RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 落胆の連続 首里城焼失 No 3813 | main | 格差の是認は人の世 No 3815 >>
中間層の減少か No 3814
0
    多少の雲が出ているせいか涼しいです。
    昨日の様に快晴になれば又夏日になったのでしょうか?
    昨日は暑かったですよ、部屋の中に陽が燦々と入って来て裸で過ごしました。

    11月に入ったんですから天気も落ち着いて欲しいものです。
    ニュースでメコン川の水が少なくなって1km程有った川幅が数十mになっているとか?
    あちらはモンスーンが来ない為も有るとか。
    その分日本に来たのではないかね。
    それにしても1kmの川幅とは凄いです、多摩川もそれだけの川幅だったら安心出来ますがね。

    いつのまにか見られなくなったビトンのバッグ、不思議です。
    我々の若い頃は女性たちのバッグはビトンがほぼ100%近く持ってました。
    財布もそうです、財布は男性も多く持ってました。
    いわゆる中間層の生活を見せたい気分があったのでしょうかね。

    ブランド品を持つ、これが中間層にとって重要な要素だったようです。
    ネクタイはエルメスを高級品として使ってました。
    今は殆ど使いませんが100本程度タンスに入れてます。
    コートはチェックの裏地即ち忘れちゃったでしたよ。思い出したバーバリー。

    ベルトはダンフィル、眼鏡もダンフィル、時計はオメガ、背広は英国生地などなど。
    そうした所に余計なお金を使ったのでした。
    それが普通でしたから当然タンス預金は少なかったですよ。

    しかし現代はすっかり姿を変えてユニクロの安価なもの、100円ショップの客が多いこと、安い牛丼とかに群がる昼食とか。
    どうしたのでしょうかね?

    勿論我々の時代は消費税など有りませんでしたから正札通りで買えたのですがね
    家具類も結構いっぱい買い込んでました。
    どこの家でもセパレートのステレオが狭い部屋で威張ってました。
    兎も角一応高級品を目指して、しかしある程度の所で妥協して、即ち中間層なんです。

    経済成長も凄かったですから社員旅行は海外に行ってました。
    ニューヨークとかフランスまでは行けませんでしたがグアムとか東南アジアとか矢張り中間層身分です。
    それが現代は富裕層と低い層の間、即ち中間層が無くなった様に感じます。

    1億円以上の収入があって自由に使える富裕層は300万人を超えているとか?
    一方年収500万円程度が平均の様ですが、家のローンや子供の養育などで使えるお金が少ないのでしょうか?
    中間層の意識が持てないのでしょう。

    別に中間層の意識が無いからって特別に卑下する人は居ないでしょう。
    周りを見れば皆ユニクロ、100円ショップですからブランド品を持たなくても何ら気にならないのです。
    意識と言うものは恐ろしいものです。

    こうした日本になってしまったのでデフレも当然の結果です。
    日本人がみんなでデフレを脱却させようと言う気持ちが生まれれば、積極的に買い物すればデフレは解消します。
    30年間もデフレ状態が続いている事は精神的に滅入ってしまって居るのです。

    意識改革して日本が昔の様に景気良くするんだと気持ちを切り替えれば、簡単にデフレは消えます。
    皆中間層意識になる事です。
    頑張ればそう言う気分にもなります。
    | 様変わり | 10:01 | - | - | - | - |