RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 二者択一で単純だけど 複雑No 3722 | main | 矛盾の連続 格差No 3724 >>
一喜一憂が日常的に No 3723
0
    そろそろ梅雨明けになりそうです。
    梅雨明け十日と言うそうで、梅雨明け後に猛暑が暫く続く様です。
    予報でも33度が毎日出てますからすこぶる暑い事でしょう。

    今朝も6時半起床で外でストレッチしましたが汗ばんで来て暑いなあと感じる状態でした。
    エアコンも朝からフル回転です、25度設定温度も何処と無くヒンヤリを感じません。
    24度が動き易いです。

    一喜一憂が最近を物語っている様な感じです。
    状況の変化で喜んだり不安になったりする事を言う様です。
    優劣がハッキリと分からないのも不安材料です。

    WTO への提訴がどうなるのか、メディアが専門家を交えて論議するTV番組を見てますが誰もハッキリと結論を出せません。
    一方ホルムズ海峡の自国の船は自国でと言う話もどうなることやら、全く予断を許しません。
    英国のEU 離脱とその後欧州の動きはどうなるのか?

    北朝鮮の核廃絶の進行状況は進んでいるのかどうかも見えません。
    この頃の世界情勢はとても大きなうねりを作り出しているのではと感じます。
    小さな波で有れば航海に支障はないでしょうが、台風時の大波に遭遇したらたちまちにして小舟は崩壊してしまいます。
    日本が小舟か巨大戦艦かは分かりませんが大波に残れるかどうか一喜一憂するしか無いです。

    ニュースを見なければ何も一喜一憂しなくてもいいのですが、地球の隅々まで知らせる現代では一喜一憂の材料が多すぎます。
    個人が心配する問題でも無いのですが気にかかるのです。

    気がかりがある事も刺激材料で良いのかもよ。
    昨日テレビをちょっと見てたら、忘却の彼方にいる痴呆症の人が出てました。
    昔の子供達と夫との生活場面しか無いと言うのです、楽しかった時代しか無いのです。
    一喜一憂などある訳が有りません。
    一喜一憂とは大事な事なんでしょう。
    感じている間は大丈夫じゃなあ。
    | 後の祭り | 09:49 | - | - | - | - |