RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 人の噂も七十五日、今は早い、数日で消えるかも。 | main | 付加価値の追及、無理が通れば道理が引っ込む。疑惑の根源。 >>
たらい回しの愚挙、今度は新鮮さが欲しい。
0
    完全に外れた天気予報、窓の外の空は一点の雲も有りません。
    微風、それも冷ややかな柔らかい北風、最高の日和です。
    梅雨のジメジメ感が無く、気分がいいです。

    しかし世の中はジメジメした湿地帯に入ったような、政治の世界は青空になれないのでしょうか。
    舛添の後任選びに翻弄されているのが現状です。
    ニューヨークタイムスで「sekoi(せこい)」と言う言葉が紹介されたそうです。

    今度はせこい政治家を選びたくない、しかし立候補する人は党の推薦者ですから、新鮮な人が出るように思えません。
    党内で「おい、お前が行けよ」てな話で、たらい回し的な選び方をされたんでは、選ぶ方が困惑します。
    立候補した人しか投票出来ないんですから、参政権とは言っても、自由さに限りが有ります。

    ともかく、都知事にふさわしい方が立候補してもらいたい、立候補した人みんなが正しく、乱れていない、品行方正を条件に科挙(かきょ、官僚への試験)の試験を合格してから、そういう段取りが有ってもいいかな。
    又、道徳的な教養を持っていることを条件にするとか、どこかにケジメを付けておかねばなりますまい。

    人気や過去の経験やらでは、その方の資質が読めません。
    大統領(都知事)になってしまったら、人が変わる、では困りますから、選ぶ前に、宣誓させるといいかも。
    「私は公私混同を致しません」と都民にちゃんと手形を発行してもらいたい、気分です。

    もう、今度選ばれた人が金で問題を起こしたら、都知事は要りません、一般市民が都の仕事を行いますよ。
    ボランティアでも、なんでも、ともかく老人がいっぱいいますから。
    老人は遊んでいるのですから、都庁の仕事を職員に給料(税金)を払ってまでやることは有りません。

    たかだか住民票を発行するのに職員など必要ない、老人がボランティアで行えるのです。
    税金の何割を職員に払っているのか知りませんが、勿体ないことです。
    又、職員が都民ならば、給料から都民税を取れますが、他の県から来た人ならば、都税が入りません。

    これは都民として納得しかねるものです。
    小さなことで、「せこい」の範囲に入るかもしれませんが、どうしても都民税を少なくしたいものです。
    企業に65歳まで社員に仕事をさせてくださいと願うよりも、60歳になったら年金を上げます、そして暇になった人は都の仕事をしてください。

    区もそうですよ、老人がどんどんボランティアすれば、職員給料の税金を軽減出来ます。
    老人社会と言いながら、老人への思いやりは全くないのが現状です。
    仕事をすれば、身体も、精神的な面も、充実し、老人の健康状態が維持されます。

    65歳以上で介護や寝たっきりの割合は17.9%もいるそうです、ここんところが元気な老人になれば減少していきます。
    80歳までボランティアで働く、その意気込みを老人に与えれば、健康にしておかねばと、若いころから健康づくりをするはずです。
    80歳過ぎたら、今度はご苦労様と、感謝の意味で、老人ホームを無償で提供出来るようにするとか、老後の心配をさせない工夫がいっぱいあります。

    実際、自営業の農家や酪農家、園芸家、商店などなどは80歳だって毎日の仕事をしています、近所の雑貨屋さんのおばあちゃんが店番をしていたんです。
    昨年亡くなりましたが、92歳だったそうです、90歳までは買い物のおつりをちゃんと計算出来てましたよ。
    何歳でも仕事は出来ます、何も給料をもらわなくても、年金があれば生活に困らないとすれば、ボランティアでいいのです。

    変革とは時代の変化に有った方策を取ることです。
    韓ドラの歴史ものを見ていると、如実に感じます。
    変革出来ないのは、「政治家が政治家のための政治」を行っているからです。

    自分たちのご都合主義、即ち、政治資金規正法などざる法を作って、その中で悠々と公私混同しています。
    韓ドラの両班(ヤンバン)政治と同じです、民(ペクソン)のために政(まつりごと)を行う、と言うセリフを裏腹に、両班が肥えるためにどうするか、だけです。
    いろんなことを考えさせる今回の舛添問題、じっくりと考えねばなりませんが、何せ忙しい世の中、反省よりも、次の人は誰、に走っています。

    7月31日投開票が決まった、しかし候補者が誰も決まっていない、これが政治でしょうかね。
    良い政治家など出て来る予感がしません。
    今日の天気予報が外れたように、いい天気・青空が現れたら、嬉しい喜びも有りますが、期待したいですがね・・・。
    | 期待と不安の混合 | 08:56 | comments(0) | - | - | - |