RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 視点の食い違いNo 3996 | main | 遅れを放置即ち後手を踏むNo 3998 >>
健康な老人達の出番No 3997
0
    春雨じゃ濡れて行こう!ってな粋がる人も居なくなった様です。
    最近の傘は透明ビニールで余計に情緒が無くなってしまいました。
    今はコロナで日本的情緒など問題になりませんか?

    それにしても静かです、新型コロナウイルの猛威を受けているとは感じません。
    しかしウイルスは何処にでも蔓延って居る事は間違い無さそうです。
    もう3密だとか言って居る場合では無く、至る所にウイルスが付着して居る状態です。
    感染者数が掴めて無いですからウイルスを撒き散らして居る事は自明の理です。

    兎も角外出したらビニール手袋をして何処にも触らない事です。
    しかし買い物はどうしても商品を手に入れる訳ですから、その商品にウイルスが付着して居ると思った方が良いです。
    人と人からでは無く、人の吐き出したウイルスがモノに付着していると思った方が正しい気がします。

    ですから、買って来たモノは全て洗い流すか、殺菌剤で拭き取るかせねばなりません。
    大凡数日は生きているので冷蔵庫に入れてもウイルスは存命しています。
    完全にウイルスを無くす事が出来なくても、数を減らせば体内に入るチャンスが少なくなります。

    市井に感染者がたくさん歩いていると思った方が良さそうです。
    免疫検査からの予想数字はPCR検査の何十倍もの感染者を拾ってます。
    ですからウイルスの存在しない場所は既に皆無かも知れません。
    病院の院内感染が市中でも同様に起きているので、院内感染を怖がる以上に市中を怖がる必要が有るのです。

    徹底的な防御意識が今求められています。
    一時的に感染者数が減少しても安心出来ません、自己防衛を緩める事は感染のリスクになります。
    政府が知事がでは無く、自分がを大事にしたいです。

    そうした苦難から徐々に気分的に和らぐ時代が時期が来るはずです。
    しかし世の中はガラリと変わった姿も想定して置きたいです。
    先ずは大規模な不況は覚悟してなければなりませんが、今の段階では想定も甘い判断になります。

    不況が来てみてこれは凄いと驚くのが普通でしょう、しかし驚きだけで済めば良いですが、実際に生死に関わる事に成ればどうなるでしょう。
    一部には戦争と言う言葉も出て来てます。
    メカニズムはよく分かりませんが?

    ですが平和的に不況で有れば人の努力で時間はかかっても回復に至るでしょう。
    その時に必要なのが復興の人材です。
    物作りもその管理も計画も凡ゆる所で人が必要になります。
    そうした時に日本は既に老人社会ですから若者だけではどうしても足りません。
    海外に人を求めてもその国も復興へ注がねばならず、他人事では有りません。
    と言う事は外国人に頼れなくなります。

    そこで日本の行く道は健康な老人を仕事に参加してもらう事です。
    既に年金生活をしていますから、労働賃金は当然安くて良いわけです。
    又老人ですから体力勝負では無く、頭脳面での参加です。
    所謂内職的な仕事です。

    それが今後非常に変わる要素になっているリモートワークです。
    リモートワークはパソコンだけが注目されている様ですが、実は物づくりも出来るのです。

    昔は多くの家庭で内職をしてました、物づくりの材料が家に届けられて一定の期間に作り引き取りに来ました。
    そして手間賃を貰っていたのです。
    今で言うリモートワークです。
    現在マスクの手作りが色んな所で頑張っておりますがそれを組織的に行う事です。
    現在でもマスクの材料と作り方を提示してくれたら老人達が作ってあげますよ。
    ミシンは何処の家庭でも有りますから作業場も食卓で出来ますから。
    今は材料が手に入れる事が出来ないのと、作ってから何処に持っていけば良いのか。
    その辺を企業的に行うのかボランティア的に行うのかは別にして老人パワーを活用する事は可能なんです。

    そしてマスクから他の製品作りへと発展させてもいいのです。
    現在デリバリー関連が急上昇している様ですが、コロナの期間中は弁当だったでしょうが次は家内工業リモートワークに役立つ筈です。
    勿論パソコンの仕事も有るでしょうし、事務的な仕事も家庭で出来ることがたくさん有ると思います。

    但し会社などに行く様なシステムでは無く、打ち合わせが必要な場合はテレビ会議を行い、必要な書類のやり取りはデリバリー関連に依頼すれば良いのです。
    そうすれば老人の安い労働力を利用して中国に負けないコストパホーマンスが出来ると思います。

    中国とのサプライチェーンが分断される可能性が将来あり得ます。
    ですから日本式国内サプライチェーンを作る必要が有るでしょう。
    簡単じゃ無い、変化とは並大抵の事では有りません。
    明治維新だって簡単じゃ無かった。
    しかし現在の日本を作ったのは維新の方々の努力の結果です。
    やれば出来る老人パワーを使えば!
    | 未来の予測 | 11:15 | - | - | - | - |