RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 吝(しわ)い : ケチって性癖?? | main | 久しぶり >>
人手不足 何処かに矛盾が?
0
    昨日の大雨から一転青空が広がって来ました!
    昨日は外出時に長くつが必要な程の雨量でした、珍しい現象でした!
    この時期ひと雨ごとに寒くなると言うものですが、今朝は暖かくて季節感を狂わされます。

    何処でも人手不足と言うことだそうですが、外国人の手が必要でその方策も取り沙汰させております!
    しかし我々が社会人になった時は経済成長の上昇機運が激しく燃え上がっていた時期です。
    国内の企業が次々に新工場を作り労働力は不足していた事だと思います!

    それでも人手不足の話題は出ていたでしょうが残業の連続でこなして来たと思うのです。
    実際に我々も早朝から深夜まで仕事をする習慣が有りました!
    会社の就業時間を気にする風潮など無かったですよ!

    土曜日も半どん午前中は仕事でしたが大凡昼に帰る人は何か用事がある人で、普通は夕方まで仕事しました。
    中小企業などは残業代などの請求などしません。
    無報酬で仕事をしたんです、何故ならばそれだけ仕事があったんです。

    即ち現有社員では足りなかったんです。
    しかし人手不足などとわめきもせずに働きました!
    その後景気は急成長して何処もかしこも多忙極まりました!
    給料よりも残業代の方が多かったなど普通になるくらいです。

    管理職になれば残業代の請求は出来ませんから、多くの管理職を作りました、即ち小さな組織を作る訳です。
    そこに管理職を置いて残業代よりはるかに少ない管理職手当を支給するのです。
    経営者の考えることはその当時からエゲツないものでした。
    組合が強かったので一般社員は保護されましたが中間管理職は一番割合わずでした。

    そんなこんなで多忙を乗り越えて日本が繁栄しましたが、その後工場が中国へ移すようになってから空洞化が進みます!
    物造り日本では無くなったので人手不足は解消したと思いましたが、今度は小型の店がドンドン増えて来て何だろうかと思いましたね。
    外食産業とかコンビニとかコーヒー店とか色んな店が乱立して過当競争に入りました。

    そうなると効率良く働く方策が限定されます。
    我々の時代は規模の大小が問われ、大の方が効率良くみな大きくしたものです!
    それが小の方を選択し始めた事から効率が落ちてしまった感があります。
    それと残業と言う概念がスッカリ変わりました。

    仕事は時間外でも平気にやれる環境が無くなったのです。
    時間管理が厳しくなって仕事も中途半端に終了する事が多くなったのかも!

    その現れが一人の仕事量が減った事を意味しているような気がします。
    過去にあれだけ頑張って日本を経済大国にしたのに、今じゃ努力無しに給料をもらえるのです。
    人手不足と言う概念をもう一度考え直して一人の能力をもっともっと使う必要が有ると思います!
    人手不足の表現はどこか変な違和感にかられるのです。
    | 人の社会 | 09:38 | - | - | - | - |