RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 情の有る風景 No 3710 | main | 勝手さが露見 No3712 >>
意地の張り合い No 3711
0
    雲が多少薄くなって来た模様で明るさが増して来てます。
    間も無く陽射しが見えるかも、午後はちょっと太陽マークがあります。
    園児たちは久々の庭駆けっこで歓声が凄いです。

    意地とは普通はいい事には使わないかもね。
    意地悪とか、意地良いとは言わないですよ。
    意地を張ると言う事は決して解決に繋がりそうも有りません。

    しかし外交の場になるとこの意地は前面に出てくる様に感じます。
    意地と意地がぶつかり合って一向に引く事をしません。
    引けば負けと言うルールが有りますかね?

    押してもダメなら引いてみな、そんな歌が有りましたが良いかも。
    ちょっとだけ後退したかに見せておけば相手は安心して隙を見せる事が有るものです。
    その隙に再度突っ込めばいいのです。

    これは孫子の戦略に有りそうですが兎も角優位な立場だと思っていると逆転もあり得ます。
    油断は禁物ですの格言を忘れてはならないのがこの世です。
    逆転はとても悔しいですし、その後の立ち直りに時間が掛かります。

    日本政府も韓国イジメをしている間は優位な立場でしょうが、一発逆転の気配を感じた時には一歩下がって見るのも良いかも。
    隣国同士が意地を張り合っていれば、漁夫の利を考えている輩もいる事でしょう。

    何が漁夫の利か分かりませんが、その辺の上手いのがロシアじゃないかね。
    経済大国日本も徐々に陰りを感じている人も多いのではと、中国の台頭で狂い始めたのは確かです。
    中国とロシアの二大強国、軍事面では日本など及びじゃないです。

    勿論日本には軍隊がない事になってますが、現実には対中国を睨んでいる事は間違いの無いところです。
    憲法改正で軍隊を持つにしても、即刻中国並みには出来ません、いやこの先何年経っても追いつけないでしょう。

    戦争と言う事から国民の思想が離れてますから軍隊と言うイメージが有りません。
    しかし漁夫の利を得られたら何らかの対抗処置が必要になって来る筈です。
    米軍の支援も限度があるでしょう、何故なら米軍も既に中国軍に追いついて行けない様な状況になりつつあるとか。

    となれば、もう日本の主権を主張する場が無くなるかも、だったら隣国と仲良しにして他国からの侵入を防がねば亡国になってしまいます。
    意地を張るのもそこそこにして両国民が安心してお互いを訪問し合う旅行を楽しむ方がベターです。
    お金を出せと言うなら出してあげればいいんです。

    たかが知れてますよ、一億円にもならないのですから、で一歩譲って、これで終わりにしようや!もう良いじゃないかね!と結んで仕舞えばいいんです。
    意地っ張りはもう良いでしょう!水戸黄門の出番です。
    | 解決策 | 09:32 | - | - | - | - |