RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 便利さの追求は続くが?誰の為 | main | 潮の干満 人の日々にも >>
廃棄食品600トン以上 異常です
0
    今日は平成最後の花見日和と言ってますがもう結構ですと言いたい所です。
    葉桜になりつつあり綺麗の状態が過去のものになってます。
    あせた感じです。
    そんな事も有りますがやはり多忙だった人は今日を逃さずに花見に行ってください。

    今朝の記事で食品ロス廃棄される量が600トンを超えているそうです。
    都民が1年間に食べる量以上だと言いますから膨大な数字です。
    何故に廃棄されるのか?
    賞味期限切れ前に陳列棚から取り出して新たな商品を並べる様です。

    確かに賞味期限が本日と言う商品は見当たらないかも知れません。
    新しい商品は奥の方に陳列して古い方から買って下さいと売り手は考えています。
    しかし殆どの人は奥から品物を取り出して買い物かごに入れます。
    その影響が食品ロスに繋がると言う関係になっているのです。

    それじゃ陳列台を小さくして古いのが売れ切ったら新しい商品を並べればいいのですが、そんな事は面倒だし人手も掛かるので出来ないと言う事でしょう。
    何ともロスを考えれば古い方から買いたいですが、奥に日付の新しいものを見るとそちらに手が行ってしまうのです。
    この辺に消費者の心理が働いてロスを出しているのだと思いました。

    我々の子供時代は食物は全て残さず食べました。
    皿に残ったきな粉も舐めて綺麗にしたもんです。
    残すとバチが当たると言われてましたからね。

    それが現代は残すことが当たり前、皿など舐めると気狂いか言われそうです。
    感覚の違いがロスを生む原因でしょう。
    一度でも大災害に遭って見れば分かるものでしょうか?
    食い物の有難さを、ロス程勿体ないものは有りません。

    商品を作る側は丹精込めて美味しいものを何処よりも安く、新鮮な内に食べて貰いたいと言う意識は込められています。
    そうした気持ちがこもった食品を捨てるのですから生産者に泥を塗る様なものです。
    困った事態ですがこうした傾向はこの先も続くでしょう。
    人は我欲で生きています。
    我欲が薄れたらこの世で生きている意味が無いとばかりに、我欲に旺盛です。

    いつまで続くのか分かりませんがきっとロスする事への警鐘が神によって促される時が来るでしょう。
    大飢饉が襲来する事もあるでしょうし、大震災に見舞われる事も有るでしょう。
    今は輸入すれば何でも手に入る時代ですが、もし制裁を受ける様な事に事態が急変したら、北朝鮮の様に兵士がガリガリ状態と同様なことが起きるかも?
    大切にしたい食品、ロスを無くする為にも前の方から買いますと宣言したいです。
    今日もこれから買い出しです、前の方からカゴに入れます。
    | 意外なこと | 09:13 | - | - | - | - |