RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< テクニカルサービス | main | 選挙とは 参政権に参加 >>
格差は悪にはならないのか?
0
    天気晴朗春の一番いい時かも知れません。
    こんなにいい陽気が春なんですかね、いい時期に生まれました。
    来週誕生日が来ます。
    ただ生まれたのは戦争末期で本土空襲が行われている最中でした。

    当然ながら都内に住んでいられなくなり疎開しました。
    勿論覚えてませんが埼玉の田舎に避難したそうです。
    上空にB52が都心めがけて飛んでいったと聞きました。
    もし生まれた所に居たら焼夷弾で命が無かったと思います、住んでいた街は全滅だったのですから。

    米軍もこの時期を選んだのは天候が良く街が良く見えたんでしょう、狙いやすかったと言う印象かも。
    ともあれ、何もかも灰になってしまって残るものは瓦礫だけ。
    そこから復興してGDP世界2位まで盛り上げた日本人の力を過大評価しても良いのではと思います。

    しかし安定して来たら、もう努力もせずに中国へ物作りを移転してしまって、自分達はうまい汁だけを望んだんです。
    結果中国にGDP2位の位置を明け渡したのです。
    努力こそが日本人の生命線だったのに、努力を惜しんで頭だけで勝負しようとしたのが後悔せねばならないと思う。

    我々の時代は終身雇用でした、一度就職したら他の企業に移るなど想像外でした。
    それが現代はこの方式を継続出来ないと経団連会長が話したそうです。
    今更こんな話かって思いました、今までも終身雇用など言葉が消えてました。
    リストラはやりたい放題、正社員を減らし非正規雇用を増やす、これが終身雇用からの離脱で無くて、何と言うのでしょうか?

    先日一人当たりのGDPが世界で24位だと言うショッキングな話を聞きました。
    我々の時代は9位ぐらいを維持してたんです。
    結局日本人は働いていないのです、効率よく仕事をして無いのです。
    ですから給料だって上がりませんよ。
    給料が上がらねば買い物もしません、結果GDPが上がるわけが無いんです、GDPの数字は個人消費が大きな半分くらい要因です。
    我々は給料も上がったし買い物も旺盛でした、家の中は家具もそうですがステレオなどは大型スピーカーを用意して交響曲を聴いてました。

    今の家庭はソファーとテレビだけ部屋の中は殺風景です。
    我々は部屋が狭かったにも関わらず物でいっぱいになってました。
    それは終身雇用で給料の差もそれほどでは無く年功で徐々に上がるし、格差はそう有りませんでした。

    所が米国から来た成績にもとずいて給料を決めると言う話が出て来てから、努力もしなくなり格差も出て来たんです。
    一度評価が低いと努力したってさほど違いが生まれないのです、一方評価された側は上昇気流に乗ってこれも努力無しに給料が上がるのです。
    これが現実であり格差で有ることは誰でも知っているのです。

    しかし格差を付ける方向にしようと終身雇用も出来ないと言い出すのです。
    今の財界やら経済人は狂った果実を作ろうとしているんです。
    虚像を追い求めています。
    昨日も友人との話で卒業した会社が調子が良いと言います。
    その理由は工場をドンドン効率よくする為に閉鎖、集約して来たんだそうです。

    ええ、あそこの工場も閉鎖と驚きの声が出て来たのです。
    ですから従業員が4000名もいた企業が1000ちょいで間に合と、これじゃ会社は良いとしてもGDPを上げる個人消費は冷えるのが当たり前です。

    ここに格差が出て来ていることを知らないと経営者は言うでしょうか?
    分かっていてもその方向に進めてしまうのです。
    まるでゴーン式リストラ事業体です。
    格差は当たり前の世の中、30年後はきっと元の終身雇用に戻っていると思いますよ、歴史は繰り返されると言いますから??
    | 不幸 | 09:12 | - | - | - | - |