RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 保身の重みが嘘の元凶 | main | 文章の想像(創造) >>
全体と部分のアンバランス
0
    今日も雨のスタートになりました。
    昼過ぎには雨も止む様ですが濡れた芝生の上にビニールシート敷いての花見は若干辛い所が有ります。
    それでも最後の花見になるでしょうから今から用意している人も多いでしょう?
    桜も咲いて見るとあちらにもこちらにもと発見します。
    どうやらここの公園には千本ぐらい有るかも知れません?

    桜の花にだけ目が行きがちですが、他にもたくさんの花が咲いています。
    菜の花は美しい黄色の花をつけて風になびいています。
    独特の香が周りに芳香して思わず立ち止まります。

    三色スミレは小さいながら精一杯美を表現してます。
    チューリップも堂々と自分が最高とばかり花群の中で威張っています。
    他にもたくさん花を咲かせて見てくれと言わんばかりです。
    ちょっと驚いたのはさつきが咲いているのです。確かにさつきですよ。

    気の早いと言うか狂ったと言うか?まだ出番では無いはず、と思わせます。
    又木々にも葉が出始めイチョウなどはちっちゃなちっちゃな葉が生まれてます。
    それもあっという間に緑の木に変わるんですね。
    公園内の動きが手に取るように四季を気づかせてくれます。
    公園の全体が部分の積み重ねでバランス良く構成されているのです。

    しかし、人の世は全体のバランスがいつも正常とは行きません。
    殆どがバランスを崩した状態になってます。
    人間はバランスを維持する事が下手なのかどうか?
    アンバランスの方が居心地がいいのかと思える事だらけです。

    全体を見る目が無いからかも知れません。
    木を見て森を見ずの例えがある様に、部分の追求は熱心でも、全体が見えてこないのです。
    百条委員会でも追求はしてもそのこと自体がどう言うものかの全体像が分かりません。

    バラバラ状態を上手に組み立てて全体像を作る事が下手です。
    部分は大事なものです。
    しかし部分だけでは物が出来上がりません。
    物作りと言う工程を無視して、部品をいくら磨いてもそれは効果的では無いです。

    全体と言う概念を説明する事で分かりやすい説得になります。
    多くの問題が生まれて原因を探ることは必要ですが、全体を忘れて貰っては困ります。
    どうなるのか百条委員会の結論は都民としては気になるものです。
    汚い部分だけを見ないで、美しい部分もある事を見つけて欲しい気がします。
    | 滑稽 | 08:49 | comments(0) | - | - | - |