RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 解放の手順 No 4003 | main | 呑気さに警鐘No 4005 >>
指導者の資質はNo 4004
0
    薄日が差し込んでます。
    朝から何となく湿っぽい感じもします。
    沖縄方面は梅雨入りの様ですがこちらもそんな雰囲気になって来たのでしょうか?
    園児達も暑さを避けて室内に戻ってます。
    もはや熱中症を気にせねばなりませんか。

    既に自粛を叫ばれてから何日になるのでしょうかね。
    重っ苦しい感じが続きます。
    何をやるにも最新の注意をせねばなりません。
    手洗いもこまめに行いますし、持ち物も財布とかスマホとかも汚れて無いですが拭いてます。

    これ程神経質にならねばならないのかと、つい投げやりになったりもします。
    ただちょっとの油断がウイルスの侵入を許すとしたら、決して油断出来ません、油断大敵ですから。
    中国も韓国も感染者が出始めたと聞くと、再び恐ろしさを身にしみて感じます。

    日本も自粛を緩める方向に向かってますが、次の準備だけは万全を期さねばなりません。
    何と言っても感染を確認する体制が第一でしょう!
    いい加減な加藤大臣の言葉など信用出来ませんから怖いの一言です。

    昨日本の中で
    戦場で兵達は有能な指揮官を望む。
    と言う行(くだり)が有りました、当然と言えば当然ですが、実にこれが戦争の時の指揮官の条件なんですね。
    今はコロナとの戦争と首相が言ってますが、では本人が有能な指揮官であるかどうかを客観的に見ているでしょうか?

    現状の兵士は国民です。
    指揮官が駆ければ兵士も駆ける、とまればとまる。あの人のやる通りにしていれば間違いない。
    と思わせているでしょうか?
    多くはその真逆で、指揮官を信用出来ず、自己の判断で行動しているのが現実でしょう。

    リーダーたる者の資質が問われる現在、指揮官の有能さを国民に示して貰いたい。
    上文の指揮官は桐野利秋の事です。
    薩摩藩の戦い時の指揮官で有能だったのです、為に幕軍を蹴散らした訳です。
    コロナを蹴散らす為には特別な能力が必要なのです。

    それが人を引っ張る、ただそれだけでいいのです。
    行けー、下がれーと号令を掛けてさえいればいいのです。
    そのタイミングを直感的に感じ取る事が有能か無能かの境です。

    首相の行動は後手後手と言われている訳ですから、タイミングの悪さが指摘されているのです。
    指揮官としては最悪ですよ。
    兵隊さんが戸惑い混乱状態に陥ります。
    それがこのコロナ戦争で大きな問題を抱えてしまったのです。
    未だに死者が止まりません。

    感染者よりも死者を出さない方策が大事です。
    感染者が多くても死者がでなければ国民兵も安心して戦えます。
    しかし相手の戦力が優っていれば、こちらは死者が出ます。
    戦力を均衡に保てば死者を出さずに済みます。

    トランプの様にある程度の犠牲者はやむを得ないと言う感覚は指揮官の言うべきことでは有りません。
    怪我人が出たら必ず助けると言う精神が必要です。

    感染者は戦場の怪我人なんです。
    中には即死や重症の怪我人も出るでしょうが、最低限に抑えるのも指揮官の役目です。
    首相も外出自粛でしょうから、時間も有るでしょうから本を読むと良いですよ。
    昨日の記事に藤原正彦氏(作家、数学者) のコメントが有りました。
    この時期は読書する事だと。
    | 難しい | 11:22 | - | - | - | - |