RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 祟りが起きているかNo 4061 | main | ふれあい欲求No 4063 >>
洪水が多過ぎNo 4062
0
    最近の天気が変だなぁと思うのは風が毎日強く吹いている事です。
    もう何日も強風が続いています。
    それも昼も夜も休み無く吹き荒れています。
    台風なら台風一過が有りますがこの天気は台風でもなく嵐でもなく荒れた天気と言う事でしょうか。

    ビニール傘などはあっという間に壊れてしまうから始末に負えません。
    前線の影響でしょうが何故南風が強いのか嫌になります。
    それに今朝は湿度88%もありましたから起きてから即刻エアコンです。

    こちらは風の強さに文句言ってますが、九州だけじゃなく岐阜や長野も洪水騒ぎで本当に大変な列島の状況です。
    どうにかならないのでしょうか?
    洪水の無い国になる為には国土を総合的に見直す必要が有りそうです。

    松下幸之助さんが現役時代に日本の山を削って海に埋め立てすれば日本国の面積は2倍や3倍になると言ってたそうです。
    日本は急斜面即ち山脈で東西や南北に分断されています。
    その為に河川は急流になり且つ水位が急増します。
    ゆっくりと流れる欧州の川などは洪水被害が少ない様な気がします。

    日本全土を平坦にすることには100年以上の長い時間が必要でしょうがこれからは洪水対策として考えねばならないかと思う。
    河川も新しく雄大な大きさにそして曲がりくねったものを真っ直ぐにしてしまう。
    そんな計画が出来ませんかね。

    土地改良と言う名目で我々の子供の頃だったか、田んぼを整理されました。
    それまでは小さな田んぼがごちゃごちゃとあって実に不合理な状態でした。
    それを碁盤の目の様に綺麗に改良されて今機械化できるのもそのお陰です。

    今度は河川の改良を行う時です。
    中国で行なっている揚子江の水を黄河に入れる計画があると聞いた事が有りますがこれはそれこそ100年ぐらい掛かるのでしょうか?
    ともあれ現状は河川の近くに都市・街が存在してますから全く違った河川を作り直す方法を考えてみたら如何だろうかと。

    リニア新線を作るよりも河川を作る方がまだ楽ではないかと思う。
    トンネルじゃ無く山を削ってしまうだけですから特殊な機械もそう要らなそうです。
    削った土は近くの海に埋立すれば一挙両得と言うものです。

    新河川は幅も深さも自由に設計出来ますから洪水の起きない河川にすることが出来ます。
    それと街と離れた場所に河川を作れば危険水域に達して避難勧告など出す必要性も無くなります。
    傷ましい犠牲者も出なくなります。

    家屋も財産も人命も農地もあらゆるものが洪水から守られれば新河川を作る費用は長い目で見れば賄える様な計算が成り立ちませんか?
    今後大きな危険度を孕んでいる河川は東京に向かっている荒川とか荒川放水路とかです。

    群馬県等々の山に超豪雨が降り東京に向かっている河川に水が溜まり出したら都内の半分近くが水没する様なことになるようです。
    ですから群馬県から東海道太平洋に向かわせてドデカ河川を作るのです。
    荒川・隅田川などは景観の為に残しておけば良いのですよ。
    上流で水量調整して何時でも美しい都会のオアシスとして。

    そんな長大な考えを持てないのが現役の役人でしょう。
    ですから秀吉なら出来たでしょう。
    しかし秀吉時代は洪水の騒ぎは無かったのでしょうかね。
    あったとしても河川の周りに民家がどれほど有ったか?
    自然界は長い時間を掛けて変化して来てましたが現代はその変化をも越さない様な施作を施しているのでしょう。

    河川の水辺で遊ぶ時は楽しく過ごせますが濁流になった途端に凶器に変わってしまいます。
    水の勢いは想定を超えてますから危険極まりないのです。

    洪水は後々の片付けが大変だなど言っている場合では有りません。
    洪水を無くす河川造りこそ政治の仕事です。
    自衛隊派遣などは対処療法です、抜本的なところに手を付けないとまだまだ同様の被害は続々と出てきます。
    現役引退後にボランティア活動の一環として新河川造りは楽しい時間になりそうです。

    現役を離れれば田舎暮らしも良いもので、河川造りに田舎の家で生活もいいじゃ無いですか。
    四季折々の自然に接する事ができます。
    鳥の囀り、イノシシとの出会い、狐もいます。
    小さな川で魚釣もいいです。
    過去にないほどの雨量なら、過去に無いほどの河川事業も有って良いのでは!
    | 由々しきこと | 10:26 | - | - | - | - |