RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 元年も最後の詰め No 3858 | main | 落ち着きが無い No 3860 >>
静寂と喧騒 No 3859
0
    今朝は静寂と言える雰囲気です。
    小鳥たちも巣にこもっているのかどうか全く鳴き声が聞こえて来ません。
    園児たちも雨の為に室内で遊んでいるのかキャーキャー叫び声が有りません。
    そうなると此処はとても静かです。

    車の音も近くに一本の道しか無いので通行する車が少ないのです。
    雨のせいもあってか騒音と感じません。
    となると、静寂とは耳鳴りがする程と表現されたりしますが本当です。
    良いじゃ無いかと思うのですが若干園児の声が懐かしく感じたりしてます。

    一方世間は喧騒騒がしい所ばかりです。
    矢張り電車の騒音は凄いですかね。
    飛行機も相当なものです。

    結局騒音を出すと言う事は便利性を作ったのが原因でしょうかね。
    自動車が無い時代は馬車か荷車人力車ですから騒音らしいものが無かったです。
    騒音と言う現象は殆ど無かったかも。

    現代は騒音の無い場所が無いかもね。
    時代の流れと共に騒音が大きくなって人の気持ちにも落ち着きが無くなったかどうか?
    どうも上っ面の多い事が気がかりです。
    表面だけで勝負をしているような感じを受けます。

    ジックリと内部深く熟慮する様な傾向が無く、何事も短慮的で、表現も感銘するものが無い様に見受けられます。
    ジックリと腰を入れて進んで欲しい何事も。

    静寂の中であればこそ熟成が出来るのかも。
    騒音の無い社会になって欲しいですが、もうここまで人の世は変化させて仕舞った事に一抹の不安を感じる未来です。
    | 期待と不安の混合 | 09:00 | - | - | - | - |