RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 人生の営み | main | 連休中に平成から令和に No3633 >>
高齢者の安全運転は無理 No3632
0
    穏やかな静かな日になっています。
    やや曇り空ですが気持ちの良い気候です。
    寒く無い!この一言で救われます。

    自動車の運転は実に簡単に考えがちですが、免許を取るまでにどれ程緊張しながら練習したかを思い出すと良いです。
    運転が怖かった事などをすっかり忘れて、エンジンキーを回すともう俺様の車、天下を自由に走れると錯覚しています。
    そして老齢になり運転も慣れが先行して注意散漫の状態で走ってます。

    運動神経だって衰えて場合によっては手に足に震えだって来ているかもしれない状態でも運転してます。
    本人はそうした老化に対して全く気づきません。

    実際に75歳になったのですが年齢が75歳と言う感覚は無いんです。
    老化の恐ろしさは感覚の減退、喪失です。
    知らないうちに事故を起こしてしまった!そんな結果は出てしまう事だって有ります。

    ですから、老人の運転程恐ろしいものは有りません。
    65歳の時に免許の継続をやめました。
    その後何か不便かと言えば全く有りません。

    有れば運転してしまいますが、無ければ絶対にしません。
    この絶対の条件を老人は得ることが大事です。
    危ない!この一言で免許を返納する意思が生まれるかどうかです。
    車は人の命を奪うことが簡単に出来てしまうのです。

    老人が奪った命は昨年400人を超えていると記事に有りました。
    列車事故で多くの140余名の命を奪った14年前の事は大きく報道されますが、老人が関わった命も大事な大事なものです。

    メディアもそろそろ広い目を持って老人から免許を奪う報道をしてはどうですかね?
    政治家に任せていてはいつまでたっても免許を取り上げられません、選挙の投票券に名前を書いて貰えないからです。
    別の面から老化した免許証を廃棄すべき対策が叫ばれてもいいと思います。
    | 意識の変化 | 09:19 | - | - | - | - |