RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 次の波に備えるNo 4008 | main | 動向の感心No4010 >>
経済構造の脆弱かNo 4009
0
    五月雨です。
    芭蕉の最上川を直ぐに思い浮かんでくるのが不思議です。五月雨や 集めてはやし 最上川
    最上川は上流でしょうか山形市に流れているのしか見てないので雄大な河川と言うイメージが無いんです。
    芭蕉は何処でこの句を詠んだのでしょうかね。

    しかし五月雨をさみだれと読ませるのも情緒的です、どんな雰囲気を想定したら良いのか?考えた事も有りません。
    ですが早いですねえ、もう今年も半分近くになってます。
    コロナ騒ぎで日々の過ぎる事を忘れています。
    それにしても経済をズタズタに崩壊させたコロナの脅威は未曾有の事件です。

    何故こんなに簡単に経済破壊が起きて居るのか?
    多くの記事は落ち込み状態の現状を伝えるだけで経済の脆弱さを検討した内容が見当たりません。
    まだ何が起きて居るのか世界中で把握出来てない事ですかね。

    1月から始まって、徐々に世界中に広がって、全世界で経済破壊を起こしてしまいました。
    時間的には僅か数ヶ月仮に4ヶ月とすれば120日程度の期間です。
    大戦争を起こしたってこれ程早く世界中を混乱させる能力を持った国は無いでしょう?

    それが今後も不安や恐怖が続き益々経済破壊が進む事は明らかです。
    そして世界中に変化を与える重大な局面を作っています。
    人類の危機が正に迫って居るのです。
    その危機の終息も見えない中で生活を続けねばなりません。

    経済を早く立ち上がらせる為に人類は前の活動に戻そうとしてますが、それが正しいのかどうかも判断付きかねます。
    実際にコロナでのダメージを総合的に計算したらとんでもない数字が出てくるでしょう。
    超コンピューターでも計算出来ないほどのダメージでは無いかと思うのです。

    日本でも経済ダメージを受けた個人に中小企業にとお金を用意しようとしてますが、これからは大企業にも支援の手を入れねばならなくなった時、国は支える事が出来るかどうか?
    非常に難題です。
    既に米国では大手企業の倒産も出て来てます。

    日本でも一部上場企業の倒産が出始めました。
    今は何処でもこれ以上経済ダメージが出ない事を願ってますが、自粛や外出規制が続けば、いや人が出たがらないとしたらダメージのプラス要因だけです。

    一部の任天堂などの企業は儲かって居ると言いますが全体から見たらゼロに等しいです。
    こう考えて見た時コロナの脅威は命プラス経済破壊の二重苦を作り出して居ます。
    これに人間は打ち勝たねばならない訳ですが、並々の努力では元に戻れないでしょう。

    変化せざるをえない新社会とは、想像も出来ない領域に入るのでしょうか?
    今から想定でき得る世界観新社会を考えておきたいものです。
    凡人には考える力が有りませんから有能な方々の想像を読んで見たいものです。

    この強力なコロナの力に立ち向かう事は愚かなのか、果敢に立ち向かうのか?
    コロナショックなど吹き飛ばせるのか、従順してコロナの力に従うのか?
    一喜一憂して居る現状で良いのか?
    とても難し過ぎる局面に突入してしまいました。
    楽観的な未来像でもいいのでしょうか?
    五月雨の中で、外出もままなりませんからじっくりと考えて見たいです。
    及ばずながら!
    | 驚き | 11:25 | - | - | - | - |