RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 自然の巨大なエネルギーを感じる噴火、人の活動は些細 | main | 佳境に入って来た嘘の現実、では誰が。 >>
嘘は隠しても暴露されるもの、それが嘘の本質
0

    寒いと思うのはこの時期になれば暖かいの気持ちが強いせいだろうか。

    どうも勝手が違って思い通りでないことへの不満が残ってしまいます。

    もっと着込めばいいのですがどうもそれを許せないのです、なんでしょうかね。

     

    週明け、即ち明日ですが大騒ぎになるのでしょうか。

    公文書の改竄騒ぎです。

    いやはや改ざんでは無く訂正だとする自民党関係者の話にやはりかと思わざるを得ません。

     

    自己・内に対してあくまでも甘くする行動の傾向が日本的です。

    日本は自己を保身する事にかけては最大の努力をする国民性があります。

    自己だけでなく、身内そのものを過保護するのです。

     

    そんなDNAを持った国民ですから嘘は方便、嘘はまかり通るものと勘違いしています。

    嘘は必ずバレることをどんなところでも言われています。

    刑事ものドラマが最たる表現者です、推理小説だって必ず嘘が通らないのです。

     

    しかし嘘をつくことに何ら抵抗なく行使してしまうのが日本人的です。

    日本人だけじゃないかね、世界中でそうした嘘が横行しているのですかね。

    とすればこの世は嘘と正直が混沌としているので、嘘の事実を掴むと大変な業績になってしまいます。

     

    実に馬鹿げたことです、今回の朝日新聞がばらした公文書の偽造問題が一躍高評価されるでしょう。

    ですが、嘘をつくことを認めたことになりやしまいかと、そんな気がします。

    今後嘘をつかせたのは誰なのかに絞られて来るでしょう。

     

    政府内にいるのか、他にボスがいるのか、マフィアがいるのか、全てが解明されることは無いのが又嘘の塊になってしまいます。

    しかし50年後にはすべてが解明しているかも知れません。

    今話題の本、「太平洋戦争の大嘘」を読もうとしています、どんな嘘かを知っておきたいからです。

     

    犬も歩けば棒に当たる、棒から嘘にブツカルに変えた方が良いでしょう。

    この諺を作った人は棒の意味が単に棒では無かったのではと、嘘、虚実、正常の逆な面等を想定したのではと考えてしまいます。

    兎も角、嘘が無いと言う環境はどこに存在するのでしょうか、人の世には皆無でしょうか。

     

    嘘が利益を生む、これが根本的な原理でしょうかね、振り込め詐欺が先日3900万円を奪ったと記事に出てました、嘘が膨大な利益を作ったのです。

    嘘がばれなければ利益はゴッソリ得られますと言うことを誰が教えるのでしょうか。

    教育では嘘を言ってはダメですよとなっています。

     

    そして嘘についてのどんなに悪い事かを教えていると思うのですが、この世から嘘が消えません。

    これを誰が取り上げて、どう解決するのか、これこそが人間のやるべき本質だと思うのです。

    しかし本質に触れる事が恐ろしいのです、もし嘘が付けなくなったらこの世での活動が単純過ぎてしまって動物や植物と同じになってしまう事になるかもしれません。

     

    嘘も方便とはその辺から生まれた言葉でしょう。

    実に複雑な人間社会、嘘がばれて大騒ぎ、これで一件落着なんて金さんがお裁きをする、人間社会の自然現象でしょうか。

     

    | 自然・合致 | 09:58 | - | - | - | - |