RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< その先に来る状況把握No 3982 | main | 3密の崩壊 No 3984 >>
普通が幸せ No 3983
0
    又寒い雨の月曜日です。
    ここんところ天候が落ち着かず気分も乱れ気味です。
    それにコロナ疲れも手伝って体調管理が普通じゃ無くなりました。

    毎日朝夕の体温チェック及び血圧チェックをしています。
    もしもの事を考えて行動チェックもしています。
    特別な用事も起きて無いので電車やバスに乗ることも有りません。

    しかし何処で感染するか分からないわけですから、油断は禁物です。
    散歩も昨日はいい天気でしたから多くの人が出てました。
    米国ではすれ違う時に人を避けているそうですがそこ迄は出来ません。
    それでも気分は避けたい所です。

    テレビもコロナ番組を見ても参考になりそうな内容が有りませんから長い時間は見ません。
    大凡何処の番組でも同程度ですから、つまらないですよ。
    ですから本を読むことが多くなってます。

    今明治維新頃の江藤新平中心に書かれた本を読んでます。
    そこには維新の複雑さ、見えない将来への礎(いしずえ)を作る行動に、大変だったんだなあと感動さえ思えて来ます。
    そして参議が一体感を持って進んだわけじゃ無く紆余曲折、人の心もいろいろでした。

    そうした維新の時代を経て日本国が新しく生まれたんです。
    それから近代国として日本は国際へ出ていき戦争を重ねて、今日に至ってます。
    維新の当時と現代を比べたて見る事も有りかな、と思い考えて見ました。
    有る面で共通点も有りそうです。
    先が見えないコロナとの戦いと維新の先が見えない人間同士の戦いと、常に人は戦っているんだと思いました。

    そうして苦労をして作った国に我々は安穏と暮らして居たんです。
    平和が普通で有ると思い込んでいたのです。
    しかしいざこうしたコロナ惨事に会うと、異常な状態に陥ったと恐ろしくなり焦りも出て来ます。

    緊急事態宣言などを出して普通じゃ無いですよ!と国民にメッセージを送っています
    しかし多くの国民は平和イコール普通でしたから、緊急事態と言う感覚が持てないのです。
    平和も緊急事態も同程度に捉えている向きが感じられます。

    緊急事態と言う発信を考えねばならないのでしょう。
    普通の状態じゃ無い!この事を強く意識させる事が必要なのです。
    では何処が普通じゃ無いのか?ここんところをです。
    命が危険に晒されている、この事が普通じゃ無いのですから、この点をハッキリと伝える方法が必要です。

    普段は命を狙われる事はない状態ですが、今は新型コロナウイルスに命が狙われているのです。
    ですから緊急事態なのです。と言うメッセージが有れば浸透し易いと思うです。

    しかし今は危険の中で生活しているのです。と強いメッセージが無ければ普通感覚を無くすことが出来ません。
    中小企業の経営者が通勤をさせない様にしないのは、命が狙われている感覚がゼロなんです、普通の時と考えているのです。

    普通の平和状態を意識の上で持ち続けて居るのです。
    人の命まで企業が奪う事は出来ません。
    命を全面に出して行動を変える事を要求しなければ政府の役割は果たせません。
    政府も普通じゃない事をもっともっと感じて貰いたいのです。
    | 待ち遠しい | 11:19 | - | - | - | - |