RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 暴露され続けるNo 4007 | main | 経済構造の脆弱かNo 4009 >>
次の波に備えるNo 4008
0
    涼しいとは言っても部屋の中は25.5度も有ります。
    随分気温が上がって来たんですねえ。
    春先の18度になった時は暑いって感じましたが、今18度じゃ寒くてたくさん着込まねばなりませんか?
    身体の対応は敏感です。

    さてさて緊急事態宣言も部分解除されましたが東京は相変わらず緊張感を保たねばなりません。
    最近はいろんなデータが出て来ましたから想定しやすくなって来たかもしれません。
    ですがデータそのものに信頼性がどうかとなると疑問符は残ります。

    先ずは感染しそうな場所は避けることでしょうか。
    それにしてもスーパーで働いている方々は毎日心配の連続でしょうね。
    最近は3日に一回の割合で買い物に行ってますがお店の人はそう言う選択が出来ませんから辛いでしょう!

    感染者数も下がって来ましたから気分的にはウイルスが遠ざかったと思いたくなりました。
    しかしそれが全く見えないし予測も困難ですから、注意は怠れません。
    そして夏が過ぎ秋の行楽シーズンがやって来ます。

    その頃になればコロナの話題も一段落して旅行やらスポーツやらに出かける事が多くなるでしょう。
    経済の後退を早く立ち直したい一心でそれぞれが満を侍して頑張ってしまいます。
    結果はどうなるでしょう?

    誰も分かりませんが新型コロナウイルスの次の波が大波で押し寄せて来るのでしょうか?
    そうなったらどれだけの犠牲者が産まれてしまうのか?想像しただけでもゾッとします。
    無事に終息は難しいと言う意見が多い中で準備は間に合うのでしょうか?
    収束と終息の違いは後者はゼロになる事ですから、先ず終息は無理でしょう。

    とすればどの程度の波になるかです、小波(さざなみ)程度なら仕方が有りませんが、津波級が起きたら東京は沈没してしまいます。
    それ程の事を考えてやるべき事をせねば、今度は後手後手は許されるないです。
    ただ人は過ぎ去った後は楽観的になるのが普通です。

    特に自粛で抑制された時間が有った為に自由の謳歌を得たい気持ちが優先します。
    そこをどうコントロールするかで、秋冬の様相が変わって来ます。
    そうした心(心情)の動きについて上手く誘導してコントロール出来れば良いのですが現政権では無理ですね。

    結局国民の行動心理に頼るしか無いのです。
    波を小さくと言う事は行動も小さくとなるでしょうが、そこはよくよく考えて最小限で最高を得られる方策が望まれます。
    それには行動のコントロールをどの様に導くかでしょうか。

    旅も一カ所に集中する様な事を避けて、日本中に分散させる案内をするとか。
    都会からの脱出が最大の難関ですから、平均化出来る策が有ればいいのです。
    例えば休暇日の設定を分散させるとか、一斉の祝日休暇をやめて、週3日の就業を導入する事も一案かも。
    土日も関係なく一週間を3ー4で区切り、4日間を有効に旅に使うとか。
    そうなれば相当分散効果が出るかもしれません。

    そんな事を有能な人々が考えてみてはどうでしょうか。
    一方、今でもコロナ医療に従事して居る方々にも夏場は出来るだけ休暇日を多く取って貰い、来るべき日の波に備えて貰いたい気持ちです。

    医療だけはボランティアやアルバイトに頼る事は出来ないですから。
    最終的には我々の医療をお願いするしか無いのです。
    そうした方々へ我々がどう行動したら良いかも考えねばなりません。

    ちょっとした病気ならわざわざ病院まで行かなくてもいい筈です。
    医療現場を少しでも余裕を持って貰う工夫が必要でしょう。
    何はともあれ、波を避けることが出来ないと想定して次々に手を打って置きたいものです。

    自然災害地震などは自分なりの備えは出来ていますが、新型コロナウイルスの備えは個人的には範囲が狭く、いざの時は医療に頼るしか有りません。
    その医療関連は大きな視野でもって国が対応せざるを得ません。
    充実の夏にして貰いたいのが国民の願いでしょう。
    | 積極的な行動 | 10:56 | - | - | - | - |