RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 気づきが遅いNo 3945 | main | 早さが勝負 No 3947 >>
楽を選びすぎたNo 3946
0
    薄曇りで日光が穏やかです。
    桜も徐々に開きそうな蕾も見当たります。
    パッと開く時を見たいのもですがじっくり見た事が有りません。
    来週20日に花見を予定してますが見頃になりそうです。

    日経平均(株価)が大幅に下がってます。
    現在1800安の16731円です。
    株を買った事が有りませんが日々見ています。
    乱高下を見てもどって事は現実には感じませんが今日はちょっと気になります。

    米国でも2353ドル下げたでしょう、これは何を意味して居るのかわかりませんが世界経済に影響する事は間違いないでしょう。
    どんな影響かと具体的に分かりませんが、暫くは不安から来る混乱は覚悟せねばならないと思います。

    問題は物不足によるパニックです。
    今でもトイレットペーパーの不足が続いてます。
    マスクも、昨日近くのスーパーでマスクを販売しましたが数量が少なくあっと言う間に売れた様です。
    トイレットペーパーは毎日入荷して居ると言いますが、入荷して陳列すれば即無くなると言ってました。

    こうした物不足が色んな所に波及するとパニック現象が起きます。
    買いだめもどの程度迄期間を考えて先買いをしていれば良いか悩ましいです。
    しかし今回は相当の長期に渡って物不足になる様な気がしてます。
    毎日少しづつ買いだめしてます。

    品不足の大きな理由は国内生産が減った事だと思います。
    グローバル化によって海外で作った物を輸入して販売する。
    これが今回の様な状況になると輸入もままならず、国内生産にも支障をきたして来てます。

    グローバル化と言う経済分散方式に移行したのが果たして良かったのかどうかです。
    我々が社会に出た時は国内生産に力点を置いて新工場をドンドン建設したのです。
    大手も中小企業も意欲的に工場建設へ投資しました。
    特に中小企業へ国の融資が低金利で行われてましたから、近代化設備だったか資金が流れて来てました。

    それに伴って経済活動も活発になり景気の上昇はうなぎ登りでした。
    しかしいつの間にか国内から海外へ特に中国へ生産拠点を移して行きました。
    グローバル化と言う言葉が盛んに使われて。
    その後は海外で作った製品で日本市場は溢れ出しました。
    made in chinaとかVietnamとかフイリピン、タイ、マレーシアとか様々な製造国名を見ることになって現在に到ります。

    では日本は何をして居るかと言えば特に何もしてませんかね。
    鉄鋼もダメ、造船もダメ、自動車の海外生産、家電もダメ、パソコンもダメ、繊維もダメ等々どんな業種の生産工場が有るんでしょうか。
    我々の時代に投資した工場が全ても抜けの殻になってしまったのでしょうか?

    産業がサービス業に特化してしまったのかもしれません。
    即ち製造と言うハードな事から、サービスと言うソフトへ移行した訳です。
    それと海外からの旅行者を招いて、そこからおこぼれ(インバウンド)を頂いて経済を維持しています。
    即ちハードのキツイ仕事から、ソフトの楽な仕事へシフトしてしまったのです。

    ですから、今回の新型コロナウイルスの発生で経済が混乱してしまえば、食い扶持を無くしてしまうのです。
    楽あれば苦ありの通りになって仕舞いました。
    何とも我々の時代人は現状を見て情け無いし、悔しいです。

    この新型コロナウイルス問題が終わって、経済活動を早く回復するのは中国でしょう。
    それはハードな工場をいっぱい持って居るからです。
    日本はソフト即ちインバウンドに頼って居る限り中々立ち直れないと想像します。

    これは日本だけじゃなく米国もフランスも今問題のイタリアなどなどが大変な状況が続くでしょう。
    是が非でもオリンピックを開催しなければ日本の先に大きな問題が立ちはだかる訳です。
    簡単にオリンピック中止や延期は言えないのです。

    しかしソフト楽を選んだ日本の姿に反省を求めて、次のステップに行かねばなりません。
    苦労してでもハードをもう一度日本へ持って来る事です。
    強い日本をつくる為に??
    | 不幸 | 10:57 | - | - | - | - |