RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 保育園の園児 活気あふれる | main | 反動 逆襲 常の事 >>
計画と実行 無駄の排除に
0
    東京は晴天が14日も続いているとか?
    確かに乾燥状態を感じます、何処を触ってもピリッと静電気が走り都度ビックリ時には痛いと感じます。
    水と接触した時にも起こります、水に静電気は溜まるとは思えないので自分の手に帯電しているのでしょう。
    嫌な感じです。

    小学校も今日から3学期が始まってます!
    3年生はもうすぐ卒業ですから何となく寂しさもあるでしょうか?
    なにせ6年間も同じ学校に通った訳で長いと思うでしょう。
    思い出もたくさん作ったでしょう、これからは3、3、4年の区切りで進みます!
    友人ともバラバラになる事にもなり変化が激しくなって行きます!

    そうしたものが世間である事を知っていく訳です。
    世間の荒波をどう乗り越えて行くのか?これが人生ってもんです。
    今、一茶(藤沢周平)の本を読んでますがあの有名な俳諧師がどれほど辛い人生だったかを知らされてます!
    江戸時代は芭蕉も蕪村もいっぱい輩出した俳諧の世界ですが必ずしも恵まれた環境では無かった様です!
    世の中は甘くない冷たい世間であるのを子供達は知っているでしょうか?

    順風満帆に何事も出来てしまうと思っている子供達が多いのではと思います!
    そして荒波にぶつかり段々と思い通りに行かない事を感じるのです。
    社会に出てからはもっと暴風雨に晒されることだって起きます!
    孤島に立って救援を待つ事だってあるのです、そう言う話を学校では教えないでしょう。
    進学の試験にはそう言った事は出ませんからね!

    となれば、家庭で教える事かも知れませんが家庭は子供にとっては甘いところ辛い話はないでしょう。
    という事で世間に出て始めて強風が豪雨がある事を知ります。
    そして世間は冷たいなあと思いながら仕事から定年退職で解放されて老後の生活に入ります!

    ここで待っているものは甘い世間でしょうか?
    現役時代に考えなかった孤立的な感覚を持つ様になるのではと思います!
    友人は減り家族も最小単位になり為すべきものもそう多くは有りません。

    考えてみれば、人生の計画と言うテーマで真剣に考えた事が有ったかどうかです!
    世間に流されて、世間に負けたと言う印象が多いように思います!
    今から何処程度の年月を過ごせるかを考えた時に計画は大事だなあとしみじみ思うのです。

    今年後期高齢者の部類に入りました。
    今までと何処が違うのかは分かりませんが一応そう呼ばれる事になるのでしょう。
    そこで正月に思ったのは90歳迄元気に動き回ることが出来るようにする、これが最後の計画にしたいと考えました。
    その90歳から逆算してどんな事をするのが相応しいかを考えています!
    あと15年の事ですからこの程度は計画出来なければ情けないです!
    大きな用紙に計画の立案を書いて実行するのみと行きたい所です。

    しかし計画と実行をちゃんとやって来てない人生でしたから出来るかどうか不安が先行します。
    先ずは計画立案だけでも作って見たいです。
    そう考えたら身体の中から元気が湧いて来たんですよ!
    これは不思議な現象です。
    頑張って行こうと言う気力です。
    一茶も苦労の連続でした、しかし一茶だけじゃなく多くの人は同様の辛さを味わっているのです。
    苦労も人生しかし2万以上の俳句を作った一茶は幸せ者だったと思います。
    | 後の祭り | 09:16 | - | - | - | - |