RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 遅れを放置即ち後手を踏むNo 3998 | main | 取り違えの多い政策No 4000 >>
議論は尽きず焦点ボヤケNo 3999
0
    金の連休も今日で終わり、いつもなら帰省ラッシュのニュースが流れている筈ですが、今年は様相をガラッと変わってます。
    高速道路も新幹線も飛行場も閑散とした風景が映像に映ります。
    何が起きているのだろうかと思いたくなり様な光景です。

    世界中で様々な行動を取って新型コロナウイルに立ち向かいましたが、中国韓国台湾などが成功したので連休を謳歌してました。
    一方日本も欧米も対応に遅れた為に折角のゴールデンウィークを捨て去りました。

    一年で一番遊べる、お金を使える時期ですから、それを当てにしている人々もいっぱい居るのです。
    しかしそのチャンスは失われて今後の生活さえままならない事になってしまいました。
    旅館業もお土産屋も食堂も小規模の所が集中して災害に出くわした様な感じです。

    いつもなら連休中に儲けたお金を数えてホクホクやまあまあかと胸を撫で下ろしている時です。
    しかし今は数えるお金が全く無いのです、資本主義経済にお金が無いとどうなりましょう?
    ですから、支援をどっかに求める訳です。
    それが国しか無いのです、友人を頼っても、友人だって困っているのです。
    じゃ銀行へと言ってもそう易々とお金を分けて貰えません。

    となれば、コツコツと貯めたお金を使うしか無いのです。
    これは辛い事です、というのも有り余る預金でも有れば別ですが、多少のお金で有れば直ぐに底をつきます。
    その時の怖さ、もうお金が無くなったと思った時に。

    そうした不安が連休の後に来るとは誰が想像していたでしょうか。
    連休こそ一年の正月以上の楽しみだった筈です。
    正月が地獄になったのです。

    そうした現状を見て居る政治家や富裕層はどう感じているのでしょうか?
    テレビでは相変わらず議論の連続です。
    議論して何かが決まり前進した事が有るでしょうか?

    多くは議論倒れです、昔の鍋島藩佐賀県ですが、議論好きでどんな時にも議論の相手をする気風が有ったと言います。
    そのせいか議論は優れていても、実行はままならず、戦う戦士も弱かったそうです。

    今まさに議論だけで対応策などが遅れ遅れになっています。
    議論には目的と結果を求めて置かないと議論だけの議論になってます。
    政府や与党や野党という場面では殆どが時間の無駄遣いです。

    テレビを見ていて最後に今日の討論で何何が進展したので皆さんも考えの参考になりましたか?と言える事が必要です。
    ダラダラと意見を並べてお互いに反論したり、受け入れの気持ちも無いまま過ごす事が緊急事態時に必要でしょうか?

    今必要なのは連休に当てにしてたお金が入らなかった人々にどう支援して上げたら良いのか?議論して実行へ持って行くことです。
    実行は政府即ち行政が行うのですから、議論の結末はちゃんと出して政府に働きかけて実行させる事です。
    全てが実行して結果を出す事です。

    実行には失敗も含まれます。
    失敗を恐れて行動しなければ結果が産まれません。
    議論も結果を産む為のものでなければ鍋島藩です。
    目を覚ましてください政治家殿、今が政治家殿の出番ですよ。
    | 無駄な事 | 11:42 | - | - | - | - |