RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 本格的 中途半端からの脱出 No3673 | main | 消えてしまった No3675 >>
雨はロマンチックか? No3674
0

    今日も雨の月曜日です。

    決して晴れ間が出る様な雰囲気が有りません。

    一日中傘マークですから諦めるしかないです。

     

    児童たちの運動会も終わったことですから先生たちもホッとしているところでしょう。

    いい時期に運動会をしました、開催日がもし一週間遅れていたら今年の運動会は出来なかったという惨めな結果が生まれたでしょう。

    この時期は天候がきわどいですから、来年からは秋に行えばいいと思うのです、昔は秋の大運動会だったと思いましたがね。

     

    それにしても雨は毛嫌いしています。

    どこにロマンチックな感覚感情が湧きますかね。

    嫌なものは嫌なんですからね。

     

    でもヨーロッパ的音楽にはロマンチックで有る様な雰囲気があります。

    感覚の相違なのか、どこからそうした感情が生まれるのか聞いてみたものです。

    どうしたらロマンチックに思えるのか教えて欲しい処です。

     

    そう言えば先日の笑点の番組を観ていたら、小学4年生からの質問で雨が大嫌い、どうしたら好きになれますか?

    と言うことは日本人は子供でも雨が嫌いなんです。

    ロマンチックに思う気持ちが無いのですよね。

     

    もしロマンチックに思えるならばこの質問は来ないだろうし、番組でも取り上げないでしょう。

    日本の梅雨は独特な気候なんだろうと思います、南地域の雨季とは違ったものでしょうからね。

    その点秋雨はまだ許せるような気持ちです。

     

    いずれにしても、今月末までこのジメジメした気候が続きますから嫌だ嫌だと思っても仕方がない、ロマンチックに思うことに切り替えたい気分です。

    ではその雨に向かってロマンチックに出かけますか、買い物ですがね。

    | 変だなあ | 09:48 | - | - | - | - |