RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 前から気になっていた二輪車EV | main | 好きこそ物の上手なれ は正しい >>
疲れは精神面からかも 体力は温存
0
    やはり大寒の様相になって来たようです。
    今朝の寒さは吐く息で分かりました、白さが多いのです。
    太陽が昇る前が一番気温が低いのですが、丁度その時間に外でストレッチをしているんです。

    今朝の日の出は6時46分ごろですからそのちょっと前の気温は2度でした。
    今月末頃までこの寒さが続くでしょうかね!
    いや2月も決して油断出来ませんよ、雪も降るのが2月に多いですからね。
    でも着実に春が見えて来ました、まるでマラソンのゲートが見える様な感じでしょうかね?

    そういえばマラソンは大変な体力を消耗する競技でしょう。
    走り終わった時の疲れは並大抵では無いと思います。
    しかしゴールのシーンを見て何処かに疲れ方の違いが見受けられます!

    と言うのは優勝した選手はどのシーンでもまだ元気さが残っている風に見えます。
    余裕があるのです、それは体力の消耗は誰しも同じ程度でしょうが精神面では全く異なること表していそうな気がします。
    勝ったと言う満足感が有れば疲れと言う神経を忘れさせる様にも思えます。

    即ち疲れは体力の消耗からくるのでは無く敗北感から来るのでしょうかね?
    多くのスポーツに共通した見方が出来そうです!
    一般の疲れもそうかも知れません。
    階段を登って疲れたと感じるのはその事に対する満足の仕方によると言えます。
    登ったと言う実感からよく出来たと言う判断をし満足すれば疲れたって感じがしませんよ!
    駅の階段を登る建物の階段を登る神社の石段を登る色んな所でエネルギーの消耗が有りますが、疲れたと思うのは嫌いや登ったからでしょう。
    良くやったと自分を褒めて満足すれば疲れを吹っ飛ばしてくれます。

    結局疲れって精神面の副作用で実際には疲れなんか無いのかもね?
    疲れたと言う言葉を自分の辞書から消せば疲れの無い人になれそうな気がするんです。
    現実面でも例えば階段を登って疲れたからって一時的に身体を休めようとは思わないですね。
    要はエネルギーの消耗とのバランスで減れば補給する、この繰り返しでしか無いのではと思います!

    小椋佳の「疲れを知らない子供の様に・・・」って歌が有りますが子供だけではなく皆んなが疲れを知らないんです。
    自分で疲れを決めつけているだけです!
    と言う事を感じたんで今日から疲れたと言わない事にしたいです。
    でもね人はロボットじゃない弱いものですから疲れたも弱さの表現としては可愛いかなって思うものです。
    人は弱いんです、強がり言っても陰ではメソメソもあり得ます。
    いいかね、そろそろ疲れたからこの辺でやめにします。って表現を!
    | 意外なこと | 09:07 | - | - | - | - |