RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 惰性感を思わせる政権 | main | ちょっと多忙な時間も >>
どうして天候が秋空に成らないのか?
0
    今日も曇り空、気分が乗らないです。
    晴天はもう期待出来ないのか?この先の予報でも太陽マークが出て来ません。
    秋といえば天高くが普通の気象ですが一体どうしたんでしょうかね?

    異常な状態だと思うのですが、天気予報を解説する予報官は特別だとは言いません。
    絶対に気象・気候が変わったんですよ!
    これは何らかの重要な問題を提起しているのではとも考えてしまいます。

    異常さが地下のマグマを刺激しているとか?富士山が噴火するとか??
    或いは関東大震災の警告なのか?
    空と地球の関連は無いのかも知れないけど、何処と無く可笑しいです!

    勿論、何かが起きる事を願っているわけじゃ有りませんが気分的にスッキリしないんです。
    でも人はそんな気象などどうでもいいと、気にするほど暇じゃ無いと言うでしょう。
    確かに通勤する時間にあくせくしている時に天候などどうでもいい事です。
    事務所に入れば外を見ている暇も無いし、帰る時に雨が降らなければいいなあ、と言う感覚しか無いでしょう!

    それが普通です、でも暇人の老人は秋は晴天が続く、その事を気にするんです。
    曇りの朝はどうしてって思うのです。
    そして余計な事を考えて危機感を覚えるのです。
    暇という事は思想の発展に繋がると思います!

    頭脳はいつでも働いているのでしょうから、現役を退いたら次に何かを探しているんでしょう!
    検索エンジンをどの方向に向けるか人様々です。
    そんな呑気な生活が老人?の日々です。
    徒然なるままに でしょうかね!
    | 残念 | 09:03 | - | - | - | - |