RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 一喜一憂が日常的に No 3723 | main | 失敗で後悔するか No 3725 >>
矛盾の連続 格差No 3724
0
    真夏日が続きそうです、この地域は南からの暖まった空気が上空で停滞する場所とかで都内で一番暑い所エリアです。
    昨日も35度を超えてます、今日も同様な数字を記録する事でしょう。
    真夏ですから真夏日も当たり前かも。
    近くの公園では人工の小川に水を流してますから子供達が楽しそうに遊んでいます。
    最近の水鉄砲は立派な作りで凄いですよ、我々は竹で自分で作ったものでした。
    でも噴射距離は竹の方が有った様な気がします、どうかね?
    なんと水の袋を背負っているんです、リュックみたいに、ですから水がドンドン連続で出せる面白いですよ。

    格差と言う言葉は何処でもいつでも聞きます。
    しかしその言葉が何を意味しているかを問いません。
    ただ一人歩きしているのです。
    格差是正など出来るわけが無いからです。

    資本主義と言う社会は自由に儲けても良い事になっています。原理原則です。
    儲けも限度無し、どれだけ儲けても誰も文句は言いません。
    そこで格差が生じるのは当然の当然です。
    その為の資本主義なんですから。

    その原理原則を曲げて格差是正などと言っても矛盾なのです。
    もし格差を無くすならば別の社会を作らねばなりません。
    マルクスがどんな思想を持っていたのか読んだ事がないからわかりませんが、共産主義も失敗社会でしょう。

    中国共産主義が有りますが現実には資本主義的行動ですよね。
    格差がものすごく有るように見えます。

    中国に行った時を思い出します。
    随分古い話ですよ、その時でも格差は凄かったですから共産主義と言う社会も格差是正出来ないのです。
    ではどんな社会が格差の出来ないのか、未だそんな社会を考え出した経済学者か哲学者か分かりませんが出て来ません。

    やはりこの先50年後ぐらいには社会が新しく変化するのかもね。
    資本主義の行くつくところに終点に近づいて来ているのかどうか。
    では具体的に格差をどう捉えるかです。
    日産のゴーン氏の報酬と一般社員の平均給料との差は200倍以上だったそうです。
    それも日産の平均は800万円を超えているんですから一般会社よりも高いという状態でもです。

    この格差が資本主義では当たり前に通用するのです、高給取りが罪にはなりません。
    そんな社会なのですから格差を論じる事自体意味を持ちません。
    精神論だけに終わる、徒労になってしまいます。

    しかしこれが未来の社会にずっと引き繋がるかと思えば、何処かで方向転換の時が来るように感じます。
    それが50年後か100年後か、1000年後か、いずれにしても人類は滅亡する事は無いでしょうからどっかの時点で変わるでしょう。

    ただ格差は人の社会が出来てから今までずっと有った現象ですから、格差を無くす事は矛盾なのでしょう!
    矛盾を矛盾として黙認しているのが人間社会ですかね。
    そこで格差と言う言葉が飛び交い、戯れているのかも?

    蝶々が花から花へ飛び回っている様に人も何かを求めて右往左往するのでしょうかね。
    何かじっとしている事が出来ないのが動物生物なんでしょうから、矛盾で有ろうとなんで有ろうと行動あるのみですか?
    矛盾も良いことかね。
    | 当然の成り行き | 08:24 | - | - | - | - |