RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 子供達の才能発見No3995 | main | 健康な老人達の出番No 3997 >>
視点の食い違いNo 3996
0
    薄日が射して涼風の心地良さ、なんとも良い気候です。
    これから気温が上がりそうですが汗ばむ事は無いでしょう。
    熱中症に気をつけてと予報官が言ってましたが先ずは大丈夫です。

    連休で園児達も休みの様です、実に静かです。
    何となく昼寝したくなって来ました。
    昨日瀬戸内寂聴さんの話の記事が有りましたが会う人も叶わずジッと読書をしながら、昼寝しながら過ごして居るとありました。
    98歳になられたんですね、我々もジッと辛坊の時間を過ごさねばなりません。
    英国のジョンソン首相も復帰して来た様ですが死を覚悟したそうですから大変な感染症なんですねえ。

    いつ何処で感染しても、と言う状況に置かれている現状では読書が一番なんでしょうか?
    そうした中で今朝もNHKの日曜討論が行われていました。
    少しだけ断片的に聞きましたが、こんな緊急事態の時に討論している場合かと思ったりしました。

    討論ですから、目的に結論は含まれないわけです。
    お互いに言い合い、主張し合い、視点の違いを認めずに一致団も見出せないのです。
    これが緊急時の対応で良いのですか?と疑問符がつきます。

    現在自粛と言う環境は世界的に言うロックダウンです。
    都市封鎖を強行に行って居るのです。
    こちらに来ないでください!これは自分の都市を封鎖してますよ!と宣言して居る事です。
    しかし政府はロックダウンは決してしませんと再三言ってました。
    しかし実際はロックダウンです。

    何故政府はこうした世界的な行動を取りれないのか?不思議です。
    言葉で誤魔化そうとしても国民には見え見えです。
    新型コロナウイルに立ち向かうには世界中が同じ方向にベクトルを合わせねば成りません。

    日本だけが3密だとかクラスターだとか訳の分からない事をしています。
    最近はをゼロ密とか言って居るそうですが、ますます分かりません?
    視点が狂って居る事を素直に認めないとそろそろ国民は耐え忍ぶ事が出来なくなります。

    戦後の玉音放送で「耐え難きを耐え忍び難きを忍び・・」の言葉を現在国民に強いて居るのです。
    それならそれで、首相が国民に向かってメッセージを送れば良いのです。
    しかし曖昧なメッセージだけですから、視点がボヤケて見えないのです。

    長々と同じ内容でメッセージしても、まだそんな事を言っているのか?と呆れてます。
    政治家は一致団結して与党も野党も一つの視点に立って進める事が緊急事態です。
    例えばPCR検査は医療崩壊するから検査数を制限するのだと言ってました。

    これが大きな視点の狂いです、医療崩壊では無く、国民の崩壊に向かって居るのです。
    医療崩壊を避けて、国民の崩壊はOKでは支離滅裂です。
    全体像を見渡せないのが今の政府です。
    局所的な視点しか見えず、流れが清流なのか濁流なのか、或いは決壊した河川が有るのか等々天空の位置から眺めねば適確な判断は出来ません。
    ドローンに任せるしか無いかもね。

    いずれにしても視点が間違っているのに、討論して自己の主張しか取れない狭い思考は即刻やめる事です。
    なる程そ言う側面から見れば、そうした方策も一理有ります、是非その事についてお互いに詳細を練ってみましょう。
    とか言う言葉がでなければ緊急事態がダラダラと長引き、一方では国民も限界に来ると思った方が良いです。

    それが危機管理ですよ、国民の不満が蔓延したらどう対処するかも今の時点で考えておかねばならないのです。
    日本人は勤勉で従順で反発しないと決めつけてますが、どっこい60年代からの学生運動は収拾がつかないほどの行動でした。
    そうした遺伝子を持っているのが日本人なのです。

    日本の昔は一揆と言う暴動を繰り返し起こしました。
    耐え忍ぶ事にも限界が有るのです。
    多分この閉塞感が1ヶ月続くとしたら、何かが起きる事を想定しておいた方が良いと思います。

    小説から引用します。
    ひとは誰でも、前途にたとえ小さくともあたたかく光るものを見つめていないと、当面の鬱屈に耐えられない。光るものはうまいものを喰うことでも、いい着物を着ることでもいい。

    正にそうだと思います。
    自粛の強化はよりひとの心に楔を突き入れる事になります。
    時にはうまいのもを市民に提供する様な安堵感を与えねばなりません。
    それが10万円でもいいでしょう、素早く出来ればですが?
    | 不幸 | 10:47 | - | - | - | - |