RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 元号だけの時代 | main | 春爛漫 >>
新元号と年寄りの関係
0
    どうしてこんなに寒いんでしょうか?
    部屋に暖房でも入れたい気分ですが、まさかそこまでやりませんよね!
    だから余計に寒いって感じてしまうのですかね。

    ともあれもう少しの辛抱と言う事でしょう。
    さくらも徐々に花吹雪が舞い落ちて来てこれ又美しいです。
    落ちた地面も一面花びらに覆われてこれも良いもんです。
    ただお掃除をする方には美しいとばかりは映らないでしょう。

    さて新しい元号がもうすぐそこまで来ています。
    新しくなったら何か変化するのでしょうか?
    相変わらずの日々が続くのでしょうけど、テレビなどはお祭り騒ぎ的に見受けられます。

    変わる要素などそれ程考え難いですがどうなりますか?
    老人にとっては元号が何であれ一向に関係ないし不便も有りません。
    ただ地下鉄の吊り広告に老人の無償パスの年号表示が西暦で行われますと出てました。
    確かに今までは平成の元号でしたから、でも平成の表示でもそのまま使えますと注意書きが有りました。
    兎も角変化は無いのです。

    元号のある国はどの位有るんでしょうかね?
    ほとんどは西暦だけじゃ無いかね。
    これ程騒がしくしたのはメディアの影響が有ったからでしょう。
    令和になってから、令和を頻繁に使う事もないでしょうから、それ程大した事じゃ無いのですよ!

    ま、そんな訳で老人も普通のビジネスマンも変化なく今後が過ぎていくのでしょうよ。
    お祭り騒ぎの好きな国民性が出ましたね!
    その一員としての日本人です。
    | 人の社会 | 09:12 | - | - | - | - |