RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
電車の中 椅子の争奪戦
0
    快晴の一日が始まって気分は爽快です。
    ここしばらくこの状態が続くそうですから実に嬉しいものです。
    ですが、こうした良い気分を持って電車に乗ると様相はガラッと変わります。

    ま、朝はラッシュなどの時間帯に乗る事は有りませんが、夕方の通勤客と一緒になる場合が有ります。そんな時に感じるのが日本人の浅ましさです。
    降りたい人がまだ残っているのに乗り込む人がいるのです。

    乗り降りがぶつかり合いながらですからスムーズにいく訳無いです。
    混乱状態になっています。
    そして我先に座るシートを確保する行動に移ります。
    優先席などは学生も居れば、若者も多いのです。

    決して老人が来ようが席を立ちません、席を確保したらここは私のシートとばかりです。
    もちろん周囲に目を向けるなどしません、一応気になる事も多少は有るのでしょうが、見ればどうするかを判断出来ないのです。

    今日はこうした記事が載ってました、外国には滅多に見られない光景だといいます。
    確かにオランダアムステルダムに行った時の事を思い出します、あちらの人は身体が途轍もなく大きいのです。
    市電は比較的狭くシートの大きさは大人のお尻でいっぱいになります。

    でもおばさんがお尻を小さくして、小さくはなりませんが、その仕草をして座りなさいって言うんです。
    凄く優しさを感じてサンキューとばかりに座りました。
    おばさんとピッタリくっついて座るのです。

    これがあちらの普通なんですね。
    記事には日本に連れて来た外人さんが電車に乗ると女性とか老人と来ると直ぐに立って譲る姿勢をすると有りました。
    その姿勢が自然体で普通なのです。
    日本人の感覚にはこうした普通さが欠如しています。
    昨日この街の新聞を読んでいたら直ぐ前の小学校の校長が談話を書いてました。
    道徳のあり方、即ち個人の生き方的なものでしたが、たった一つでもいいから良い事をする、と言う事を教えれば十分でしょう。

    たった一つそれは電車に乗ったら席を譲る、これだけを覚えておけば良いのです。
    そこから派生する事柄が全て人のために繋がるんです。
    心とはそうしたもので、譲る気持ちが有れば絆も自然に出来ます、人助けも自然体のなります。

    江戸っ子はこうした自然体で行きてました。
    ですが一極集中した今日、生きるのに汲々として余裕すら無いのです。
    シートを見つけったら我のものとして確保し、絶対に人に与える事をしないのです。

    日本はお金も精神も貧乏国に成り果てたのです。
    現代の生き方を変えるチャンスは学校の教育しか見当たりません。
    貧富の差が歴然として来た現代は貧の精神を脱却せねばならないのです。
    貧困教育を校長は気づいて無いのです。
    ラッシュ時間帯の電車の中の状況を子供達に問えば、自ずと席を譲るべきと答えるでしょう。
    ここを常々心して過ごす姿勢を身につかさせれば外国人が来たら日本人のマナーの良さに驚くでしょう。

    来年はあらゆる国からの人が集まります、外国人に負けないマナーを発揮して貰いたい、たったオリンピック開催中だけでも願望です?
    | 私利私欲 | 09:38 | - | - | - | - |
    薬って効き目が有るか?
    0
      快晴が続く予報に安堵してます。
      随分と曇り空で過ごした気がします。
      そろそろ桜も蕾を膨らまして来た事でしょう。
      しだれ桜は時に早く咲くのも有ります。
      公園のあるトイレの側に有るのがそうです。
      チェックに行ってみましょう。

      そう言えば花粉の飛散状況はどうなのか?先日二日間ひどかったんですがその後はぼちぼちです。
      なんか大助かりです。
      花粉症に効くと言うのでアレグラをのみますが全然効果無しですからね!

