RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 緊張の連続 No 3993 | main | 子供達の才能発見No3995 >>
考える時 No 3994
0
    良い陽気です、こんな日は海をのんびりと望みたい気分です。
    ここから海が見えれば言うこと無しですが地球は丸いので地平線になってしまいます。
    水平線の彼方を見つめていると不思議に壮大な考えが浮かんで来るのです。

    園児達が隠れんぼかな?もういいかい?って掛け声をかけてます。
    そして仲間がもう良いよ!と答えるのです、これが子供の頃は不思議とも思わずに遊んでましたが、実に変ですよね。
    声を出せば自分の居場所がバレてしまうのですから静かに隠れるのが良いじゃない?
    でもそんな矛盾に遊びが有るのでしょうかね。

    昨夜のプライムニュースで刺激を受けて楽しかったですよ。
    この時期に文系の学者さんが登場しての議論です。
    概ねはコロナに関する政治家や医師や専門家と呼ばれる人々が出突っ張りの傾向でした。

    所が学者となると思考が幾分深く追求されています。
    東大の古田准教授などはまだまだ若く、これからの日本をどう舵取りするかに影響を与えそうな感じがしました。
    その方の話で共感と言うか同じじゃない!って勝手に思った事が有りました。

    それは使われている言葉を分かりやすくと言う面です。
    濃厚接触と言う言葉が出た時に、セクシーに関係するのじゃないかと思ったのですが、やはりそう言う印象を持った人が多かったと。
    今ではもうそんな想像は無くなりましたが言葉が出た時には驚きでした。

    社会的距離も不思議な言葉だと思った事も前に書きました、やはり古田准教授もおかしな表現だと言ってました。

    意味不明ですよね、ソーシャルとは社会ですから直訳すればその通りですが、社会的距離のニュアンスをどう捉えるか?
    海外の情報を読んでいる人なら何フィートとかの距離感を認識出来ますが、それもいろいろ違ってましたからマチマチでした。
    初めっから何m離れて下さいよ!と何故言わなかったのか?
    社会的距離等抽象的過ぎますが、これが緊急事態の時に使う言葉でしょうか?

    一方自粛と言う表現のお願いについても学者から見たらとても意味深な事だと言います。
    自粛警察と言う言葉が使われているのかどうか分かりませんが、自分が自粛の警察に縛られている様なものだと。
    即ち、自粛と言う言葉で自由が束縛されているのだと。

    逆説的に言えば、自粛のお願いは権限をお上(政府)から我々個人に委ねられた事だと言います。
    なる程と思いました。
    諸外国は権限を使って強制外出禁止ですから権限はお上に有ります。
    この違いはおとなしい日本人だからこそ事件は起きませんが、凄く怖い事でも有ります。

    と言うのは非常にカリスマ性の高い人が現れたらお上から権限を委託されているんだから自由に勝手に行動して煽動したら、とんでもない事になりそうです。
    それを抑える法律も憲法も無い日本ですから実に怖い日本社会なのです。
    明治維新に江戸幕府から受け継いで政権を作りましたが、その時は法律も憲法も何なかったのです。

    そうした時に大久保利通は中央政権を充実させて中央集権を行った訳です。
    そうして日本を方向付けたと思います。
    しかし戦争の敗戦国になってからの憲法では中央集権的な内容が無くなったのでしょうか?

    今は時間も有る時です、学者のご意見を聞いて考える時かも知れません。
    「権力の終焉」とう本を紹介してました、分厚い本ですが読んでみたいと思いました。
    世の中が変化している事を知る必要性は学者以外でも我々も勉強する事が必要なのでしょうね!

    そうした事を考えて現状を見ると、何処かに欠点や欠陥が見えてきます。
    専門家会議と言う場を考えて見ると非常に危ない事をしてるのだと思います。
    何故か?
    この先の日本の方向を決める大きな要素要因を担っているからです。

    専門家会議のメンバーは必ずしも世間や世界を熟知した人々の集まりでは無い事です。
    どちらかと言えば独自の研究者それも医学的な見地に立った人達です。

    そうした人々が難しい言葉を駆使して我々を惑わせて、この先も先導するとなると危険極まりないです。
    緊急事態宣言の続投する事で感染を終止符させる効果は期待出来ます。
    しかし自粛警察の力で身動き出来ない状態になったら生きる事が難しくなります。

    勿論遊んでいても生きる糧は用意しますから安心しなさいと言う約束が有れば別です。
    一方的な自粛警察でがんじがらめにされて、黙って従うでしょうか?

    国民も居酒屋が可愛そうだから飲みに行ってあげようか、と言う感覚も出てきます。
    だって家賃も払えなくなったら倒産です、たしかに街の小さな焼き鳥屋が倒産したって日本のGDPに影響は出ませんが、そこで生きる糧を得て居る事は事実です。

    麻生などは「切り捨てごめん」的な感覚でしょう。
    もしカリスマの人が現れて富裕者から金を巻き上げる行為に走られたら麻生などは貧困を味わう事になって初めて塗炭を知るでしょう。
    そうはならないと言う保証は有りません、日本にはそうした土壌が有るのですから。

    警察も軍隊もカリスマ男に握られたらどうなるのか、空恐ろしい事です。
    しかしそれが危機意識、危機管理の原点では無いかと思ってます。
    ユーホーが現れているようだと言いますから、これからの世界は宇宙戦になるかもね?

    それはそれでSFの世界で面白いですが、現在は本当に考えて最良策を見つける事です。
    | 意識の変化 | 10:25 | - | - | - | - |