RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 特別な予定無し No3634 | main | 連休なので、ブログも連休っと No3636 >>
待つことの多い事 No3635
0

    連休の2日目、絶好調の天候で行楽地は大変な盛況でしょう。

    野外での遊びはたくさん有って自分が選ぶものは何か迷ってしまいます。

    でも何かしかの選択をして遊ぶわけです、楽しいことも有り苦しい山登りなどもあり、それぞれの個性があります。

     

    連休を待っていた人たちも来てみれば忙しい事で閉口している人もいるでしょう。

    弁当を作る時間がないとか、荷物をリュックに入れたり出したりとか、兎も角出かけるまでは多忙そのものです。

    大いに頑張ってもらいたいものです。

     

    連休を待つ、ともかく待つことの多い事、殆ど未来の事は待つことに尽きます。

    待つの時間で人生が過ぎているのかも知れません。

    幸多かれと、婚礼の時に使われる言葉、未来への待ちです。

     

    多くの幸が訪れる事をじっと待つのではなく、努力して幸を得られる様にするのです。

    では過去の事は待つ事は無いかと言えば、そうでも無いかも知れません。

    発掘などで古い時代を見出せる事は研究の努力の結果で待たねばならない、と言えます。

     

    実に待たないで過ごす事が出来ないのが人間です。

    一般の動物はどうなんでしょうかね、豊作を待っているのかどうか、凶作の時は何を待つのでしょうか。

    サバンナが乾燥し雨を待つ、そう言う意識があるのでしょうかね、ただ自然界の現象に従っているだけで努力などしないでしょう。

     

    やはり待つの意義は何らかの努力が伴う様な気がします。

    人は善悪に関わらず努力と言う事を忘れません、無駄な事だってそれなりに努力しています。

    もし、努力と言う行為を行わなくなったら、多分生きていられないと思います。

    生きている証が努力であり、待つであろうかと信じてます。

    | 平穏 | 08:53 | - | - | - | - |