      薬って本当にいい加減なものです。
      効くかどうかも分からずに買い求め、それも高い金額を払って、結果何も変化無しでは怒りたくもなります。
      薬を作っている所謂製薬会社ですが、効き目の確認をしているのかどうか?疑わしいと思ってしまいます。

      根拠即ちエビデンスをちゃんと公表して欲しいものです。
      何人にどんな処方をして効き目が有ったとかの具体的テストです。
      こちらは素人ですから宣伝や口コミで効きそうだと言う判断しか持ってません。

      この時期の花粉症対策をしっかりと効き目有る薬を作るのが製薬会社の使命でしょう。
      花粉症になってから30年以上も経つのに、これはと言う薬、処方が無いのだから、学者も研究員も脳が無いですか?
      馬鹿げた話ですよ!
      ガン治療に関する研究は日進月歩進んでますが花粉症に対しては誰も振り向かない感じです。

      花粉症の薬を開発しても時期が短いから売れる金額も大した事じゃ無い、となれば研究費も出ませんか?
      ですが、日本国民の疾患(病)ではないかと思うのです。
      政府も花粉症対策にもっともっと力を入れて貰いたいですが、花粉症の人が少ないのですか?
      困ったもんです。
      | 難問 | 09:13 | - | - | - | - |
      電気自動車はいつから
      0
        猛烈な雨も小雨になって早々に晴れ間が出そうな雰囲気になってます。
        夜通し雨の音がしていた様な感じでした。
        春雨って多少降る状況を言うのでしょうが豪雨となると夏の感じを受けます。

        どんどん暖かくなりあっという間に夏になっていた、何て事にはなりませんよね。
        そこに行くまでにはまだまだ長い時間を要します。
        花粉もいい風?が吹いているから飛び散って楽しんでいる様で、こちらは辛い毎日になってしまった。

        さてっと、電気自動車が普及してほぼ全部がそうなったらどんな変化があるのでしょうか?
        原油の輸入は減るのかどうか?
        全体にガソリンが必要なくなる訳で、製油所の仕事が激減するでしょう。
        ガソリンスタンドも相当に減るでしょう。
        トラック類は電化になるのかどうか分かりませんが?

        電気自動車は排ガスが無い分空気が汚れない。ここが良いところです。
        騒音も相当に激減するでしょう。
        良いところが多いのに中々市場に出て来ないですね。
        バッテリーが長時間持たない、しかし一日中走っているタクシーと違って買い物程度に行く程度なら今ので十分なバッテリーだと思います。

        早く電気自動車に変わって欲しいのが山々ですがここでも政治絡みが有るのでしょう、石油連盟とか製油所連盟とか原油の輸入連盟とか。
        いろんなところから現状維持の要望がある事は想像出来ます。

        変わるってことは大変な犠牲も出る事が考えられます。
        しかしこの世はこうして犠牲を出しながら発展し変わって来たのです。
        変化する事で人々の暮らしが良くなり、長寿が達成するのであれば、早急に事を運んだ方がいいでしょう。

        だが後10年で電気自動車への移行が実現するとは今のところ難しいそうな感覚です。
        待てれる電気自動車時代。
        | 大変 | 09:45 | - | - | - | - |
        来ました花粉症
        0
          昨日から何となく身体がだるい感じを持ちましたがやはりでした。
          今朝から鼻水が滝の様に流れて、鼻をかむと言う作業の必要がない程です。
          流しっぱなしでタラタラ落ちてます!

          汚いとお思いでしょうがこれが花粉症の凄い所なんです。
          アレグラを飲んだって効きやしないのです。
          料理をせねばならないので、鼻にスコッティを差し込んでやりました。
          右側の鼻水がひどいんで半分だけの吸い込み量です。
          空気酸素不足になりやしないかと心配です?

          若干熱っぽく感じ寒気も訪れます。
          兎も角、この症状は経験者しかわからないでしょう。
          病気とはそうしたもんです、経験者以外になんぼ説明したって分かって貰えません。
          傷の痛みだって痛さを伝えることなど不可能です。
          そんな訳でこれから辛い期間を過ごします。

          何の因果か、神様に説明を受けたい気分です。
          ぼーっとしていつもの鋭さが出ないのです。
          寝るにも夜は十分に寝すぎてますから、さてどう1日を過ごすか?悩みです。
          | 残念 | 09:16 | - | - | - | - |
          春爛漫が何処に
          0
            今朝も寒かったです、外は6時で4度でした。
            手袋をしてストレッチです、首の長いセーターも着込んでいやはや冬に逆戻りです。
            それが昼には17度になると言いますから信用出来ませんね!

