挙の時の世論調査です。
                学生時代に調査のアルバイトが有って参加しました。
                部落を一軒一軒調査票にもとずいて聞き取りしたんです。

                確か数日かかった気がしました。
                そして不在者が居れば翌日再度訪問です。
                そうして得られた結果は当時野党の社会党を支持する方が多かったんですが、実際には与党自民党が圧勝でした。
                この事が未だに続いているようです、先日の参議院選挙でも野党を考えていると言う若者の行動はほぼ与党に投票したと言う話がありました。

                今もホワイト国除外を60%の支持があったと報道しています。
                内容も何も知らない人が支持したって意味を持たないと思うのですが、世論と言う武器が与党を動かすのです。
                実際にホワイト国除外したって輸出も輸入も全く今まで通りに行われるのですから変化が無いのです。

                では何故そうした行動をしたかが問題視するのがメディアなんです。
                しかし現在のメディアはどうも知恵、知能がなさ過ぎです。
                事の内容を十分に研究し理解して無いのです。

                昨日のテレビ報道番組で従来通りの輸出入ができますよ、と有る専門家(ホワイト国関連を手がけた人)が言った事をここで初めて知りましたとキャスターが言うのです。
                という無様さです。
                一生懸命にホワイト国除外になったら包括云々が出来なくなると報じてましたがそれは嘘だったんです。
                包括出来る仕組みになっていると言うのです。

                知らない報道と間違いを報道されている人たちの世論など何の意味が有りましょうか。
                世論がさも現在の政治を支持しているが如くメディアが報じているのが可笑しいし滑稽と言えます。

                本来政治は戦時中の歴史問題を処理し、ホワイト国除外問題は産業界の自主的な折衝で解決されるべきだとも言えるようです。
                ごっちゃごちゃにしてしまった安倍氏はいつものパターンです。

                もりかけ問題だってなんだか訳が解らないうちにうやむやにしてます。
                筋が一歩通って無い状態で論議しているのですから分からないのが当然です。
                逆に言えば、国民に分からないように操作しているのが安倍氏の得意な行動かも。

                韓国が慌てているのはホワイト国と言う事自体日本から教えてもらったので、これ又よく理解して無いそうで、その専門家の所に問い合わせが殺到したと言います。
                ですが従来通り出来ますと答えると安心しているそうです。

                ですから産業界は何ら心配事など無いと言います。
                よってお互いにエスカレートさせる政治家や外務省関係は手を引くべき時です。
                もちろんメディアもいい加減な報道は辞めて欲しいのです。
                ホワイト国除外の発動が行われれば産業界の方で今まで以上に慎重さを持って対応するだけ、即ち怪しい会社が淘汰されるのですから産業界にとっては喜ばしいのです。

                歴史問題から端を発してエキサイトしてますが、現在は北朝鮮の脅威の方が重要な課題です。
                日本は完全にミサイル射程距離内に入っている事がハッキリしてます。
                金正恩氏との会話を持つ努力を安倍氏が行う事が喫緊の仕事です。

                どんなにトランプ氏に頼んだってトランプ氏はファーストアメリカなんですから、日本が弱くなる事を願っているのです。
                トヨタの社長も安閑としてられないと、常に行っている事が象徴的です。
                どうしたってトランプ氏はアメリカの自動車会社を強くしたいのです。
                日産が北米でダメになったからトランプ氏はほくそ笑んでいると思いますよ。

                日本の独立がアメリカの保護無しでは成り立って無い事を日本人は知るべき時が来たんです。
                日本はアメリカに介護を依頼しているのです。
                大きな介護保険料を払いながら、最近その保険料を5倍にすると言って来ているのです。
                これもいずれは介護に必要な経費として上納するのです。

                そしてアメリカは世界で最も偉大な国になるのです。
                しかし中国という目の上のタンコブが有り苦慮してます。
                貿易でやっつけようとしてますが、相手も実力を十分に蓄えらので、そう安安と凹みません。

                世論とはそうした全てを包括的に考えての結果であればいいのですが、断片的で一片のカケラでしか無いのです。
                壺の形になっていない断片では姿が見えますん。
                メディアの世論調査ほど無意味な事は無いと断言出来ます。
                世論調査は国民を煽るのに都合のいいものです。

                今は冷静にと言っていながら庶民を煽っているのです、民放もNHK もです。
                | 無駄な事 | 10:06 | - | - | - | - |
                甘く見ると後悔 No 3729
                0
                  ヒートアイランドのこの地域は朝から熱気ムンムンです。
                  銀座ホコ天で打ち水イベントを行ったようですがやれば必ず気温が下がります。
                  現にベランダに打ち水すると1度ぐらい下がります。
                  ドンドンやれば良いんですよ。

