RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 危険と愚鈍No 4065 | main | 一年先は読めないのかNo 4067 >>
静かでいいかもNo 4066
0
    今は空の雲の隙間ができて青空を望めます。
    何か久しぶりに空色をみた様な感じです。
    と思ったらどうやら違ってました、空色じゃなく黒い塊の錯覚でした。
    でも今日は33度になる予想ですから太陽が出てくるでしょう。

    朝起きた時からエアコンを入れましたからね。
    もう真夏なんでしょうが今年は中々晴天がきません。
    しかし暑い日にマスクは大変な事になりそうです。
    熱中症になっている感覚が無くなると言いますから要注意です。
    何かマスクに扇風機をつけた商品が出ませんかね。

    男性でも日傘を持った方が良さそうです。
    そんな暑い時期にオリンピックが開催される予定でした。
    もし来年オリンピックを開催するなら10月にした方が良さそうです。
    米国の大統領選挙も無いしね。
    ただ来年のオリンピックは中止になると読んでますから暑さの心配は無駄でしょうがね。

    さて野球もサッカーも観客を入れての試合になった様です。
    テレビでちょっと観ましたが静かです。
    勿論ラッパも太鼓も笛も有りませんから試合をジッと見つめています。
    実にいい感じです、それとバットの打撃音が聞こえて来て迫力満点です。
    いいプレーには拍手で応援するこの程度で十分に興奮出来ます。

    プロ野球をテレビも見なくなって、球場にも行かなくなったのはあの騒がしい応援が嫌だったからです。
    長嶋、王時代は今の様なラッパなどでは無く歓声と拍手だったと記憶してます。
    良き時代でした。

    現代は音に対して耳が反応しなくなったのか?
    難聴になってしまったのか?実にうるさい雑音などに気を回しません。
    特にスポーツ観戦の時に大人が大騒ぎするのは如何なものか。
    水泳などでもしラッパでも吹いたら即刻退場させられるでしょう。

    体操だって卓球だって静かなしかし熱狂的な拍手を送ります。
    ですから野球とサッカーぐらいですかね騒がしいのは。
    この機会にぜひ静かな観戦方法にして欲しいです。
    そうしたら球場に出向きたいです。

    米国での野球中継を見ていると静かですよ。
    勿論十分な感動シーンには大拍手していますから同時に拍手してしまいます。
    ドンチャン騒ぎはアジア人の特徴なのでしょうか。
    しかし異常過ぎる感じでしたからやめて貰いたいですよ。

    静かと言えばトランプが黒マスク姿で登場した様です。
    公の場では初めて見る顔です。
    遂にアベノマスクがトランプに届いたのかどうか。
    もっと早くトランプに届けるべきだったのに不良マスク問題が起きたのでしょうか?
    それにしても大きなマスクでしたね、あれはアベノマスクじゃないかもよ、当然かな。

    マスクのトランプでは大きなことが言えなくなって真実だけの話にして欲しいです。
    嘘の連発だそうですから、どっかの首相と似ているかも。
    それにしても日本の感染者数が増えているにも関わらず国会は閉じたまま議員達は遊んでいるのでしょうか?

    与党が開かないなら野党だけで国会に行って何やら論議したらどうなの?
    豪雨の問題も普通の災害じゃ無かったですよ。
    まだ300人ほどが孤立状態でどう過ごしているのか心配になりませんかね。

    何百万のボーナスをもらって選挙区に戻って選挙対策をしているんでしょう。
    ボーナスの一部でも被災地の方々へ義援金として寄付されては如何でしょう。
    復興はお定まりのボランティア頼りで自衛隊派遣もそこそこです。
    もっと災害救助隊を充実させて非常時にはその隊員を導入させる仕組みが必要です。
    災害救助隊は隊員が常時待機しているのでは無く、非常時に発動出来る体制を作って置くことです。
    勿論給料は税金で面倒見ることです。
    広範囲に災害が起きますそして一時に多くの人が必要です。
    それをボランティアから一歩進めて組織化することです。
    ボランティアの参加者も組織の一員として登録して置いたらいいのです。

    そんなこんなでそう言った法律を作る検討議論の場は国会ですから、議員の方々は暇など無く国会に毎日詰めて貰いたいです。
    国会で法律を作ると言う前提が有りますが実は役所の官僚が原案を作り国会では形式的な議論だけです。

    ですから議員は暇なんです。
    質疑を見ていても予算委員会などに出ている議員はただ聞いているだけで、それも大勢出席して、個人的な反応は無しです。
    強いて言えばヤジを飛ばす程度です。
    それで給料からボーナスから何やかんやらで3000円以上も税金を貰うのです。

    国家予算が有り余っているなら良いとしても借金が1000兆円を超している現在議員達の認識を変える必要があると国民は誰もが思っているのです。
    しかし国民は何も手を出せないのです、議員達が率先して改善を行う努力をせねばなりません。

    こうした官僚政治を作ったのは明治維新の大久保利通で有り、その後の政治家に引き継がれて来ていて変更は全くありません。
    何処かで静かに日本国が素晴らしい政治国家となれる様な思案を考察している人が居るのでしょうか?
    世界的にも最も良い政治をする体制とは何かを研究されている方です。
    昔はマルクスとかがいたんでしょうが現代はどうでしょうか。
    | 意識の変化 | 09:07 | - | - | - | - |