            本当ですか?って感じです。
            昨日だって北風の冷たさ、近所の方とその寒さを話しました。
            もう3月も中旬に入りました。

            彼岸迄はこうした気候が続くのでしょうがちょっと厳しすぎます。
            春爛漫とはどの様な気候天気を言うのでしょうかね。
            どうも春って寒さが残るから嫌です。
            秋ならば暑さが残る即ち残暑と言う言葉が有りますが、春は残寒と言う言い方は無いです。
            三寒四温は有りますがこれは寒さの度合いをあまり意味して無いです。
            やっぱり残寒がいいかね。
            残冷でも良いかも。

            兎も角暖かな陽射しを待っています。
            春爛漫を裏切らないで下さいと天に訴えてます。
            | 待ち遠しい | 09:42 | - | - | - | - |
            失敗から学ぶ事多し
            0
              今朝の空には雲が無いのです、驚きを感じる程でした。
              毎朝雲で青空が隠されてましたから。
              雲が無かった分気温が下がってましたが気温よりも空の青さの方が優先でした。
              しばらくこの晴天が続く事を天に約束して貰いたい。

              結構失敗って多く経験します。
              粗しっかしい性格のせいか、まずはやってみる事が先行してしまうんです。
              ですから、失敗の後に思うことは当然の失敗と言えるのです。
              もうちょっと考えが深かったら失敗せずに済んだものをと反省しきりです。

              しかし失敗する事でその後は注意する事になるので、一つ利口になったと自分を慰めてます。
              先日もお茶碗を床に落として当然割れました。
              お気に入りだったんで多少悔やみました
              ですが、その後は落とした原因が何故なのかを知る事で同じ失敗をしない為の方策を実行してます。

              失敗って次々に襲って来ますが、それは新しい経験をしている証でも有ります。
              もちろん同じ失敗も無いことは無いですがやはり経験の無い時の失敗が多いようです。
              長い人生を送って来ても、まだまだ新世界が有るんです。
              未経験はいつまでも続くんですね。

              ですから幼児だけじゃなく誰でも失敗するのですから、叱る事が必要無いかも知れません。
              昔は失敗したら相当に叱られたものです、ガミガミと説教も受けました。
              その為に萎縮する事だってあったり、新しい挑戦を拒んだりしました。

              ですが、失敗をしたと言う認識を持たせれば自然にそこから何かを学んでいる筈です。
              それで良いのではと思います。
              しかし失敗しても学びを忘れればこれは説教が必要でしょう。

              失敗は成功の元と言う格言をどう読むかです。
              成功とは素晴らしいものだけじゃ無く、ちょっとした気づきも成功だと思いますよ。
              気づき程大事な事は無いですからね。

              多くは気づかないが為に失敗し、損害を受けてしまうのです、或いは人に迷惑をかけるいるのです。
              気づき!これに勝る成功は無いでしょう!
              | 意識的に | 09:30 | - | - | - | - |
              古い歌はいい
              0
                こんなに雨の多い春は有ったでしょうか?
                傘が離せない状態ですよ、全く。
                お陰様でかどうか知りませんが花粉症の症状が軽いか出てないかまだハッキリと出てません。
                このまま何もなく終わってくれたら良いのですが?

                花粉量の情報を見ると昨年より多いと、しかし反応して無いですよ。
                症状のある方々はどうなんでしょうか?
                電車の中でもくしゃみが聞こえて来ることも少ない様にも感じます。

                そんな中、朝食の用意の料理をしている時に音楽を聴いています。
                今朝は山口百恵の歌をずーっと聴いてました!
                良いですね!
                百恵ちゃんは昔はそれほど好きじゃなかったんですが今聞くととても快い感じを受けます。

                最近歌を聴いてて歌詞を吟味?する様になったかなと思います。
                今まで歌詞にそれ程興味を示さなかったんですが歌う時も何となく歌ってました。

                所がよくよく聴いていると作詞家のストーリーが聞こえてくる様な気がします。
                兎も角古いうたは良いです。
                外国の歌も殆どが昔の1970年代とかの歌です。
                古い歌手の名前もよく覚えていますから懐かしさも重なります!

