RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 未来を見据えて前進する、評論は簡単ですが、実際は見えないこと多々。 | main | やはり裏話が有ったか、熊本地震の大震災にしない理由。 >>
真心(まごころ)の無い不誠実さが目に余る。
0
    曇っていてももう寒さが感じられません。
    すっかり寒さを忘れてしまいました、気候の変化を、四季を実感出来ます。
    木々の葉っぱは成長が早いですね、もう枯れ枝が見えないほどいっぱい着けています。

    雀たちも元気です、「雀の涙」って本当に有るんでしょうかね、見てみたいものです。
    韓ドラは涙のシーンが多くて、嫌になります、雀の涙程度にしてくれればいいものを、涙シーンが長いんです、友人の韓国人に聞いたら、韓国ではそのシーンが来ると、みんなでもらい泣きするそうです。
    日本人ももらい泣きは有りますが、やたらにしませんよ、韓国は泣き上戸(じょうご)なんですかね。

    ともあれ、人の行為に感動、動かされやすいのが人と言うものでしょう。
    感情の動物なんですから、泣きもし、笑いもし、怒り、悲しむ、憤(いきどう)るし、憎む。
    その根本(本音)は真心が有るからだと思うのです。

    真面目に、真摯に相手を思い、敬い、誠意を示す、その時に感情が移行し、感動するのでしょう。
    しかし、逆の行為をしたら、どうなるでしょうか。
    真心を無くしたら、その相手は人ではなく、無機物的な単なる「もの」を相手にしているのではと、そう感じます。

    人と人、絆を強く、と言いますが、そこには真心が存在しない限り、空論になってしまいます。
    何故不正が起きるのか、何故長い間25年も不正が続けられるのか、その根本は真心の欠如だと、言い切れます。
    「国の規定」と「違った方法」で新車検査証を国交省に提出していた三菱自動車、人の集団が作った車でしょうか。

    車(モノづくり)には人の感情を少しでも移っているののです、丁寧に作り上げらるモノ、真心がこもったモノ、磨きあげられたモノ、等々心が表現されています。
    しかし、不正の中には悪魔が存在しています。
    その悪魔を感じない、開発者か、経営者か、社員か、全員が悪魔軍団の一員になっていたのでしょうか。

    一人でも真心を持っていて、誠実な意識を持っていれば、内部から不正の情報が漏れたはずですが、一人もいなかったと推察されます。
    みんなで不正を正常と思っていたのでしょうか、岩崎弥太郎がそうのような会社を作ったのでしょうか、岩崎弥太郎のDNAなのでしょうか。
    明治維新から脈々と続いている三菱のいろんな事業、弥太郎が不正をしながら築き上げたとは到底思えません。

    やはり、どこかで真心を喪失してしまった時代が有ったのでしょう。
    時代は変化するもの、しかし根幹の真心は変化しようが有りません。
    パナマ文書、これも内容を把握できませんが、どうやら真心の無い人々の行為ではないかと、そう疑いたくなります。

    日本関連で270件も書かれて有るそうです、有名な会社も個人も入っているそうです、そろってコメントは租税回避ではないと言っているようです。
    「こと」がバレなければ、いつまでも内緒にできたはず、うまい汁を吸えたのに、残念と思っている輩がいれば、それは真心の喪失です。
    不正な政治資金だって、もし真心が有れば、事務所で現金50万円を内ポケットに入れることは無いでしょう。

    一体真心とは何でしょうかね、人の優(やさ)しさに表現されているように思います。
    優しさ、即ちその人の優(すぐ)れた部分じゃないかと、真心はその人の一番いいところです。
    いい人に接したと思ったとき、それは優しい人だったと気づきます。

    全ての人は真心を備え持っています、それをたくさん使うかどうかで、この世が変わるのです。
    いっぱい使いましょう、自分の持っている「真心」を。
    | 驚き | 10:08 | comments(0) | - | - | - |