RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< クリスマスソングゆっくり聴く | main | 風邪気味 寒さに負けたかな >>
老人の意味合い
0
    もうすっかり冬模様になりました。
    朝も夕方も寒さに耐えねばなりません。
    日中は太陽さえ出れば春の陽気ですが北風が吹けば別です!
    それもそうです、クリスマスが近づいているのですから当然でしょう。

    こうした寒さは老人に辛く感じます!
    と言うのが普通でしょう。
    しかし今の老人は何のその寒さに向かって出歩く事、苦にしてません。
    と言うか、老人の定義は年齢でしょうか?
    75歳になれば後期高齢者と言う呼ばれかたをします。

    でもそれがどうした?と言う感じです。
    どうも老人扱いされるのが嫌なのか?それとも老人意識が無いのか持たないのか?兎も角積極的です。
    現実に自分の中で老人意識を自覚も無いし、感情も無いんです。
    と言う事は今までの流れに乗っているのです。

    特別に行動に制限を加えたり、思考を老人風に変えるとか無いのです。
    今まで通りなんですよ。
    ですから老人と言う呼び名も必要無いかなと思ってます。
    何か老人の言葉を使うといい事が有れば別ですが、そんな事は全く有りません。

    老人同士はお互いに何となく意思疎通が出来るように思えるのですが若者というか老人前の人達は老人と競い合う事だって多いです。
    ですから老人もボヤボヤして居れないのです。

    結局老人になっても老人意識を持たない方が過ごしやすいのかも!
    そんなこんなで日々若者とぶつかりながらの買い物も楽しいものです!
    ただ老人のいいところはガツガツしてない事でしょう、優しさを秘めてます!
    年の功なんでしょうかね!
    ま、そんな事でこれから寒さもへいっちゃら買い物に行ってきます!
    老人と言う事が何なのかを考えながら・
    | 難しい | 10:32 | - | - | - | - |