RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 小型化 少量化 推進しては No3699 | main | 待つしかない 常の事 No 3701 >>
どうする次の駒 No3700
0
    今日も雨??長い梅雨です。
    そろそろいいでしょう!と水戸のご老公が言い出して欲しいところです。
    助さん角さんの活躍が物を言う水戸黄門ドラマ、しかし天候は助っ人がいません。
    いつになったらいい天気が来るのやら天気予報を見たくもないですよ。

    藤井聡太さんもいよいよタイトル戦に参加して来てます。
    凄いですね、何年も将棋にかけてきた先輩を尻目にドンドン強くなっているのですから。
    能力と言うものは天が与えてくれたのか?

    小学校の部活か地域チームか知りませんがこの子達から凄い選手が生まれるでしょうか?
    やはり天性と言うものを持たねば無理でしょう。
    ただ一生懸命に練習したって一流にはなれない、仮にプロに入団してもグランドに出られないのが普通です。
    グランドでプレーしている人達は天性に恵まれた人達です。

    プロ野球の場合は九人のプレーヤーしか出られません、ベンチに約倍の人が入れますが殆どが活躍の場が有りません。
    そしてマイナーリーグになればお客のいない球場で試合をやってます。
    それも一応はプロの選手です。

    スポーツに憧れて勉強もせずに練習に励む子供達は未来を見ていないのでしょう。

    親たちもヘボ野球チームに子供を参加させて時には試合で応援し、勝ち負けにこだわってます。
    もうそろそろ気づいても良いのではと思うのです。
    チームを作るんなら有能な子供達を集めて天性を持った子供達を選ぶ必要があるでしょう。

    高校野球も大学もプロも出来るだけそうした有能な選手を見つけ出しているのです。
    スポーツを体力向上に利用する目的であればとても美味しい事ですが、試合有りきの勝敗にこだわるスポーツはいらない方がいいでしょう。

    試合はプロのやる事、子供達は野球と言うものがどんなものかを体験するだけでいいでしょう。
    それよりもやはり次の手(駒)は勉学です。
    勉学はやれば必ず自分のものに出来ます、これもある程度までですがね。
    この世を渡る場合は勉学が一番良いのです。
    多くの人たちは夢を持っていると言いますが、スポーツで夢みるのは無駄な事です。

    もっともっと勉強に精を出しておくべき時期が小学生時代です。
    もちろん塾に行く事など以ての外で、自分で学ぶを覚えることです。
    先般も書きましたが野衣博士の言われた、自分で問題を作り自分でその回答を得るために努力すること、これですね。

    柔軟な頭のうちにその訓練をしておけば、どれほどいい人材が生まれるか?
    早く子供達の親は気づくべきでしょう。
    もし子供が気付けばもう言う事は有りません、藤井聡太さんのような人になれると確信します。
    次の手は勉学有るのみです。
    受験勉強じゃなく新たな勉学です。
    | 難しい | 09:04 | - | - | - | - |