RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 叫びは虚しいNo 4028 | main | 100年後の人々No 4030 >>
突然の停止No 4029
0
    どうもスッキリと晴れません、それでも30度まで気温が上昇するとなれば湿度も上がりそうです。
    リュックを背負っての買い物は汗びっしょりになります。
    いつもの買い物は午後の一番暑い時間帯に行きますのでこうなる訳です。

    外での仕事をしている労働は辛い時期になって来てます。
    特に植木等々の職業は長袖での作業ですから、それにどんどん草が伸びてますから休みなく仕事が続くでしょう。

    それにしても新型コロナウイルス攻撃は突然に訪れました。
    今まで平和で何ら支障が無く世界が動いていたのに、ウイルスが見つかった時点から唐突に行動がストップしました。

    こんな事ってウイルス以外に起こりうる現象が有るでしょうか?
    戦争だって徐々に始まって全体が停止状態にはなりません。
    自然災害も世界中に同時に波及する事も有りません。
    そう考えるとコロナウイルスの脅威は何にも勝ると言えます。

    地球上で一番の脅威はウイルスだったことを改めて確認したのです。
    しかしその事を一般人はそれ程気に留めてませんですが、専門家と言う研究者は当然感じでいたでしょう。
    でもこれまで何回もウイルス騒動が起きていますが一般人まで恐怖を植えつけていなかったと思うのです。

    又危機管理面から安全保障面からもそれ程大きく取り上げられて無かった気がします。
    その為に特に日本はウイルスに対する準備は十分では有りませんでした。
    医療器具の不足に伴って医療従事者がどれ程危険に晒されて命も守れずに仕事に従事したかを考えるとウイルスと言うものを改めて考える必要が有りそうです。

    人間にとってウイルスがこの世で一番の脅威と認識し過剰な準備をしておく事が今回の経験で世界が知ったと思います。
    準備とはウイルスが来ても平常の行動が出来ると言うものです。
    今回もそうでしたが自粛や行動禁止などを行うような前近代的な対策しか出来なかった訳で、100年も前の行動しか取れなかった事です。
    ウイルスの存在は知っていたにも関わらず何の準備もして無かったと言う事です。

    準備とはウイルスの検査とか治療とかワクチンとか対処療法のほかに全く次元を変えた方策です。
    ウイルスが人間に存在しても何ら支障がでない様に何らかの手を打つと言うことです。
    それが何かは現在その知見が無いわけで、その探究・究明・研究が必要と言う事です。

    例えばウイルスの存在を遺伝子分析から定性的な存在を知る事です。
    どんな方法が有るか分かりませんが暗闇の中で光を出す様な光学的な事とか化学反応的な色素発生とか。
    電子粒子的な解析とか兎も角ウイルスが存在している事を見分けられる事です。

    現存するウイルスで研究は可能ですから新たなウイルスを待たなくても出来るわけです。
    これが準備と言うものでは無いかと考えます。
    例えば携帯電話等の携帯分析機器等でウイルスの存在を定性的に知る事が出来ればアルコール消毒やら手洗いで対応出来ます。
    常に自分でウイルスの存在を確認しながらの生活になる訳です。

    これが新たな日常と言えるスタイルでしょう。
    現在言われている新たな日常は従来の100年前の行動と何ら変わった所が有りません。
    意識的な行動を促しているだけで進歩は何も無いわけです。

    もしここにあそこにウイルスを見つけられたら心配も要らないし対応も出来ます。
    夢見ないな事を言っていると思うでしょうが未来人はきっとウイルス検知器を携帯する事でしょう。
    そしてウイルスの脅威を感じない日常生活がストップすることなく続けるでしょう。

    パンデミックと言う言葉も死語になるでしょう。
    100年前にパンデミックと言う現象が起きてたってよ!馬鹿な事で騒いでいたんだ。と未来人の会話が聞こえてきます。
    現実に明治維新の時に街灯(ガス灯)を付けるなど夢の世界だったんですから。
    英国に行った時に伊藤博文などは腰を抜かしてガス灯を見たんですよ。

    携帯電話などその当時世界中何処を探したって無かったんですから、今じゃスマホの無い国を探す事が出来ない時代です。
    ですからその場(何処でも)でウイルスを知ることが出来たら、どれ程生き方が安全安心になる事か?

    この機会にその方面への研究を推し進める動機づけになって欲しい。
    国策では縦割りが有りますからダメです。
    矢張り民間の英知で行う方が早いでしょう。
    商業に走らずじっくりとウイズウイルスで頑張る人が現れたらと思う今日この頃です。
    | 驚き | 10:44 | - | - | - | - |