RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 狂いが出ている早急に正せねば事故へ邁進 | main | 嘘は隠しても暴露されるもの、それが嘘の本質 >>
自然の巨大なエネルギーを感じる噴火、人の活動は些細
0

    何かどことなく寒いなと感じます。

    気温は低くないんですが薄着しているためかどうか、もうセーターを着る時期じゃないからね。

    下着も春っぽくしているのでその影響もあるかもしれません。

     

    新燃岳の噴火を見ましたよ。

    それが噴火の始まる瞬時からです。

    NHKが中継で新燃岳を映しています(パソコンのNHKニュースの中で)、それでクリックしてしばらく見ていたら何と8時04分に噴煙が上がり始めました。

     

    初めは白い煙が出始めて、その後にグワングワンと言うか中々表現出来ない状況です。

    ゆっくりゆっくりと噴煙が上昇して巨大な雲が出来ました。

    今まで見て来た噴火の映像は溶岩が噴出している早い活動でしたが、今回はゆっくりした動きでした。

     

    噴煙は多分数千メートルまで上昇しかたどうかは素人では判断出来ませんが、今までの報道ではそうした高さで表現されてましたから、多分そうなんでしょう。

    約4分08分に噴煙が収まりました、でも噴煙の行方を見ようとしばらく映像をそのままにしてました。

    映像の手前側に民家が映ってましたから、その辺は相当に噴石やら火山灰で大変だろうなあ、と思いながら見てましたら、何と8:12分に再び噴火しました。

     

    今度は規模が前よりも大きく、モクモクと噴煙が先ほどよりも勢いよく、形も大きく、色も黒っぽく、魔法瓶から悪魔が出て来る様な不思議さを感じました。

    噴煙も凄いし時間も長く11分ほど続きました。

    いやはや自然のエネルギーがこれほど凄いものかと驚嘆しました。

     

    人工的な煙突から出る煙などと比較にならない巨大、いや巨大では表現出来ないくらいです。

    昔、鹿児島・桜島の噴火を何回も見てますが、そんな生易しいものじゃないです。

    相当量の火山灰を噴出したのでしょう、その火山灰が地上に落ちて来て堆積して山が高くなって行くのでしょうが、人家の側に落ちた火山灰はいろんな影響が出る事でしょう。

     

    野菜は殆どだめになるでしょうし、道路に積もれば車がスリップするでしょう、屋根に車に積もったものは何処かに捨てねばならないし、大変な迷惑です。

    土砂災害にも発展すれば自然災害になります。

    兎も角噴火の影響は甚大です。

     

    早く収束して貰いたいと地元の方々は思っている事でしょう、都城から見える山並みですが都城は何回も行ったところで懐かしい思い出があります。

    鹿児島から宮崎に抜ける国道何号線かが走っています、とても自然が美しいところです。

    新燃岳が有ることなど知る由もありません、その当時は静かな山だったと思います。

     

    自然とは恐ろしいの感覚を超えた、超越の世界です。

    思うに、新燃岳にも生物が住んでいたんでしょうが、どうなったでしょうかね、早々と逃げてしまったのでしょうか。

    鳥ならば飛んで離れられますが、リスや野兎などはどうしたんでしょう、イノシシもいたかも、キツネだってどうなったか。

     

    自然界は部分的に巨大なエネルギーを発揮するものです、今後南海トラフが動いた場合には巨大地震が発生します。

    地球はエネルギーの塊なんでしょうかね。

    驚きの姿を見せつけられて、人は恐怖心を持たされます、自然を畏敬せねばなりません。

     

    それに比べたら、人の世は些細な行動しかしていません、エネルギーの欠片も無い程無風です。

    偽装か改ざんかでもめている国会など、自然界の動きから見れば火山灰の一粒にも匹敵しないでしょう。

    しかし人間はどうしてこうも混乱を起こす事が好きなんでしょうか。

     

    人の関係ほど複雑で難解なものは無い様な気がします。

    こうした場合は自殺者が出る事も多々あります、それが当事者で重要な事柄を知っている人がです。

    昔は重要人物を抹消させるべき仕置人を用意してました、今は自殺に追い込む方式になっているんでしょうか。

     

    自殺したA氏は役所に行かずに休職していた様です、病気でも無いのに仕事場に行けなくなったら狂ってしまうでしょう、気持ちが自分を抹消させる方向に傾くのでしょうか。

    仕置人は居ない現代は気持ちを追いつめる作戦なのでしょうか。

     

    実に陰険な・汚い方式です。

    それに比べて財務大臣の老人はどこ吹く風で自殺者にたいするお悔やみの言葉も、辞職した佐川氏の行動も当たり前的な反応しか示さないのです。

    枯れ木のごとく春に新芽を出すエネルギーも持ち合わせていないかに見えます。

     

    それが日本の重要な要職に就く政治家なんです、新陳代謝の悪さが今の政治に見えるのです。

    若い有能な政治家はいっぱいいます、頭脳明晰で世界観を持った人々の活躍の場を老人が与えようとしないのです。

    今度も自ら身を引いて森友学園問題を解決し、本来の国会運営に戻す時に来ています。

     

    このしがらみ政治は武家社会でも横行していました、即ち侍が全てを牛耳っていたわけですから、有能な下級階級の農人などは相手にされませんでした。

    現財務大臣は財閥の子孫でしょうから、武家意識を持っているのじゃないかと思うのです。

    即ち、日本国よりも我が家を大事にする感覚です、武家社会が長すぎた日本の欠点が現代でも浮かび上がってくるのですから、家康を恨むことしかりですか。

    | 自然・驚嘆 | 10:18 | - | - | - | - |