RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< そうだよタバコフィルターを止めれば | main | 世間の動きが読めなくなった >>
老人専用車両の考案
0
    花粉症の薬を昨夜飲まなかったら、ぼーっと感が無いです。
    やはり二日間のぼーっと感は薬が原因かと思います。
    こうした副作用的な内容がある事を分かりやすく大きく書いて欲しいものです。

    これでこの薬は今後飲まないでしょうから2000円が無駄になってしまいました。
    老人の2000円は大きな金額です。
    缶ビール何本買えますか?
    薬屋は宣伝して売れれば良いだけの事、飲む人の側に立っていないのが現実です。

    兎も角、現代の世界は自分勝手、対象の相手を思いやる気持ち余裕が全く有りません。
    昨日も夕方電車に乗ったら案の定優先席は満席です、当然と言う顔で若者が席を確保したままです。
    で、ちょっと応用的に考えたんです。
    通勤の朝ラッシュの時に女性専用車両が有りますね。
    これを発展させて老人専用車両を作ったらどうかと思いました。
    各車両に優先席を用意しても早い者勝ちで優先席の意味合いが有りません。

    老人専用車両を作る理由も十分に有ります、65歳以上の人口が若者を超す様になれば当然とも言えるでしょう。
    先日この地区の人口調査がこの地区の新聞で見ました、何と山(ピーク)は老人の方です65歳から75歳ぐらいが若者30や40代を上回ってます。

    完全に老人社会に入っているのです、老人専用車両の意味が理解されてもいいかと。
    今日はこれを書くつもりじゃ無かったんですが行きがかり上書いてしまいました。
    後日今日書こうとした内容を書きます。
    実態の無い記事の多さ!
    | 解決策 | 09:52 | - | - | - | - |