                  どこの家庭でもね、そうすれば全体的に下がる事になるでしょう。
                  昔は自分ちの前だけ打ち水してないと、目立ってねえ、さっそくやったもんです。
                  気分的に涼しさが出てきます、その情緒的な所がいいんだなあ。

                  何事も軽薄な行動は行けません。
                  ジックリと腰を落として寄り切らないとうっちゃりに会ってしまいます。
                  相撲でうっちゃりの名人がいたっけねえ、誰たったか覚えてませんが土俵際の俵で頑張って、その後体入れ替えて勝つんです。
                  お見事の一言です。

                  今の日本の政治でも同じ事が言えそうです。
                  河野太郎も世耕も対韓国の対応は軽率な感想を抱かせます。
                  日韓関係は古くから複雑な絡み合いを持ってますから、過去を熟知していない若僧が発言している内容に重みが無いのです。
                  ジックリと熟慮した言葉かと思えない、「無礼だ」の一言は若さ故のものでも無いでしょう。

                  馬鹿じゃなかろうかと言われても仕方がない軽薄な言葉です。
                  そうした言葉を国民が支持しているとしたら日本人はどうも全体が平和ボケしてことの重要性を忘れてますね。
                  それと韓国はムン大統領が表に出てますが日本は若僧に任せっぱなしで安倍氏などはどこ吹く風かと思わせる風潮です。

                  この辺は安倍氏のノータリン特性が出ているように見えてます。
                  不買運動も簡単に収まる、昔から行われきたが直ぐに終わる、と評論家や通の人たちが言ってましたが今はエスカレートして来ている状況を彼らはどう説明するでしょうか?
                  軽率な判断をして国民を騙している様に思えます。

                  真剣さは韓国側に有り、日本は遊び半分の状況です。
                  しかし日本が本気を出した頃には、負け戦になっているでしょう。
                  もう戦争態勢に入っていると思っても過言では有りません。

                  武器こそまだ用意して無いでしょうが、何せ韓国の若者は軍事経験を必ず持ってますので戦争という意識が有るのです。
                  同盟国だから戦争など起きないとは言い切れません。
                  昔の日本が経済窮地に陥れられて日米開戦が起きた事は100年も前ではないのです、ごく最近なんです。

                  日本人はもし戦争になったら武器の使用など経験はありませんが韓国人は全ての人々が経験してます。
                  その辺も十分な検討資料として重要に考えねばならない事です。
                  軽薄・軽率は後々致命傷になり取り返しのつかない事態も無いとは言えません。

                  多分韓国では軍事専門家は戦争のシュミレーションをしているかも知れません。
                  その程度に事を予測していてもおかしくないです。
                  人の社会は窮鼠猫を噛むですから、一歩間違えばドンパチが起きるのです。
                  軽薄だけはやめてくれ〜と言いたい。
                  | 意外なこと | 09:53 | - | - | - | - |
                  何か裏の方が臭い No 3728
                  0
                    今日は若干気温が下がってます、現在の外の気温は33.2度ですから(10時ちょっと前)幾分楽になりましょう。
                    水撒きをすると蒸発熱潜熱で気温が下がります、昔はよくやってましたがね。
                    最近は見る機会が少ないです。

                    ホワイト国優遇を止めると言って又々刺激的な事をしようとしてます。
                    矢継ぎ早に色んな矢を打つのも良いとは思えません。
                    安倍氏は矢を射るのが好きなようで、先祖は矢の名人だったのかどうか。
                    長州人ですから、毛利家のどんな家来だったのか?

                    徳川家康に背いたばかりに大国が小国にされてしまった恨みは明治で晴らした訳でしょうが、今また韓国に恨みでも有りそうです?
                    ともかく隣国をいじめ抜いてもそれ程のメリットはないでしょう。
                    産業界でもホワイト国を除外した所で、影響は軽微だと言ってますから、有っても無くてもどうって事が無いのです。

                    それをさも声高らかに「お前なんか友達じゃねえ」と優遇を辞めてしまう馬鹿な行動です。
                    大人気ないですよ、もっともっと大きな影響力の有る有効打を打つなら良いですが、内野安打程度じゃ拍手も起こらないです。
                    やっと一塁ベースでセーフですから、一生懸命足で稼いだ安打に見えます。

                    その内に相手からホームランでも浴びたら逆転負けだってあるわけで、監督の安倍氏の力量は不安です。
                    延長戦に入って長々と試合を見ている世間も嫌気を感じるでしょう。
                    そんな中で感じることはこの外交には裏がありそうな気がします。

