RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 常識が何処かに移動したか消えた感じがします。 | main | 必要なのですが無駄に見える事も多々 >>
過去の窮乏を知らなくても良いだろうか、上杉景勝時代の米沢藩
0

    北陸北日本の雪はどうなっているでしょうか。

    豪雪に見舞われて大変な生活を強いられているでしょう。

    応援したい気持ちはやまやまですがどうする事も出来ません。

     

    これこそ自然に春を待つしかないかも知れない。

    それに比してここは毎日晴天に子供たちは早くも校庭で野球の練習に余念が有りません。

    雪国の子供たちはどんな遊びをしているのでしょうか、雪合戦も飽きているでしょうからね。

     

    最近藤沢周平の「漆の実のみのる国」を読み始めています、前にも読んでますが内容を覚えてないので新鮮な気持ちで向かってます。

    米沢藩上杉景勝が会津から移封されて来た時からの話です。

    徳川家康に歯向かって代償として減封されました。

     

    会津120万石から米沢30万石に落とされたわけです。

    5千人の人々を連れての移動ですからそれはそれは大変なものです。

    それに米沢は開拓も十分ではなく、人々の暮らしは貧窮そのものだったようです。

     

    上杉と言えば戦国時代謙信が越後で覇を欲しいままにした名門です。

    武田信玄との戦いは有名過ぎるほど、川中島の戦いがそうです。

    毎年春になると戦いを始め農作業が忙しくなると終戦することを繰り返したとか。

     

    それは別として家康から睨まれて貧乏くじを引いてしまった景勝の政治は大変なものだったでしょう。

    しかし所謂大名の上層部数名はなんとか普通の生活が出来たでしょうが残りの5千名はどんな生活か想像を絶する姿を目に浮かべます。

    小説の中でも土間に藁をまいてその上に茣蓙を敷いて居間にしたそうです。

     

    もちろん家は藁ぶき屋根です、修理をする経済的な余裕が無いために雨漏りは絶えず有ったと言うのです。

    これが老中とかの偉い人の生活です。

    では一般の人たちはどうしてたんでしょうか、自作農とかして家族分が生きられる程度の開墾はしたでしょうが家は多分にぼろ屋だろうし、着るものだって何を着ていたのか。

     

    米沢は雪国です、それも豪雪地帯です、雪と寒さで住む快適さなど有りません。

    その時代の人々、日本人の先祖ですよね、どれ程の苦労と言うか生きるか死ぬかの瀬戸際で日々を送っていたんです。

    そこで考えるのは現代の裕福な時代に窮乏していた日本人が存在していたと言う過去を知らないで良いのだろうかと言うことです。

     

    現代人は多くの不満などを抱えてそのはけ口を喫茶店などで大声で話しているのを聞くにつけ、何とまあ平和なことかと思ってしまいます。

    景勝の時代に戻ったら現代は天国以上の竜宮城かも知れません。

    現在が有るのは貧窮しても子孫を残してくれた親が居たからです。

     

    どんなに苦しくても子供をちゃんと生み落とし育て次の時代へとバトンを渡したんです。

    次も次も苦労は絶えません、貧窮は継続されました。

    しかし日本人は人は諦めずに子孫を繋いで来ました。

     

    そうです、そうした過去が日本に会ったことを歴史を教える教科書に書かれているのでしょうか。

    日本は裕福な国など無かったのです、何処へ行っても窮乏の生活が普通だったんです。

    多くの過去の人々は苦しい毎日を送り子孫だけを頼ったのです。

     

    武士の家計簿と言う映画が有りますが何回も見ました、その家計は窮乏でしたが、下級武士の姿の一部が見える様な気がします。

    実際にはもっともっと厳しい状態であったろうと思われますが体裁を考えて(格好を付けて)貧乏たらしく見せていません。

    現実の窮乏を追及して欲しかった、それは別にして兎も角明治がそこまで来ている時代でも武士でも農村でも苦しい生活の連続でした。

     

    現代の人々ほど裕福な生活を送っている時代は無かったんです。

    過去の人即ち先祖の生きていた姿を顧みる機会を持つ事が現代人に必要かと、何故ならば人の生き方を知らないからです。

    人生とは何か、大上段に構える必要は無く、ただ貧乏していた人たちが先祖だったんだと認識するだけで、自然にどう生きればいいのか分かって来るような気がするのです。

     

    よくぞ窮乏に耐えて子孫を残してくれた、と感謝の念でいっぱいです。

    先祖の耐乏に涙がこぼれます。

    | 熟慮 | 09:47 | - | - | - | - |