RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 名門故に変わらない、変われない、昔の大大名もそうだった。 | main | 狂いが出ている早急に正せねば事故へ邁進 >>
人は何故嘘を言うのか、言わねばならないのか、身近で考えて見る。
0

    起きた時も今も寒い気温が朝から上がっていないか、逆に下がっている感じがします。

    雨も多少だが降っているようですが今日は一日雨模様です。

    暖かさは何処に吹っ飛んでしまったのか、何とも解せない自然の変化に戸惑ってます。

     

    そう言えば、気象庁からの天気予報ですがもう少し解説が欲しいところです。

    天気図だけの説明だけでなく、どうしてなのかと、先般の北陸方面の大雪は後になってから何々の影響だったと説明してます。

    現状、今の状況を解説出来ないのが残念です、スーパーコンピューターを数十台も使って、衛星も使っても現状の掌握が出来なのです。

     

    自然とは計り知れない深さが有るのでしょう、人の知恵の及ばないものなのかも知れません。

    それはいいとして、人は何故正直になれないんでしょうかね。

    正直者はバカを見る、と言う諺が人の根底に強く根付いているのでしょうか。

     

    しかし日本だけじゃないです、最近刑事コロンボや名探偵ポアロの番組を観ていますが(実は光テレビではこの番組を何回も流しているので同じものを何回でも見てます)海外でも同様に犯罪者が正直さに欠けるのです。

    そうじゃないと、ドラマにならないからも有るでしょうが、現実でも有るのでしょう。

    実に嘘をつくのが平気になっているのを見ているとイライラしますが、ドラマは必ず解決しますから安心して見てます。

     

    実際に嘘かどうかで時間を使う例はいっぱいあります。

    裁判がそうでしょう、嘘が無ければ早々に解決しているはずなのに、嘘の上塗りを弁護士が行う訳ですから、いよいよ時間がかかります。

    時代劇でも遠山の金さん事、北町奉行所の金さんでも現場証拠を持って、言い渡し即ち判決を出す訳ですから、昔から嘘が横行していたんです。

     

    時代がここまで来て技術の発展で生活しやすくなっても嘘、犯罪は依然として増え続けています。

    何故、嘘がそれほど良いものかどうか、と思うのです。

    過去を振り返って考えると嘘が無かったとは決して言いませんが、嘘をつく理由がそれほどの重要性があった訳じゃ無かった気がします。

     

    済んでしまえばあの時嘘は必要なかった、正直に話せば良かった、と言う印象が残ります。

    日常でも嘘は方便的な使い方をすることもありますが、特別な意味合いも無く使うことも有ります。

    しかし国家に関する人が嘘の表現を多用に使ってもらっては困ります。

     

    その為に国会審議が中断しているようでは嘘も大事件になってしまいます。

    財務省の役人が嘘を言っていることは確かなことだと思います。

    一旦嘘をついてしまったら、嘘を訂正することがどんなに勇気が必要かはよく分かりますが、勇断と言う言葉が有るのですからそうやって欲しいと思うのです。

     

    会社の社長さんが多くの記者の前で頭を下げるシーンは一年間に10回以上テレビで見ますが、その光景は嘘に対する反省の結果でありましょう、勇断です。

    勇気を持って判断する、これが出来ないのです、嘘を何とか通せぬものかと、そして関連している人も嘘をばらさないでと願っている輩も必ずいます。

    兎も角、この世は人が生きる場所・環境です、環境汚染は必ずしも物質だけじゃ無く、精神面の汚染も考えねばなりません。

     

    国会の審議を止めているのが財務省の問題なんですから、国民に対しても何らかの意思表示が必要でしょう、国家の重要物件を扱っている役人が国会で嘘をついて平然としている、これが国民からみたらどんな気持ちかを認識すべきです。

    謝罪などで済む問題じゃないかも、財務省の役人全員がクビにしてもいいかも知れない程国民は怒ってます。

     

    と言いたいところですが、実際にはどこの役人も大同小異で嘘の連発です。

    明治政府が出来た時からその体質は変わってないのです。

    明治の初めは汚職など平気のへっちゃらでやってたんですから、どうにも体質改善など夢です。

     

    どんなに技術が進歩し、セキュリティーが厳しきなっても、人の心まで管理することは不可能です。

    心は神のみが知っている、じゃなくて自分が一番知っているのです、知っている事意外の話をするから、嘘が発生するのです。

    知っていることだけ話せば良いのです、文章を作り直した、その事を知っているのですから、正直に言葉に出せばそれで済む訳で、国会の運営が平常に戻るのです。

    簡単な事です、何故出来ないのか有能な役人たちよ。

    | 自然・疑惑 | 09:57 | - | - | - | - |