                それに比して最近の歌は受け入れ難いところが有って聴きたいと思いませんね。
                嵐とか全く知りませんし、個人も誰が歌手なのか知りません。

                歌謡曲は国民の歌的なものでしたが、こちらも最近の歌は知りません、古いものだけを口ずさみます。
                実際に歌はとてもいい心の拠り所だったのに現代は騒音の様になって、要らないと言う感じになってます。

                ユーチューブがある事で我々古いものは救われています!
                もしラジオやテレビだけで百恵ちゃんの歌を望むならば50年待っても聞くことが出来ないでしょう?
                一方カセットでCDを聴くにしてもそんなものは古いとばかりに無いですかね?

                ま、そんな事で今朝は百恵ちゃんに感謝です、そういえば百恵ちゃんは何歳になったかな?
                | 快感 | 09:21 | - | - | - | - |
                権力とその裏側
                0
                  又も曇天になって春爛漫を満喫出来ません。
                  春を待つ気持ちとは春爛漫です。
                  暑かったり寒かったりの繰り返しでは無く、柔らかな太陽の光を浴びる事です。
                  今年暖冬だった事から気象が乱れて居るのかも!
                  桜も開花の遅れが出るとか要注意して情報を待ちます。
                  今年の花見はちょっと離れた場所に設定する予定ですから(洗足池)確認作業が出来ないのです。

                  権力と言う魔物はあらゆるところに存在していると思います。
                  会社でも政治でも官僚でも国でも組織が存在する所には必ず権力が生まれます。
                  その強弱によって悪事に発展する事も出てくるわけです。
                  権力が集中し絶対的な支配をすれば独裁者になれます。

                  ヒトラーが最たるものでしょう。
                  そこに蔓延る部下たちの放漫な仕草など目に余ります。
                  権力の裏側に何が潜んでいるのか、良い事が多ければ良いのですが、悪魔がしでかす悪事には目をつぶる訳には行きません。

                  ゴーン氏もやっと刑務所から解放されましたがこれから嘘の上塗りに一生を掛けるのかと思うとメディアに取り上げない様に注意したいです。
                  一度権力を握って独裁者になった人の話など聞いたって参考になるものは何も無いんです。
                  裏側で悪事を重ねたのに無罪だと言う、誰が見たって馬鹿げた事です。

                  今後こぞってメディアがゴーン報道をするでしょうがやめなさい!と言ってやりたいです。
                  権力とは何でもありにする癖が有ります。
                  江戸時代の雅楽頭(うたのかみ)も権力をほしいままにし悪事も相当に働いた様ですし、柳沢吉保だってそうです。
                  善政をした時もあり、その後権力が集中してくると悪事へと進むのが人の行動なのですかね。
                  方程式としての成立しているのかも!

                  権力を持ちたいと思っている人はその権力を分散させる思考を持った方がいいと思うのです。
                  権力と言うものは集中しやすい性格を持ったものです。
                  そこに飲み込まれて多くの人は悪事へと流れてしまいます!
                  即ち悪事と言う事が正義になってしまうのです。

                  権力闘争なども常々行われていますがその時点で既に悪事への道筋が出来ていると思っても過言では無いでしょう?
                  権力を施工するには一人では無く、取り巻きによって成立します。
                  取り巻きを作る事が権力集中の基盤になります。
                  この後もこうした権力の被害が継続して出てくるでしょう、人間社会の欠陥です。
                  | 意外なこと | 09:54 | - | - | - | - |
                  国防の考え 大丈夫か?
                  0
                    やっと太陽が出てきて輝きが素晴らしいです。
                    空に雲が無い、これ程気持ちのいいものはないです。
                    明日もこうなって欲しいですが、どうでしょうか?

