RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 実に疲れました、お手伝い | main | どんな気分で過ごしているのか心境を知りたい有能な官僚に >>
冷え込みの4月まだまだ冬から抜けきらない
0

    肌寒い日が来ます、今朝も14度ですが半袖では寒く感じて長袖に替えました。

    北風の冷たさが残っています。

    春の気分になっているので寒さに敏感になってしまいます。

     

    小学校の校庭に白線を引いている先生がいます。

    今日あたりから運動会の練習をするのでしょうか。

    或いは体力テストをするのでしょうか。

     

    新一年生が入って来たのでどの程度の運動能力が有るかを調べるのかどうか、最近の子供たちの運動能力は優れているような気がします。

    よく走るし、疲れを知らないかのように休まず走っています。

    我々の時代には食料が少なかったためでしょうか、それほどの運動が出来なかったように思えます。

     

    体力の面では格段の差があるんでしょうね。

    上手いものを存分に食べられる現代は何の不満も無いでしょう。

    子供のころは食い物で兄弟がケンカすることは日常でしたから、現代が羨ましいです。

     

    その影響が残っているのかどうか、美味い料理が出るとちょっとでも大きいものをチョイスしてしまいます。

    買い物だってそうです、それほどの違いが無くても、少し大きいかなと思うものを選びます。

    この根性は貧しさの後遺症でしょう。

     

    ここまで恵まれた生活がやってくるとは、子供のころには想像出来ませんでした。

    全てに隔世の感があります。

    食べのも、衣服、交通、通信どれをとっても激変です。

     

    衣服などは「着たっきりスズメ」と言って、年中同じものを着てたんです。

    穴が開けば繕(つくろ)いをして、継ぎ接ぎ(つぎはぎ)を当てて、新たしい服など1年に1回も無かったでしょう。

    服を買う時には必ず大きめのものを買います、身体が成長しますから長く着るためには当然の事です。

     

    現代はほぼ毎年の様に新しい服を用意して貰っているのではと、贅沢ではなく普通になったのでしょう。

    交通も通信も想像を絶する変化です。

    今机の上に一枚の古い写真があります、バス停の前で撮った写真です、近くの人たちが写っています。

     

    懐かしい写真です、この当時のバスは鼻が有ったんです、エンジンは相当に性能が悪かったのでしょう、燃料が十分に燃焼せずにガソリンが交じりの排ガスでした。

    そのガソリンの臭いが結構不思議な感覚でしたから、友達とバスが過ぎた後にその排ガスを吸ってました。

    今考えるとゾッとしますが当時はそんなことを平気でやってました。

     

    通信だって各家に電話があった訳じゃ無く、呼び出しと言って、お隣さんを呼びに行ったのもです。

    たまたま家に有ったのですが、はっきりって利用する機会はほとんど有りません。

    現代はどうでしょうか、電話もそうですがメールも自由に出来ます。

     

    四六時中スマホに夢中になっていて、スマホを手放すことなど考えられない、と言う時代です。

    過去を知らない人々が現代を謳歌しているのですが、これほど便利な世の中になったことに我々時代人は良かったと言う反面何処か寂しさも湧いてきます。

    懐かしい時代を思い起こすのです。

    | 自然・感想 | 08:35 | - | - | - | - |