RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 自給率37%ちょっと変だNo 3733 | main | 混沌の原因 力関係 No 3735 >>
答えが無いのじゃなくて作るのだ No 3734
0
    エアコンの効き目が無いじゃ無いと思える程外気の影響が部屋に及んでいます。
    11時ですが36.5度です。
    37度を超えることになるでしょうからこの夏の一番になりそうです。
    でもねえ、食料品を買いに出かけねばならない。辛いです。

    今朝の記事に大前研一氏の話が出てましたけど、リカレント教育と言う事を知らずにいました。
    政府がその言葉を使っているようですが今朝初めてです。
    その政府方針のリカレントがどうやら間違って使っているとか、それはいいですがね。

    リカレント教育の本来の意味は人生で何回も勉強し直す必要がある。との事です。
    生涯勉強と言う事が言われますが、具体的に何をとなると実際には見当たりません。
    それが何故かと考えると簡単に答えが得られました。
    それは大学を出るまでは教育を受ける事で勉強していると思ってました。
    その後社会に出た瞬間勉強らしい事を計画的にやった覚えが有りません。

    適当に色んな雑誌やら経済誌やらを買い求めて見ましたが読む事で知識が増えた訳でも無く身についてません。
    そうして定年まで勉強に無縁の状態が続きました。
    となれば、定年後に何を勉強するかと自分に問いても回答を得ることが出来ない。

    結果「何を」と言う面で躊躇してしまうのです。
    リカレントとは学校を出た後も繰り返し勉強の場を何回も持つと言う事ですから、それを知っていればやったと思うがねえ!
    自分で気づかねばならなかったんですよ。

    人は中々気づく行為に至りません。
    日々を無駄に過ごしている事だけです。
    これからでも遅くはないと心して答えを出して行きたい気持ちになってます。
    しかし習性と言うか今までの加速度と言うか、そこで舵取りを変えるのは相当の抗いが生じます。

    どう考えどう回答するか、これは自分で到達せねばならない事だと大前研一氏が言います。
    先生teacher の存在など必要ない事だとも。
    先生〜先に生まれた人に新しい事を習う事は無理だとも。
    確かに!understand!
    | 正しい事 | 10:49 | - | - | - | - |