                    ひょっと考えが浮かんだんですが、日本の国防って大丈夫かと言う事です。
                    と言うか、国防など出来ないのではと感じたんです。
                    理由はただ一つ自国に余計な米軍がいる事です。

                    国防とは秘密主義が当然の事だと思うのです。
                    しかし現在は国防内容が米軍に筒抜けでしょう?
                    全て米軍が握っているとも言えるかも?

                    こんな状態で日本国と言う国が独自で外敵から護られるのかどうか?
                    非常に怪しい状況だと思い当たったんです。
                    国防費は膨大な金額ですがそれも米国から戦闘機を買わねばならない契約でもあるのかどうか?

                    この先も数十台の戦闘機を買う事が決まっている様だし、米国はホクホクでしょう、トランプ氏が安倍氏をお友達にする理由も分かります!
                    もしですよ、自国は日本のみで防衛するから、あんたは黙って見ていて下さい。
                    とでも言ったら、米軍は黙っていないでしょう、即戦闘準備に入るでしょう。

                    そうしたら、日本の軍事秘密など全て牛耳られている米軍に勝てっこ無いですよ!
                    兎も角、日本と言う国は独立国そうに見えますが正に米国の傘の下で温存しているんです。
                    何も言わないでじっと堪えているのです。

                    日本人はそうした背景にある事などどうでも良いと思っている人がほぼ全員では無いかと思います。
                    戦争など起こるはずがない!と言う感覚です。
                    特に米国の支配下に有ったって支障が無ければそれで良いじゃないかとも。

                    吉田松陰や勝海舟はどんな感じ方をしたでしょうか?
                    墓の下まで現状が届かないのが残念です。
                    そんな事を頭をよぎったので記述しました。
                    ま、どうでも良い事なのか、或いはもっと国民としてちゃんと知らねばならないのか?分かりません。
                    思いつきです!
                    | 大変 | 09:30 | - | - | - | - |
                    ネット記事の馬鹿らしさ
                    0
                      春雨が長雨になってしまった感じです。
                      梅雨には早い話ですが、しかし梅雨とは梅に関する言葉、梅はもう満開も過ぎてるのでこの雨も梅雨と言えるかも?
                      寒さも一段と冷え込みマラソンも途中棄権してしまう程になって変な天候です。
                      お陰でと言うか?花粉症の症状が出ないのがせめてもの幸かとも。

                      さて歩きスマホをやめましょうと何処でも言われているし、書いてます。
                      しかし一向にその数は減りません。
                      ですがよくよく記事の内容を見てみると実にくだらないものが載ってます。
                      と言うか、記事の構成などいい加減だし、取り扱っているものは安っぽい記事だけです。
                      例えば三紙即ち読売毎日朝日などの記事はメインじゃ無いんです。
                      それは三紙とも有料で購読させる様にしているからだと思います。

                      と言うことは、ただの記事を載せているだけです、だから内容がないばかりか同じ様な記事を羅列しているのです。
                      カテゴリーの分け方も新聞社毎とか通信社毎とかではなくジャンル毎ですから、読みたい新聞社が見当たらないのです。

                      これ程馬鹿げたネット記事を馬鹿丁寧に読む輩の気持ちがわからないです。
                      電車の中で新聞を読む習慣が全く無くなったのですが、時々スポーツ紙を広げている人が居ます。
                      概ね競馬予想を見ているのですが、スポーツ紙でも記事には迫力もあるし、内容も力強い所もあります。

                      しかしネット記事はダラダラと記述しているだけです、そんな事からネット記事を読むと言う事をやめてます。
                      ま、記事に期待をしていた事がそもそも間違いだったと。
                      やはり新聞が良いかも、しかし新聞はもう何十年も取って無いし読まなかったです。

                      でもそれ程不自由をしなかったのでまあ良いかって感じです。
                      テレビもあまり見ないし、新聞も読まないし、ネット記事も読まないとなれば世の中から取り残されましょうかね。
                      それも良いかも!って感じです。
                      大切なのはつまらない記事を見ながら歩く輩が減って欲しいだけです。
                      | 新鮮 | 10:19 | - | - | - | - |