RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 一年先は読めないのかNo 4067 | main | 何処まで続く現状No 4069 >>
何処へ誘導かNo 4068
0
    嗚呼今朝も雨ですか?
    と唸りたくなる日々です。
    先が見えないコロナと同じムジナですかね。
    7月も中旬になってますけどね。
    稲作の方は日照不足になりませんか?

    これで秋口に台風の連続となればいよいよ天候不純となります。
    コロナウイルスも弱体化する事なく冬を迎えるのでしょうか?
    冬は我がものとばかりコロナ勢いを増すことになったらこれ又大変です。

    それにしても感染者減少はいつになることやら、感染のメカニズムももう分かっていると思うがどうですかね。
    相変わらず手を洗ってマスクして会話は短くとかの説明ですから当初から変わってないですよ。

    どっか科学的な進歩を感じません。
    スペイン風邪の時と変わってないのではと感じます。
    もう少しウイルスに対する知見を深く出来ないものですか?
    通信とかAIとかがドンドン深掘りしてますが自然界の事はのんびりと進みません。

    やはりこの分野に有能な人が来ないのでしょうか?
    何とも歯痒い感じを持ちます。
    実に架空線の上をどうにか歩いている様な夢遊病者的行動です。
    そんな中でGoToキャンペーンを実施する様です。

    誰が何処へGoToさせようとしているのでしょうか?
    旅行会社の為、航空会社の為、旅館の為、鉄道会社の為等々経済の促進即ちそう言う厳しい会社に市民が金を遣いなさいと言っている訳でしょう。
    旅行者は危険だけども会社が倒産でもしたら政府として世界にみっともないと感じているのですよ。

    そんな口車に乗る人もいるでしょうが殆どは旅への恐怖は持っているでしょう。
    もし発熱して地方の病院に入院でもしたら、その後の対応は大変ですよ。
    万が一重症になったら医療機関によっては対応だって難しいところも有るでしょう。
    例えば山奥の温泉地に行って突然症状が出てしまったら、特にお年寄りの人が。
    救急車の受け入れだって都会とは違いますからどうなるか旅行会社が前もって用意してくれるのかどうか。

    GoToキャンペーンには簡単に乗れませんよ。
    要するにこの発想は政治絡みの利権でしょう。
    どの業種にお金を振り分けるかのキャンペーンですよ。
    自民党に多くの寄附をしている企業を助けないと次の選挙で敗北しますから。

    自民党はGoToキャンペーンを予定通り実施したけども国民が動かなかった場合、それぞれの会社には一応やりましたからねと開き直れる事で進めていると思う。
    今時感染者数が増えているときに緊急事態宣言が出される様な時にGoToキャンペーンをやりますか?
    誰の目から見ても無理を通そうとして居る。

    それから青森県などは旅行者を拒否しようと議会で話し合って居る様で、沖縄などもどうなんでしょうか。
    移動が感染の主要因ですから誰も歓迎する筈がありません。
    来てくれてお金を落としてくれれば多少助かるけど、一般市民は感染の恐怖の方が優先するでしょう。

    旅行者に近寄らない、特に夏休みなどで地方に都会から移動した場合は地元の人はひっそりと自粛するのではと心配です。
    旅は行った先でもふれあいが一番求めるものですが、逆に地元人は旅行者を避けてしまう現象が起きやしないかと。

    形式主義政策が安倍政権の特徴です。
    実の無い中身が空っぽの政策です。
    アベノマスクがそうでした、現在アベノマスクを使用している方々は存在しているのでしょうか。
    ほうぼうから感謝のSNSがあったのでしょうか?
    10万円の振り込みでもどれだけの人が感謝の手紙を書いたでしょうか。

    逆にまだまだ困って居る人は現実に多いと思います。
    夜の街で働いている人々は生活難の為にやむ無くその危険な場に行っているのです。

    その人々を名指しで夜の街に行かないで、これは差別の典型です。
    米国は差別を是正させようと盛り上がってますが日本はドンドン差別化に拍車がかかってます。
    その前にパチンコ屋にマトを絞って攻撃しました。

    しかしパチンコ屋からクラスターも感染者も報道されません。
    現実にパチンコ屋に入ってみると、まず会話することは殆ど有りません。
    姿勢はパチンコ台に向かってますから吐く息がお隣さんに向かいません。

    お互いに近い距離ですがそれなりに気になりますから気を付けてます。
    ですから現在では物凄く混んでいます。
    危険な場所と決めたのは小池知事かも知れませんが報道陣まで攻撃しました。
    あの時の反動でしょうね、連日繁盛ですよ。
    勿論あの休業時の損失は現在取り戻していると思いますが、特に10万円の特別手当はパチンコ屋に吸収されているでしょう。

    兎も角政治家の思惑と市民の思考にズレが生じています。
    GoToキャンペーンで何処に誘導すれば安全かを具体例で示しておけば、利用しても良いですが、そうした舞台装置も無く見切り発車状態で良いのですか。
    とこれ又梅雨空に対する唸りと同様な唸り声が出てきます。
    二重三重の唸りだけが聞こえてきます。
    | 危険 | 10:23 | - | - | - | - |