RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< スッキリ施策欲しいNo 4071 | main | 明るい太陽光No 4073 >>
認識のギャップNo 4072
0
    朝から本格的な雨になってますから雨量は結構多いと思いますよ。
    線状態の雨雲が停滞しているのではと心配になりますがもし600mmも降ったら都会でも避難騒ぎになるでしょう。
    この時期コロナで手一杯の東京ですからこれ以上問題を起こして欲しくないところです。

    しかしこちらの要望通りに自然は動かないですから何が起きるか予測だけはして置きたいですね。
    熊本もあそこ迄降るとは気象庁も予想して無かった様ですが災害が起きて見ると驚きに変わります。
    中国だって長雨はまだ続いているとか重慶なども水害で避難生活になっているとか。

    中国は何処でも近代国家的状態では無く重慶を写真で見る限り家は簡素な板の造りを見ます。
    初めに北京に行った時もそんな感じの部落があちこちに有りました。
    今では中国も金持ちが多い様に見えますが貧困者は6割いやほぼ9割近いのではないでしょうか。

    中国の爆買い騒ぎをした連中は特定の人達だけです。
    多くの金持ちは何らかの優位性を利用した賄賂が大きいと聞いた事があります。
    書類を申請して順番待ちも担当官に賄賂を出せば、即刻申請書を見てくれて審査OKになると言うのは常識だそうです。
    そうした担当官はお金持ちになれます。
    一方大企業の多くは誰々の支配下に有るとかでその支配者の家族は裕福そのもだとも聞きます。
    しかし重慶の様な貧しい家に住んでいる人がまだまだ多いのです。

    ですから洪水で水没してたら危機的な状況になっているでしょう。
    日本の様に雨がやめば濁流が引くのでは無くいつまでも水没したままだそうですから被害は長引きます。

    自然災害は起きるべきして起きている訳で、都市造りにお金を使っている間はこうした地方の村は災害に見舞われてしまいます。
    これは何処の国でも同じ様な場面になっています。
    これが貧富の差、差別化でしょうが、目が向けられない日陰の存在なんです。
    人は自分の意思でこの世に出て来たわけじゃないです。
    したがって環境の悪いところで生まれたら生涯悲痛な人生で終わります。
    これが普通とするのでしょうか?

    差別化を強く意識され始めてきたこの頃ですが貧富の差別化は歴然と残っています。
    GoToキャンペーンも差別化の現れです、貧富の差でキャンペーンに参加出来ない人々をどう考えるか?
    一方年齢の高い人の参加は遠慮して欲しいとなればこれ又差別化です。
    負担のお金は税金です、参加できない人からも税金は徴収しています。

    しかし特定の人に税金で援助するなど公平な行動とは言えません。
    もしかすると裁判沙汰になってもおかしく無い程差別化が現れていると感じます。
    無理を通して経済効果を狙っても果たして満足のいく結果が出てくるかどうか?
    それよりもいろんな事を考えて悪事を働こうと思うと相当に悪どい税金泥棒も現れそうです。

    何せ監督官庁もいい加減だし、キャンペーンに伴う人手も足りないでしょうから審査など杜撰になります。
    そこにつけ込んで悪事を働く、その種の人が必ず出てくるものです。
    よくよく国民に説明して納得されて施工するなら概ね大丈夫でしょうが今回が性急し過ぎです。

    何が起きてもあり得ることです。
    心配の種は山ほど有り、次々に増えてコロナの感染者数と同じカーブを辿っているかに見えます。
    呆れてしまいますがそれでもこの政権の支持率は35%有るのです。

    国民もどっかおかしい認識になっている様です。
    或いはこうした矛盾を察知出来ない日本人が多くなってしまったのか?
    兎も角認識と言う面から日本を覗くと不思議なアリスの国です。

    全てが矛盾だらけですが是正せずに進めているのですから不思議以外に言葉を探せません。
    確かに西郷隆盛は明治維新の政治方策に同調出来ずに鹿児島に戻りましたが、当時は幕府から明治維新政府に大転換した訳で思惑はいろいろあったでしょう。
    しかし現代はずーっとこの政治体制で進んで来ているのです。
    そこに矛盾が有れば矯正するのが当然ですが安倍政権では矛盾のままどんどん進んでしまいました。

    結局国会議員の選挙違反騒動まで発展してます。
    こんな世は今まで無かった気がします。
    記録的豪雨と表現されますがこれは何を意味するのか、実に不明です。
    記録にない程の豪雨なのかと言えばそうでもないんです、その昔最も大きな水害に遭っていることも記録に有るのです。
    ですからどう解釈するのがいいのか、記録の中で相当高いレベルと認識すれば良いのか。
    他にも記録的と言う言葉を枕詞にしている時も多々有ります。

    そんなん中今の政治も記録的政治といえばどんな状況を意味しますかね。
    最悪の政治例えば戦争を起こした東條英機首相時代を最悪の記録としたら、安倍政権は次程度の政治と言えますか?
    ともあれ国民との認識のギャップが多き過ぎます。
    この際野党は本気で政権をモノにしたいと強く思って行動しないといけません。
    野党は昔の社会党では無く今じゃ自民党と変わらない主義主張をしているのですから、政権の入れ替えを行う様にして貰いたいです。

    米国も今度は民主党になるかも知れませんが交代で切磋琢磨するのが良い政治になります。
    一党だけの政治は国民認識から離れても平気なんです。
    何故か国民からの不平があっても政権は盤石に維持されるのです。
    これは異常事態ですよ。

    と言う認識を持っているのですが日本人はまだまだ政治はヒヨコですから同意見は少ないです。
    残念の極みです。
    | 人の社会 | 09:19 | - | - | - | - |