                    安倍氏の一存で進んでいるわけじゃ無く、糸を引いている影武者がいそうです。
                    今鮎釣りの時期ですが友釣りは中々難しいそうです、糸を操る技術を習得しなければならないと言います。
                    影武者が友釣りに引っ掛けている鮎であるのか、安倍氏がそうなのか分かりませんが共に一緒に相手を釣る作業を行なってます。
                    結局色んな作業をしてますが一体何を目的にしているのか見え無くなってきた感じです。

                    相手を釣り上げた所で、その後塩焼きに出来るのかどうか、どんな料理にして食べるのか?
                    或いは逃すのか?
                    逃げられるのか?
                    ホワイト国除外で国内の経済効果に与える影響が少ない、韓国も少ないと言う事になったら何をしているんですか?と狂人に見られます。
                    もうそう見られているかもね。

                    米国だってお互いに適当にやれば良いじゃん!って乗って来ません。
                    それもそうだよ、世界に影響する内容じゃないからね。
                    お互いの国でメディアが面白がってテレビを独占しているようなもんです。

                    コマーシャル提供者がホクホクでしょう、視聴率が取れるからね。
                    とすればですよ、裏とはテレビでしょうか?メディアでしょうか?
                    現代はメディアの為に政治も芸能も変な動きをしてます。
                    ちょっと変だよ!と大衆から声が上がらないから助長している雰囲気がアリアリです。

                    これこそ現代の馬鹿げた話です。
                    歴史に残る事は無いでしょう。
                    政治家は歴史を作るもんです。
                    家康が信長が秀吉がちゃんと歴史を残しています、安倍氏は何も残しませんね!
                    一本の矢もね?
                    | 残念 | 09:44 | - | - | - | - |
                    古い映画の刺激 No 3727
                    0
                      直射日光の下ではなく、外に置いた温度計、現在38.1度を表示しています。
                      10時20分現在。
                      部屋から外に出た瞬間、異様にもわぁとした感じになります。
                      このまま気温も上昇が続くのでしょうか?

                      ともかく恐ろしい天候になって来てます。
                      水分補給だけで良いものかどうか?
                      塩分もある程度必要なのかどうか。
                      今日は暑気払いで友人と夕方会いますが、多分夕方も暑さは厳しいでしょう。
                      エアコンを効かせてじっとしているのが一番ですかね。

                      数日前にテレビで昔の映画を観ました。
                      昭和26年頃の設定のようでした。
                      物語の内容はある家庭の親父と子供の日常にある行き違いでした。
                      特別に複雑さは無く平凡なものです。

                      そこで感じた事が実に多かったんです。
                      先ずは当時の日本は現代と比較にならない程粗末な家に住んでました。
                      親父は銀行のお偉いさんで高給取りでしょうが、それでも当時はその程度の家しか無かったんです。
                      日本はまだまだ戦後から立ち直って無かったのでしょう。

                      しかしそこにあるものは貧しさを豊かに見えるものが有りました。
                      それはファッションです、当時は外套オーバーコートを皆来てました。
                      マフラーも着けてこれはとてもいい感じです、そして豊かに感じさせます。

                      アパートは〇〇荘と言う呼び方が多かったです、社会人になった時地方の事務所で勤務した時にアパート住まいでしたが、確かトキワ荘だったかそうでしたよ。
                      今では見る事も出来ないアパートです。
                      また東京の都心に近い所の家の設定でしが街頭は全く無く夜の道は真っ暗でした。
                      防犯灯など考える余裕が無かったのでしょう。
                      面白い事に家の玄関は解放したまま、夜寝る前に鍵を締めるのです、現代はセキュリティ会社に頼む時代ですから何をかいわんやです。

                      道は舗道など無く砂利道でした、舗装された時代はいつ頃だったのか、我々の時代も結構砂利道が有りましたがね。
                      ベッドなどある訳ない、棉の入ったふかふかの布団です。
                      勿論部屋は畳敷きです、電灯は白熱灯です、銀行の事務所は蛍光灯でしたが。
                      現代にそうした電灯を点けたら面白い部屋作りになりましょうか。

                      部屋の仕切りは襖です、勿論いびきは筒抜けです。
                      そうした光景を見て日本の発展がいきなり起きた訳じゃ無く、貧しさを乗り越えて裕福になったのです。
                      車だって当時はトヨペットぐらいで街中を走るのがどれ程優位な立場かを物語ってます。

                      荷物を運ぶ車は三輪自動車です。
                      ともかく、人々は明日がきっと良い日になるだろうと思って生きてたのでしょう。
                      どんなに辛くても歯を食いしばって生き延びたのです。
                      そうした先輩達が居たからこそ、現代の発展へと繋がったのです。

                      苦しさの中で辛抱の言葉をジッと心に刻んで生きてたんです。
                      現代人は古い映画など見向きもしないでしょうが日本の過去を見る事もいいんじゃないかねえ
                      | 意外なこと | 10:16 | - | - | - | - |