RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 自粛を自らNo 4058 | main | 鬱陶しさが加速No 4060 >>
何が起きている?No 4059
0
    球磨川の氾濫で今度も多くの犠牲者が出て痛ましいことです。
    事前の対応が出来ないのでしょうか?
    豪雨の予測も天気予報で十分に報道されていた筈が結果として老人に被害が出てしまいます。
    水害の事故は避難することで回避が可能だと思うのは現実を知らないから言えるのでしょうか?

    実際には避難所などへの移動が難しいのでしょうか?
    都会に住んでいればもし避難勧告が出たら即刻移動したい気分でおりますがどうなんでしょう。
    個人の判断に委ねているとすれば地域社会とは一体何なのか。

    今後も豪雨は何処でも襲ってきます。
    避難勧告を出せばいいと言うものでもなく、その地域で団結して避難する組織が必要かと思います。
    昔の火事はバケツリレーで消火に当たりました。
    地域を守る一念で皆が協力しました。
    現代は誰かが自治体がやってくれるもんだと、地域全体の責任感を持ち合わせて無いのでしょうか?

    災害が起きる度に同じ様な感想を持ってしまうのです。
    人の社会ですから地域の団結こそ今求められている気がします。
    絆とか分かりにくい言葉を使うのも良いでしょうがお隣さん的温かみの方が団結に近づく様に思えます。

    一方今日は都知事選が始まってます。
    すぐ目の前の小学校が投票場です、チラホラと投票する人が出入りしてます。
    結果は決まっているのでしょうがやはり投票に行きます。
    れいわ維新の山本太郎さんを応援してますが次点になれば良いとしますか。
    山本太郎さんはコロナに関して都民の心情を理解している人だと思うから応援してます。
    世界でも日本でも感染者数は増え続けています。

    各国とも異常事態宣言などを出さずに感染者数を増やして免疫者を増やそうとしているのかも知れません。
    40%まで上がればほぼ安全圏に入る様ですが、問題も出たと言います。
    それは中国からのレポートで免疫保持期間が3ヶ月程度で、その後再度感染する可能性が高くなると言います。

    ですからコロナウイルスが存在している限り感染から逃れられないと言う事でしょうかね。
    この事からコロナウイルスの予防にワクチンを投与したとしても、全く意味が無いことになると言います。
    急いで開発されているワクチンが有効では無いと言う結論になりそうです。

    やはりワクチンは急いでしまうと5年後ぐらいに後遺症とかの問題が起きかねないといいます。
    開発された新しいワクチンの投与はしない方がベターだそうです。
    安倍首相も米国の開発商品を手に入れるべく注文しているとか聞きますがこれ又オリンピックの為でしょう。

    なんもかもエビデンスを無視して前のめりに誤った方向に行こうとしています。
    もう一年後のオリンピックは諦めて、日本の方針を地に着いたものに方向転換する時期です。
    なんもかも中途半端で実りのない国家になっているのが悔しいです。

    もしこの7年間別の有能な首相が日本を舵取りしていたら素晴らしい国になって世界中から絶賛されていたでしょう。
    安倍首相には素晴らしい国造りの発想が無く、富豪の創出だけに終始した人です。
    富豪は個人だけで無く企業の富豪も作りました。

    日本銀行が発行した札束を企業の預金に回ってしまったのです、何百兆円と言う前代未聞の数値です。
    企業がお金を工場建設などに投資しなければお金は下層に行きません。
    株価もそうです、訳の分からない所が市場に介入して年金が6兆円も損害を出したとか報道されてます。

    一方で日銀が株価調整の為に介入しているそう、世界中でも日本だけだそうです。
    何故にこのコロナウイルス騒ぎの時に株価操作をするのか?
    雇用も減少して失業者がどんどん増えているのに株価はある一定の数字を行ったり来たりしてます。

    この時期は大暴落してもいい条件がいっぱいあります。
    暴落させて全ての国民が危機感を持ってどん底から這い上がる努力の時だと思うのです。
    西郷隆盛は明治維新の時に国がどん底まで破壊され、そこから立ち上がった方が強い維新が出来ると言う説を持っていた様です

    確かに日本は敗戦で無になりそこから立ち上がったのです。
    徹底的な壊滅でも底力を出す事ができます。
    火事場の力持ちとか言いましたか、仏壇など普段は持ち上げられないのに火事の時は外に持ち出せる力を発揮すると言うものです。
    兎も角現在の日本は何処に行くのか定まらず、何をしようとしているのかも国民に分かりません。

    これから投票に行きますが疑問を持ちながらの行動になってます。
    | 難しい | 09:33 | - | - | - | - |