RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 次を見据えて No 3810 | main | 金貯める経営者 No 3812 >>
靄から一転晴天 No 3811
0
    素晴らしい青空が出現してます。
    一点の雲も見当たりません。
    これぞ秋空です。

    今朝は靄が発生して一寸先も見えない程でした。
    6時ごろから9時近く迄靄ってましたから長い時間でした。
    しかし靄が切れると一転して晴天が来ます。

    都会では珍しい現象ですが田舎の大河などは毎日靄っているのが見られます。
    水蒸気が小さな水滴になり靄るのでしょう。
    気温が下がった証です。

    こうして日々北の高気圧の影響を受けながら冷え込みを感じるようになります。
    今冬の天候はどうなりましょうか?
    厳冬は勘弁して欲しい所です。

    しかし夏が暑かった分冬は厳しい寒さになりましょうか?
    覚悟せねばなりませんかね。

    日本海側では黄砂が飛んで来るとか、ゴビ砂漠の砂を採集して置くと良いかも。
    福岡に住んでいた頃春に黄砂がやって来ます。
    空が黄色に変わるぐらい多かったですが、砂を取っておけばと今思う次第です。

    良い天気がこれからしばらく続くようです。
    被災地のあと片付け清掃は助かるでしょうね。
    頑張って貰いたい気持ちでいっぱいです。

    長野のリンゴ園が放映されましたが、実りの秋だったのに無残過ぎる姿です。
    再びリンゴ園を復興させる事を諦めた方々も多いと言います。
    頑張れる限度を超えてしまった様です。

    被害額何千億円とかも大事ですが、廃業する事でリンゴ園が無くなってしまう悲しさも忘れてはいけないでしょう。
    日本の農家の在り方を政権は再考する時です。
    昔は農政を政治の中心にしていたのですが、今はちっとも政権は見向きもしていません。

    時代が変化を求めているとしても、根幹の部分は大事にせねば支離滅裂になってしまいます。
    田原総一郎さんも言ってますが片寄の日本政治ですから、民主主義が崩壊していると言っても過言では無いと。

    忖度の政治、官僚たちがこれから何をするのか。
    責任を取らない行政しかしないとすれば滅亡しか無いのです。
    反対運動が起きないのが不思議だと思わない若者は存在価値が無いのです。

    世界中で若者が立ち上がって来ていますが日本は平然と現状を考えません。
    いわゆる平和ボケを通り越して平和馬鹿になったんです。
    我々はそう長い人生の残りは有りませんが、大声を出している園児たちが大人になった時日本が沈没では可哀想です。

    今は自分たちを考えるのでは無く園児たちの大人時代を想定して事に当たらねばなりません。
    緒方さんも亡くなりましたが難民の無くなる日は長い先になるだろうと言ってました。
    そうした長い目で物事を見たり考えたり実行したりするのが有能な人なのでしょう。

    晴天になって後片付けをしながら何をお考えか、政治家はどう思っていますか?
    自分の選挙民に香典を持って行くだけの情報集めですか?
    | 快感 | 09:30 | - | - | - | - |