RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 静観の日もNo 4016 | main | 普段の生活に穴No 4018 >>
他の話題No 4017
0
    やっと薄日の日差しが届いています。
    ですが腰痛の為ジッと我慢の1日になりそうです。
    今日1日で痛みを解消出来る予感がしますが明日の朝の状況次第です。

    昨日は結局テレビは一度も付けずに過ごしましたのでコロナ話題から解放されました。
    そうなると今朝もそれ程気にならずにテレビをつけてません、そんなもんかも知れません。
    毎日毎日のコロナ報道で精神面で自然に疲れているかもね。

    そんな中で恣意的とは言えないでしょうが賭け麻雀の話が出てきてこれ又黒川氏が辞任騒ぎになってます。
    今後どうなるかはそれ程気になりませんが馬鹿な事をしたもんです。
    と言う程度ですが我々の若い頃は仕事終了と同時間に麻雀屋に行ってました。

    当時は麻雀屋が大繁盛でしたから卓を確保するのに苦労したものです。
    先ずは麻雀は四人のゲームですから朝のうちにメンバーを確保して置くわけです。
    そして夕方誰かが早めに場所取りをしておきます。

    ほぼ毎日の事ですからメンバーも有る程度決まってます、上手下手が有りますからね。
    下手が入るとイラだったりして楽しさも半減です。
    そこで賭け麻雀ですが、これは当然の成り行きです。

    勿論覚えたては賭け麻雀では有りませんが多少覚えて来たら早速賭け麻雀に入れてカモにします。
    これは厳しくしませんと上達に影響しますから。
    賭け金はドンドンエスカレートして行きますが、サラリーマンは先日の話程度以下です。

    ですから報道の2万円も動く賭けは大きな賭け金で行われていたと思いますよ。
    いろんな賭け方が有り、握りとか馬とか兎も角方法によっては大きな賭けになります。
    賭けは麻雀だけで無くゴルフでも当然の様に行いましたが今はどうでしょうかね。

    我々の時代はバブルを経験してますから、金銭面では有る程度ルーズなところがあった様に思います。
    バブルは金余り時代で、お金がなんとなく入って来るし出て行きました。
    そんな訳で賭ける事が当たり前的感覚でした。

    競馬競輪等々公共ギャンブルと言われているものも有りますから賭け事は仕方が無い気がします。
    ただ検事長ですかお偉いさんが賭け麻雀をやっていたと自白してはもうどうにも救えません。
    何ともガードの甘い人だったんですね。

    勿麻雀依存症だったのでしょう、パチンコ依存症は話題になりますが麻雀だってそうなりますよ。
    麻雀は実に楽しいゲームですが賭け無いとその魅力が半減以下になってしまいます。
    賭けは緊張感を上げる役割になり、真剣になり、結果ストレス解消にもなります。

    勿論その逆も出ます、負ければ色々と反省してあーっだったとか後で考えて悔しがり夜も眠れなくなったりとか。
    しかし概ね麻雀は精神面でも体力面でも疲れますから熟睡をむさぼります。
    それが次に繋がってやりたくなるのです、ですから想像ですが黒川氏は月に2、3回と言ってましたが、別のメンバーでもやっていたでしょう。
    時間の許す限りチャンスを作ってやってますよ、きっと。

    そんな話題で沸騰する日本です。
    平和そのものです、もし検事長が暇ならば平和そのものです。
    しかし暇を作って仕事をしないので有れば別問題です。
    杏里氏の選挙違反などは広島に任せっぱなしですが、最終的には検事長の所に上がって来るでしょう。

    それをどうするかは検事長の個人的判断でどうにでもなりそうです。
    そんなことから検事長の定年延長をして検事総長に持って行き、杏里氏の提訴をうやむやにしようとした。
    そんな内閣の恣意的な行動であったのなら安倍政権も政権の役割を果たせなくなります。

    田中角栄が有罪になるとは本人も我々も思っても見ませんでしたが、現実は検察庁の力が有ったからです。
    それが平和ボケの為か、なあなあに選挙違反も誰でもやって居るんだから大目に見てくれよ。
    それよりも好きな賭け麻雀をしていてくれよ。
    とか何とか内閣府から話が出ていたのなら小説にドラマになりそうです。

    だってそうでしょう、ここの地域の菅原一生などは未だに個人の家を訪問してビラ配りをしているそうだよ。
    回収したそうですがね。
    何らかの選挙違反になる様な行動をしているんですかね。
    そうした国会議員を監視するのは検察庁じゃないのかね。

    明治維新に川治利長が警察警視庁の組織を作って日本に犯罪取り締まりの行政を作ったのです。
    その組織が有ればこそ日本人は安心を得られたのです。
    検事は当時はまだ無かったのかな、裁判所ができてから検察庁が出来たのでしょう。

    いずれにしても、明治維新から国民を守る為の組織が作られてました。
    それが今になって警視庁や検察庁などが、政府の行政で力を失っては川治利長もガッカリでしょう。
    大久保利通も川治利長には期待もし力になって頑張ったのですからね。

    コロナから離れた話題も良いですが、チョット間が抜けた話題でしたか?
    毎日落語を聞き始めていますが、腹を抱えて笑ってます。
    笑いのある話題が欲しいモノです。
    | 由々しきこと | 10:53 | - | - | - | - |