RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 大自然の感激を味わいました。 | main | 今年も残り半分、分岐点です。 >>
先行き不透明、この世の定めでしょうか。
0
    梅雨の中休みでしょうか、いい天気です。
    とは言っても、今年の梅雨は休みばっかり、まるで連休中です。
    この先どんな天候が待っているのか、読めませんが、しかし必ずやってくるその日が有ります。

    そう先が見えないのがこの世のものです。
    ギリシアがこれからどのように変化していくのか、心配の向きも有るでしょう。
    特に株やFXで金を稼ごうとする人々には不安の闇の中かも知れません。

    ギリシアと言えば、文明の発祥地で有ろうかと、文明とは人の生活にとって高度化する要因ではないかと。
    そうした地域・国が現在窮地に立たされています。
    何を意味しているのか、不吉な感じがするんです。

    急にチャールズ・ダーウインの進化論を思い出したんです。
    何故か分かりません、それで進化論を読みたくなって、教科書でも買ってこようかと思っています。
    ギリシアから出発した人間社会、この先の人の社会が変化して行き、こうしたギリシア風に風化してしまうのではなかと。

    一抹の不安を覚えるのです。
    繁栄がどこまで続くのか、その質問に答えるのがこのギリシアの現象ではないかと、そうも思えてくるのです。
    もちろん、進化とは飛躍的に進まないようですが、来世紀100年後人間社会が混迷の状況にならなければいいのですが。

    確かに、古い時代、即ち今までの過去は進歩する時間経過は現代と比べたら、非常に遅かったと思います。
    のんびりと進歩していましたが、現代に至っては異常さを感じざるを得ません。
    ギリシアもそうした進捗速度に対応できなかったのでしょうが、高速で走っている米国や日本や中国は異常な速度ではないかと、そんな気がします。

    そんなに急いで、何処に行くの、と問われても、答えは返って来ないでしょう。
    行く先が見えないのですから、一寸先は闇、このことですよ。
    今朝はいきなり株価が下落して始まったようです。

    不安が不安を呼び、気になっている方々は多いでしょう。
    先行きが見えない、不透明、これがこの世の習いですから、致し方が有りませんよ。
    | 期待と不安の混合 | 09:36 | comments(0) | - | - | - |