RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 収束と拡大の差No 3976 | main | 崩壊の仮説No 3978 >>
陰謀の仮説No 3977
0
    実に空は美しく輝いています。
    雲一つなく広〜い天空が展開してます。
    風はひんやり冷たいのは北風でしょう。
    今日は太陽と北風の戦いになりそうです。

    さてさて新型コロナウイルスの騒ぎは収まらなく、テレビをつければどっかで報道しています。
    それだけで何となく憂鬱になりコロナ疲れに繋がります。
    そんな中で想像を凝らして空想するのも一つの過ごし方かも知れません。

    と言う事で陰謀説を説いてみようかと思いました。
    小説でも書ければ良いのですがその才能が取得出来てないのでランダムに想像してみます。

    先ずは中国発の新型コロナウイルによって世界中の話題をさらいました。
    武漢と言う場所も中国の中心部ですから結構良い舞台です。
    そこで風邪のウイルスが新しく動物から受取りました。

    最初は多分1人で取得したのでしょうがどうも次の感染は人だった様で次々と人への感染が急激に広がりました。
    この辺で既に陰謀が始まったのです。
    これは化学兵器以上の武器になると踏んだのです。
    ですから、ある医者が不明の新ウイルスが出たのではと言っても、その真実を押さえつけました。

    それからの陰謀は凄い内容で進みました。
    先ず武漢を街ごと封鎖しようとしたのです。
    しかし季節が丁度春節に近かった事から武漢から人が外に出ていく事を止めなかったのです。

    それは外部(世界)に感染させる狙いがあったのです。
    そして500万人程外(海外)に出た所で武漢市を街ごと封鎖したのです。
    これで武漢の感染はある程度即ち60%程度迄進めば収束する事を初めっから考えていたのです。

    言ってみれば武漢市民を人質にした訳です。
    その後感染した武漢市民が世界中に移動して行き新型ウイルスを撒き散らしました。
    上手く感染が出来た所から感染者が増えて行きました。
    クルーズ船で大きな感染ルートを作った事を確認して、今度は世界の都市に発生する様にしたのです。

    そしていよいよあちこちで感染者が出始めてこれで良しと言う段階で、パンデミックをWHO に出させたのです。
    これは筋書き通りです。
    その時点になって武漢はピークを越した状態になってます。
    即ち自国は安定方向に向かったのです。

    そしてヨーロッパへと感染者をどんどん移動させたのでイタリアは猛烈な勢いで感染者数が増え死者を作ってしまったのです。

    ヨーロッパに感染者が増えれば当然米国にも世界中に広がることは計算済みです。

    そうする事で何が起きるか、経済の極端な下落です。

    世界中で移動禁止をする羽目になりましたから、経済は完全に封鎖されたのです。
    それを狙った陰謀だったのです。
    死者を出させる陰謀では無く、経済を麻痺させる陰謀だったのです。

    既に欧米だけで無く世界中で経済混乱を起こしています。
    場合によっては大恐慌を想定せねばならないと言う方向に持って行ってます。
    この流れで大体半分の陰謀が成立してます。

    次がこの先の事になる訳です。
    先ず自国は収束させて経済活動を始めさせています。
    生産も順調に進めています、何故なら自国以外は生産麻痺状態ですから作れば売れる事間違いなしです。

    ただここで見せることはある程度の犠牲的支援を繕うことです。
    方法として物質及び人材の支援を見せつけるのです。
    勿論ケンカ相手の米国にも手を差し伸べます。

    そして着々と自国の優位性を浸透させて置き次に何をするかです。
    ワクチンの商品開発です。
    多分自国で極秘に開発を済ませて既に使い始めて居ると考えられます。
    それは武漢以外に感染者が出ない事で証明されそうです。

    いよいよワクチン競争が世界で始まった時期ですが米国が収まった頃を見極めてワクチンが出来上がったと宣伝します。
    これで国益は尋常で無いほど上がりGDP の下落分を取り戻すでしょう。
    その後の治療薬も次々と出す事によって医療薬で膨大な国益をもたらします。
    それが一段落したら、一般の製造業での優位性を発揮します。
    国土は広いし人口も桁外れですから何でもできます。
    自動車だって飛行機だって重機械だって全てトップ企業になれます。

    一方物流も一手に抑えられます。
    各国の飛行機会社は疲弊してますから大きい所を支援して傘下に入れて仕舞えば世界の制空権を握る事になるでしょう。
    工業等を世界で独占すれば原油の消費量が桁外れに多くなり、産油国を牛耳る事が出来ます。

    金融面でも多くの国が経済ダメージを受けてますから、支援の要請が来るでしょうからIMFなどは消滅させるでしょう。
    と言う壮大な陰謀が成立した暁にはどんな世界になるでしょうか?
    簡単です。
    中国が世界の指導者になって居る事です。
    中国の陰謀が成立した事になります。

    武漢コロナから世界を制覇する陰謀が有るとしたら、そんな大それた空想をしてみました。
    戯れとして読んでください。
    コロナ疲れにSFも良いのではないでしょうかねえ。
    | 意外なこと | 10:17 | - | - | - | - |