RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 世界同時コロナテロNo 3980 | main | その先に来る状況把握No 3982 >>
迷いの連続No 3981
0
    春の嵐だそうで、激しい風雨に見舞われて居ます。
    今日いっぱいはこの状態だそうで、外出も抑制されコロナも動きが鈍くなるでしょう。
    嵐が数日続けば感染がストップして収束してくれれば良いですがねえ。
    明日は快晴になるでしょうから出歩く人が増えて感染チャンスも多くなりましょうか?

    中々人の社会は制御が難しいものです。
    全員数日だけでも家に閉じこもって見たら、どんな結果が生まれるか実験してみたら思うのです。
    武漢は2ヶ月もそうした制御を掛けられてのですから自由な国でも数日なら良いじゃ無いかね。

    それにしてもこう言う現実を迎えると恐ろしい感じが強くなって来てます。
    盛んに英国から米国から色んな所から日本もそうなりますよと言われて来てました。
    しかし対応が迅速に進まず、今になって慌てふためいてます。

    どうしても対岸の火と見てしまったのでしょう。
    今はソーシャルデスタンスのテープも床に貼られてますし、レジの所にビニールで遮断してます。
    そうした映像を見ていた時にやって置くべきでしたが遠い国の事と見逃していたんです。

    ドライブスルーの検査方式もそんな事をせねばならないの?って見てましたがそれも取り入れ無ければならない事になりました。
    医療用のマスクも大量に用意するチャンスは有りましたが、今となっては不足状態で危機的です。
    武漢からクルーズ客船へと早々に日本へ新型コロナウイルスの知らせが有ったのですから、早めに準備していればと悔やみます。

    武漢のあの凄まじい状況を見ても、やはり対岸の火だったんです。
    自分に降りかかると言う認識を持てなかったのです。
    しかしクルーズ客船で大きな体験をしてもやはり他人事と見ていた節が有りました。

    当時からテレビ番組を丁寧に見てましたが楽観論が大勢でした。
    悪いよりも良いの方に力点が置かれてました。
    感染しても軽いので心配無い。
    若い人は大丈夫、高血圧や糖尿病などの人が重症する。
    感染力は強いが接触感染だから正しく知って恐る等々、恐怖感を持たせない様にしてました。

    友人との会話でも普通の風邪程度だから心配無いですね!と楽観でした。
    外出も恐る気持ちも無く電車も平気でした。
    それがここに来て急速に恐怖を感じさせるものに変わったのです。

    放送のスタジオの変化はどうでしょう、当初では想像も出来なかったソーシャルデスタンスとか別の場所からの中継とか。
    しかし未だに満員電車の危険性についての認識が甘すぎだ思いますよ。
    西浦教授の切実な発言がきっと訪れると思いますよ。

    80%の数字が出た時点で一斉に厳守しない現状は大変な状況を生むと思います。
    政府を後手後手と非難する市民も実は自分達も後手後手の行動をしているのです。
    行動の変容と言う言葉の通りですが、専門家の言葉選びにも問題が有ります。

    行動を変えて下さいの方が説得力が有り、直接的な行動に移りやすいです。
    海外はステイホームと言う単純な言葉を使ってます。
    これなら子供も老人も分かる事ですが、行動の変容は大凡子供には分かりません。
    老人だって聞いた事が無い言葉です。

    何だろうかと言っている意味が分からないから出歩くのです。
    ここの地区は区内でも老人の多い所で、スーパーの買い物客は老人の多い事、そしてソーシャルデスタンスなども気にかけずに触れ合いながら買い物してます。
    せっかく床に黄色い線引きをしてますが意味が分かって無いのです。

    それは小池知事も3蜜だけしか言わないからソーシャルデスタンスの表示を理解して無いのです。
    レジでも支払いに現金でやっている人が多いですが、お札は細菌ウイルスの巣ですよ!と言わないからカードを使いませんね。

    どれもこれもまだまだ甘い感覚が蔓延って居ます。
    多分この先検査が増えて感染者が急増した時に買い物にも行けない状態になるかも知れません。
    デリバリーでものを持って来てもらう事になったら、その体制が出来ているでしょうか?
    心配です。

    タワマンのエレベーター内に綿棒が用意されている所が出て来たそうです。
    中国では爪楊枝でしたが、そこ迄来たんです。
    確かにタワマンはエレベーターホールは密閉状態で空気の流れが無いですし、エレベーターの中はウイルスの浮遊は当然有るでしょう。
    先日何かのレポートを読見ましたが4m前の人がウイルスを出していたら後ろの人が感染するリスクがあると言うのです。

    兎も角感染力も感染方法も何も分かって無いのが現状ですから注意せねばならないのです。
    変化は現象面だけでは有りません、政府の対策も変化の連続です。
    迷走の変化ですから、効果が薄いのです。

    日本は初動から迷走が続いてます。
    その迷走の中で今後も推移して行くのでしょう。
    長い道のりです。
    | 難問 | 12:33 | - | - | - | - |