RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 爪痕の虚しさ No 3795 | main | 影響の大きさ No 3797 >>
災害省を立ち上げて No 3796
0
    薄日が差し込んでいます。
    清々しい微風も有り気持ちの良い朝を迎えています。
    しかし被災地では何処で寝たのか、起きたら泥の中ウンザリしている事でしょう。
    泥も乾燥したらホコリで舞い上がってしまいます。

    とても普通の生活は出来ないでしょう!
    何とか早く整理したいでしょうが、今日から仕事も始まるでしょうから有給休暇を取って頑張るしか無いかもしれません。
    どうにも災害を受けた時の状況はその場でしか分からない事です。

    頑張って欲しいです。
    今年はもうこれ以上痛めつけられないように天に祈るだけです。
    しかし地震国の日本ですからいつ何時震災に会うか分かりません。
    災害大国日本に災害省が無いとは不思議そのものです。

    福島原発の除染物を詰めた袋が大分流されたそうですが野積みされていたのですから当然でしょう。
    除染物は相当の放射線物質が含まれている筈その物質を野積みで良いのかどうか、小泉環境大臣に聞いて見たいものです。

    コメントが出てますか?見当たりませんが?
    兎も角次の土日は無事に過ぎて欲しいです。
    静かな土日が無かったような気がします。

    水はとにかく必要不可欠な物質ですが、必要以上に集合すると今度は被害へまわります。
    実に厄介な物質です。
    大雨に遭いながら水不足に悩むのですから、不思議と言えば不思議です。

    日本は先ず災害省を早急に立ち上げて災害への防衛を行わねば繰り返しの災害を受ける事になります。
    憲法改正を安倍さんはやりたいのなら別途内閣を作ってやればいい、今は災害を中心テーマで国力を集約する時です。
    世界中から災害国を見つめられているのですから。
    | 待ち遠しい | 09:17 | - | - | - | - |