RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 習慣・ルーチンワークの正確さ | main | 今月末の沖縄、どんな結果が出ますか? >>
国民は保守だろうか?変化も求めている
0
    秋空を期待した日曜日ですが、残念です。
    湿度も高く扇風機を使用中です。
    しかし水道水の水温は下がって来ました、夏の生暖かい時と比較したら10度は違うかも知れません。

    シャワーも少し温水を混合させて使うようになりました。
    気温の低い日はお風呂にしてますが、やはりお風呂はゆったり入れるから良いですね。
    日本の風呂の習慣は気候に合致しているのでしょうか?

    保守的な行動は楽な道です。
    決まった軌道を走らせる電車のようなものです。
    車なら道が無くても自由に走ることが出来ます。
    となると電車は保守、車は革新とでも言えますか?

    それはさておき、日本人は保守的な感覚が圧倒的に多いのでしょうか?
    そうでも無いと思うのですが、現在の政治は圧倒的に保守です。
    選ぶ時に保守しか選択の余地が無いからでしょうか?

    しかし人は現状に満足は出来ない性を持っています。
    現状よりも少しでも変わって欲しい、具体的には自分に利益が付いてくる事です。
    それが現実ですが、保守は変革を阻止するものです!

    自分は変わって欲しいが政治家を選ぶ時には変わらない方を選んでます。
    何処か矛盾してますが、日本人の多くの行動は矛盾と感じてません。
    自民党総裁選45%の党員が変化を望んだ投票でした。

    やはり国民は変わる・変化がどっかに意識してます。
    しかし多数派が正しいと言う概念は日本の風土です。
    45%と言う数字に対して阿呆なのか麻生氏は無関心でした。

    もう今の自民党政権は老衰状態です。
    内閣改造も全く興味が無いです。
    昔はテレビに釘付けで誰が大臣になるのか興味津々でした。
    今回は留任が殆どの要職に、その他のどうでも良さそうな大臣の椅子を応援してくれた派閥に割り当てするのです。

    また、お友達人事もいつもの通り、汚職事件にまでは発展しませんでしたがその後病人になって入院した甘利氏が重要なポストに着くとか。
    若さ溢れる小泉進次郎氏などが副首相クラスに抜擢されれば、喝采を送るのですが、まず無いでしょう。

    保守とは自分を守る事であって、国民を守る事とは次元が違います。
    国民が必要のは選挙の時だけです。
    一票を守るために政治を行っているのです。

    野党も同じようなもんですが、野党は改革と言う武器を持っているのですから、もう少し自由な活動が出来そうな気がします。
    国民も改革を望み、野党も改革を望んでいるのであれば、勝てるはず、しかし敗退ばかり。
    原因を見つけ出さねばなりません。

    相手は保守一本、一方の改革は何本でも出ますから、一本の方が有利です。
    小学生だって分かる計算を政治家は出来ないんです。
    結局政治家はプロなんです、政治をすると言う感覚ではなく、政治の舞台をどう舞うか?だけなんです。
    今の政治家は国民不在もいいところです。
    保守だけなんです。改革を自身は望んでいるくせに!
    | 積極的な行動 | 09:14 | - | - | - | - |